running

2021年3月31日 (水)

筋トレは効果あったかも

先週末、無事「小江戸大江戸200k」が終了しました。去年も今年も開催できた大会なんて奇跡に近い・・・。

これもひとえに主催者側の努力と綿密な計画と賛同して昼夜問わずサポートしてくださったスタッフのおかげ。それに尽きると思います。

参加した私たちも今までとは違うと受け止めて、最大限感染防止に気を付けつつ走ってきました。

そう、これがしばらくは日常。主催してくださったトレニックワールドの皆様に深く感謝!

 

 

ところで前回の記事で筋トレはこの手の大会でも効果あるだろうか?と書きましたが、一定の効果はあったようです。

なにしろ今まで参加した超ウルトラの大会の前とは大きく違う環境でした。週末にどかんと走る、試走で超長距離を走る、ゆっくりでも距離を踏む、が今までの練習でした(練習と言えるのかなあ・・・)。それが正反対とまでは言わなくても距離踏まない練習ばかりでどうかなあと思いましたが。

 

 

結論から言うとタイムとかそういうのは関係なく「そんなに変わらなかった」が正直な感想です。

脚は思ったより持って想定内の疲労だったし、ゴール後3日たった今の脚の状況見ても大きなダメ-ジはなく若干むくみはあるかな程度。

足の裏が柔らかくなったのと関係あるかはわかりませんが、足裏、肉刺などの皮膚トラブルはゼロ。以前は肉刺でリタイアしたことがあるくらいなので、これはびっくりです。よくあるクリームも塗らずテーピングもゼロです。

ソックスもシューズも変えていないのでここは明らかに違いました。

 

 

 

最近よく考えるのはそこそこの負担をかけて長年走ってきたランナーは、全員とは言わなくてもそれなりのけがや故障をしてきているということ。

ケアやリカバリーももちろん大事だけれど、そもそも定番だと思っていた練習方法を考え直すのもありなのかなと思っています。

まあ今回の大会はある意味ひとつの実験ではあったけれど、このアプローチも悪くないなと感じたところです。

 

 

肝心のレースレポートは次回からにしますね。

 

 

 

A9eadb5ab531468cb5e5779297dbb3d8

| | コメント (0)

2021年3月22日 (月)

筋トレは効果ありか?

先月書いた記事に「小江戸大江戸延期」とありますが、どうやら今週末無事開催されそうです。

 

その間あまりにも話題がなくてここもSNSも投稿ネタがなく・・(笑)

すごい山にも登ってないしもちろんレースはないし絶景ランもグルメランもせず。

平日は相変わらず近所をちょろちょろ走り(でも毎日じゃないし・・・)最近はずっと多摩湖・狭山湖がお気に入りで週末は意味なくそのあたりを走っていたり。あ、青梅に卵を買いに2回ほど走っていきました(笑)でもあまりに地味すぎて話題にすることもなかったしなあ・・。

週末は去年11月以来のロングレースなのでまた睡魔との闘いかな・・最近は徹夜というか夜ラン自体レースでしかやらないので、暗い中走ることが久しぶりかな。すっかり夜はしっかり睡眠という人になりました・・。

 

 

で、今日のネタはまだ走ってない小江戸大江戸のことじゃなくて「筋トレ」のこと。

もう何年も前からやってはいるものの、あくまでもランが主体だったので大会前後は休んでいたり、フルシーズンはポイント練習前も休んでいたり。正直真面目にやっていたとはとても言えない感じでした。それでも運動経験がない私にはそれなりに筋肉もついてランに役立ってよかったのですが。

 

 

あまりにも大会ないしたいして走らないし、というわけで毎週きっちり加圧トレーニングで筋トレをするようになったのが3か月以上前のことかな。へたれなので、トレーニング終了の夜から2日間はずっと筋肉痛が続くんですよね・・・(涙)でも速く走るわけじゃないからと筋肉痛と戦いながら週末もなんとか走ってました。正直きつかったです。下半身だけでなく上半身も筋肉痛、腕を振るのも痛くてドMか!と自分に突っ込みいれたくなるほど(笑)

 

 

ところがだんだん慣れてきたのか筋肉痛でも走れるようになり(笑)あと心なしか登りを走るのが楽になってきたのです。気のせいかもしれないけど(笑)しかもさらに気のせいかもしれないけどトレーニングがめっきり楽しくなって、走る時間削ってもトレーニングに行ったりして。

 

 

あとこれも不思議なんだけど足の裏が柔らかくきれいになってきたこと。稲垣すーさんのコンディショニングで足をよく触るようになったときに足裏がかなり変わってきたのに気づいたのです。これもたぶんだけど指を使えるようになってきたからかもしれないです。足指が使えないと母指球あたりに圧力がかかるから硬くなりがちなんですよね。まあこれも普段のジョグ程度じゃ本当にそうなのかわからないんですけどね。

 

 

なので今度の小江戸大江戸ではレースそのものより、自分の脚の動きや足裏などに注目しつつ走ってみようと思います。疲労は・・・200km以上走って疲れないことはないから絶対たまると思うけど(笑)。これで筋トレ効果が感じられたらもっと走るの減らしてこっちにシフトしようかと思います。さてどうでしょうね・・・。

 

351c67d0539f40f188ba7ea8b52f7bf8

| | コメント (0)

2020年12月16日 (水)

VO2MAX

VO2MAX(最大酸素摂取量)って聞いたことがあると思いますが、だいたい年間でフルの練習をしている時期は高くなります。まあゼーハー追い込む練習をすると上がるので、ウルトラの走りよりはフルの走りが効果があるんですよね。


夏の間は朝ランも走り切るのがやっとでスピードは全然でしたが、寒くなってくると自然と速くなっていきます。と同時にこの数値も上がるのですが。でもでも去年よりやや低いんですよね。追い込む練習が少ないから当たり前ですが。



おまけに今朝も途中キロ430切って走ってるのに心拍数が思ったように上がってない。楽なわけでもないんですけど、ゾーンでいうとゾーン4がない!うーん、これじゃあVO2MAX上がらないなあ〜。



今あげる必要あるの?と聞かれれば、フルの予定もないのにとも思うけど、気温が低い時期だからこそできるトレーニングしないと何もしなければ機能が落ちていく一方ですからね😅



しかしこの酸素を取り込んで身体じゅうの血管に巡らせていくランニング。これ、マスクしてたら全くできません。なので私は人に会わない場所時間帯を選んで思い切り走るようにしてます。練習会にマスクして参加とか、とてもじゃないけど考えられません。でもとある大会の案内に「走行中もマスク着用のこと」とあって、考えてしまいました。

ここまでして走るべきなのか。しなくても走れる環境はある。酸素をなかなか取り込めない状況で走るってすごく体に悪い気がするんですけど。



ゼーハー練習しながら大会をどうしようか迷う日々です。


2b44bd40a3d3426daca41ec6ad3c069d

| | コメント (0)

2020年12月15日 (火)

ポツポツと

すっかりご無沙汰になってしまったこのブログ。大会のことばかり書くようになったら、大会なくなった途端に書くことがなくなり😅

SNSではまとまったことも書けないし、そもそも友達ってラン関係の人ばかりじゃないし。そんなわけでこちらもポツポツと再開することにしました、


遡って友達企画のこと書いてもいいけどもう1ヶ月も前のことで新鮮さがないし、もう少し違う視線で書いてみようかと思います。


いつもの年なら今はフルに向けて必死に練習している頃。1年のうちこの1ヶ月半だけは真面目に練習しているのですが。今シーズンはフルはなし。


しかし悲しいかな、寒くなったこともあり身体はついついフルっぽい練習になってしまいます。走っていてもビルドアップしてしまったり(笑)寒いしすぐ暗くなるので長く走りたくないし。週末も大してロング走ってないし、でも今フルの練習はいらなんだけどな〜😅


でもたまたま先日のランスマを見ていて、心拍数上げて心肺機能アップさせる走りをしても無駄じゃないかもと思い。だって暑い時期にはこんな練習できないですもん。そんなわけで平日は調子がいい時だけゼーハー走ることにしました。結構楽しいかも😆


36018eb92cc54078a5c84b9cb24bd675

| | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

今後のマラソン大会って

ようやく猛暑が去り走りやすくなってきました。このまますんなり涼しくなるとは思えませんが、もう34℃とか35℃とかはないだろうな(笑)

子供のころの東京の夏はこんなに暑くなかった・・・なにしろクーラーなんてなかったし必要なかった。気づいたら毎年夏はこんな気温が当たり前になってしまって、この先本当にどうなるんだろう・・。

 

 

相変わらずほぼ在宅勤務のため、自宅で冷房なしで過ごしていましたが午後になるとあまりの暑さにぼーっとしてくることも。でも例年の外で汗だく、中で冷房で冷えるの無限ループがなかったからか体調はいいです。汗冷えがやっぱり一番身体に堪えますね。

 

 

ところで年内の大会は一部を除いて中止または延期またはオンライン(笑)になり、来年の大会の様子もぼちぼち見えてきました。

早々に中止宣言するものもあるし、大幅に規模や内容を変更して開催に向けてスタートしているものも。

その中で予想していたけれどショックだったのが今年12月開催予定の「福岡国際マラソン」。男子のみのびわ湖に次ぐエリートレース。

その参加基準が

・フル:2時間25分以内(上位80名)

・ハーフ:1時間4分以内(上位10名)

というびっくりもの!!!今までのびわ湖より厳しい・・・しかも招待選手覗いてマックス90名を上からタイム順って、基準タイムをクリアしていても出場できるとは限らない・・。同じ12月の防府が厳しくなっていたのでまあ絞るとは思っていましたが、国際レースだけあってもちろん地元枠なんてものもなし。

大阪国際女子はどうなるんでしょうね・・。一気にサブスリーとか??すでに名古屋ウィメンズのエリートやなくなってしまったさいたま国際の女子エリート基準がサブスリーだったからありえなくもないか。

 

 

 

私が毎年唯一出ているフル、別府大分毎日マラソンは今月中に要綱を出すということですが、福岡国際と防府の中間あたりか・・・カテゴリー1(フル2時間30分以内)と招待選手とかになるのかなあ。国際じゃないから地元枠もあるのか。まあいずれにしても私はお呼びでないということですね。

一般ランナー向けのマイカップ持参の湘南国際や定員半分にしてエントリーフィーが破格の26000円(手数料別途1200円)になった名古屋ウィメンズも前向き開催予定らしいですが、どちらもご縁はないので(笑)もしかしたらもう私のフル人生は終了かもしれないですね・・。チーン。

 

 

 

この先の大都市マラソンも同じような傾向になるのかも・・・人数を減らせば当然収入は減るしそれより大きいのがスポンサーが降りて協賛金がなくなること。実際名古屋ウィメンズは第1回からのメインスポンサー、メナードの名前がなくなってました!あれは大きいだろうなあ・・。企業によってはスポンサーする余裕などないでしょうし、結構大きな問題のような気がします。

 

 

 

あんなに町おこしだ観光客誘致だと次々生まれたマラソン大会も知らないうちに消えていくでしょうね・・・でもランナーの間ではそういうものに頼らない独自の大会も生まれているし、おもしろいレースもひそかに開催されているんですよね。

私も小規模な大会やほぼ仲間内のランイベントで今までの大会と変わらない楽しさを味わっています。公道使ったタイムを競うものは難しくても、そうではない、むしろそれを超えたものはアイディア次第でいくらでもできるんです。

モチベーションをなくすのも、違う楽しみを見つけるのもその人次第。ランだけに限らずいろいろなことに当てはまる気がします。

 

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

知る人ぞ知る奥武蔵

戸田・彩湖ウルトラから1週間後、SAJ舘山代表企画の女子オンリー奥武蔵トレイルに行ってきました。

参加していたのは女性ばかり20数名。遠くは新潟から来た人も!もちろん大会でもなんでもなく、知る人ぞ知る奥武蔵の隠れたトレイルをのんびり行きましょうというもの。そしてよく大会のエイドでふるまわれる「まことちゃんカレー」をラン後にごちそうに♪こちらは前日からスタッフ含め3名の方が仕込んでくれていました。泊まり込んでまでありがとうございます!

 

 

SAJの事務所は埼玉県は毛呂山町にあります。JR毛呂駅から歩くこと30分弱、途中あのオクムのコースを歩いていることに気づき。

そうか、あのゴルフ場の登りの手前左折せずに直進したら事務所だったんだ。

それにしても朝だというのに駅から歩いただけで汗だく・・・先週より暑い気がするなあ・・・。

 

 

舘山さんに先導してもらって進むコースは人もほとんどいない静かなトレイル。地元の人が水を汲みにわざわざくるという水場とか、滝も大小ふくめて3つ巡り全身ドボンに滝に打たれて生き返ったり。舘山さんは国内外の山を踏破しているだけあって、山の知識がすごく時折地形などの説明が入ります。私もいろんな話をさせていただきました。普段大会だとゆっくり話せないことも山の中だと話せるものですね。あ、話せるくらいの強度だったということですけど(笑)

 

 

 

静かなトレイルでそう荒れてもなかったけれど、やっぱりここを大勢で長時間通ったら荒れるのかも・・と思うことはありました。

地盤とか地質とかでも違うんでしょうが、やはり例年起こる大雨に台風、長雨や高温の影響は大きいらしく、いつまでこの状態が保てるのだろうか・・・そんなことを思いつつなるべく地面は優しく踏みたいと思ったり。

先日石川弘樹さんが「山は人が入らなくても荒れるし入りすぎても荒れる」みたいなことを投稿しつつ、日々山の整備をしている様子を上げていましたが、この自粛期間で山はどっちに向かっているのか。でもこの先もう大勢の人で踏み荒らしてしまうのはどうなんだろうか・・・そんなことを思いつつ、走ったり歩いたり。でも気持ちいいけどもう走らなくてもいいかな。

 

 

 

途中寄った鎌北湖は工事中で水を全部抜いて来年の1月まで全く違う姿をさらしていたり、グリーンラインはやっと路面工事がぼちぼち進み始めていたり、この2020年は奥武蔵にとっても変化の1年かもしれません。

それにしても午後の事務所へのロードは猛烈に暑く(39℃!!)もし今年オクムが開催されていたら・・・またすごいことになってただろうなあ(笑)

 

 

帰宅してふと「人が少なくてよかった」と条件反射のように感じてしまったことが悲しかった・・。

本当は山でも林道でも人に会えたらうれしいものなのに。人に会わないことをいいと思ってしまう状況が悲しかった。

| | コメント (0)

2020年8月25日 (火)

8月になっても変わらず

前回のブログを書いてから早1か月半ほど・・・。

そろそろ今月の近況報告を(笑)と思ったけど、たいして変化がない!!(笑)

 

 

在宅勤務は相変わらず続行中でたまに出勤するのも変わらず(たぶん年内はこのスタイルになりそうな)たまに家族や少人数で食事に行くものの、大勢で飲み会をすることもなく。

いわゆる旅行もまったくなく、夏休みも映画見に行ったりしたくらいかな・・・。なにしろ梅雨が明けて喜んでいたらこの猛暑!散歩はむしろ減りました・・・朝ランの距離もペースも下降気味。たかだか朝ジョグしてるだけなのに汗は半端ないわ、途中で2回も給水しないと耐えられないわ、以前とは違う意味で走る場所を選ぶようになりました(笑)天気や時間帯で走れる場所(つまりは日陰)が変わってくるので。

ほぼ毎日走っているからか日焼けだけは例年になくすごくて(笑)誰に会っても「黒い!」と言われる始末・・。

まあそれでもここ数か月とは違って仲間と会うようにもなったし、一緒に走る機会も戻ってきて少しずつ以前の状態に近くはなってきたのかな。

 

 

そんな中2月の小江戸大江戸以来の大会に参加してきました。そうか半年ぶりか・・。

「戸田・彩湖ウルトラマラソン2020夏」これは本当は6月開催の奥武蔵ウルトラマラソン(オクム)の代替レース。

場所も彩湖の外側を13周ぐるぐる走って(63.4km)というものなので、アップダウン激しく後半は涼しい木陰を走るオクムとはまた違うもの。

7月頭にもここ彩湖で8時間耐久レースがあったのですが、それに近い感じかな。オクムにエントリーしていた人対象で、希望者のみ先着でした。

 

 

 

7月の8耐の時よりさらに開催条件が厳しくなって(感染者増えましたからね・・・)名物のかき氷をはじめ、カレーとか調理したものは提供できず個別包装のみになり。もちろんエイドに入る前には手を消毒、飲み物・食べ物を取ったらすぐ離れて集団にならないように。

スタッフは全員マスク着用、エイドの前には透明なビニール、参加者も競技中以外はマスク着用で離れて立ち、スタートも3人ずつのウェーブで、と徹底的に対策が取られていました。

 

 

 

と、対策はいいとしてそれとは関係なく問題なのはこの猛暑・・・・彩湖は本当に日陰が少ない!!1周(4.9km)に大きなアップダウンが3回あって、それが地味にランナーの脚を傷めつけていくわけですがそれよりも暑さと日光!!

昔3種耐久(5km、フル、8時間走)を航空公園で開催していた時も似た感じだったけど、まだあっちのほうが日陰があったかなあ・・。

おまけに長距離走る練習を全然していなかったし、いろんな意味でまずい要素が満載な・・。

直前にならないと実際開催できるかどうかはわからなかったけど、あっさり案内とナンバーカードが届いてしまい。

 

 

大会については次回の更新で♪

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

心拍数

毎年のことながらこの時期は苦手なフルシーズン。去年もこの期間をなんとか耐えぬいたんでした・・・。

今年は今のところ暖冬で雪で走れるところがないとか、そういうことがないだけラッキーですが、日本海側も山も積雪が少ないのは心配ですね。

 

 

ところで以前のGarminがベルト破損で新しいのに変えてちょうど1年ほど。

日常生活でも走ってるときでも心拍数が確認できるのはいいですね。体への負担の目安になります。

私はどうも心肺機能が弱く登りとかペースを上げると本当に苦しくなるのですが・・・心拍数が簡単に180近くになってしまうことが判明。

LTペースを考えるとこの心拍数はどう考えてもオーバー。どうりで苦しいわけです。特に寒い時は冷たい空気が入ってきて喉も肺も辛い。

 

 

 

しかしフルを2時間40分台くらいで走る友達は私よりキロあたり1分近く速いペースで走っても、心拍数はそう高くない。

180なんて出ない!とまで言われた・・・。ほかの同じくらいのタイムのランナーも心拍数低い。うーむ。これが実力の差??

たぶん安静時心拍数も私よりかなり低いんじゃないかと思います。登りが強いランナーってもともと心拍数低い人多いですもんね。

 

 

 

今話題のナイキのシューズも、心拍数に余裕があるランナーなら向いてるんじゃないかと思います。勝手にスピード上がっても走れるエンジンがあればそれはタイムが縮まりますよね。たぶん私なら勝手にスピード上がっても苦しくて走れなくなると思います(笑)脚やシューズだけの問題じゃない感じ。

 

 

 

先日教わってHIITもやってみましたが、筋トレの後だったからかさらに筋肉痛が増して(笑)やる以前の問題か・・・。

いやいやそうすぐには効果は表れないはず。といいつつお尻やハムの凝りがあって結局その後やれてないんですけどね。

 

 

 

なかなか改善しないですねえ・・フォームの無駄をなくしたらマシかとか検証してみてるんですけど。短期間で変化ないですからね。

そうこうしているうちにウルトラシーズンになってしまうと、心拍数のことは忘れてしまうので(笑)。これじゃ毎年進化がないわけだなー。

もうちょっと心肺鍛える練習続けてみようと思います。

 

 

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

黒山・鎌北湖駅伝

短距離ゼーハーが苦手な私、リレーとか駅伝とかは数えるほどしか参加したことがありませんが・・

先日とある駅伝になぜか参加してきました。だいぶ前にメンバーに誘われてよく考えもせずOKしたのですが。

仮装リレーみたいなのしか出たことない私、大会の数日前に走るコースを知って唖然。全部のぼり!!4キロくらいしかないけど。

開催地が埼玉県越生町だから平地があまりないのは推して知るべしなんですけどね。それにしてものぼりばっかりとは・・。

おまけに参加チームは現役高校生や大学生の陸上部、ほぼ実業団の一般人に警察に自衛隊・・・女子チームは学生、一般で各3チームのみ。いやあ、えらいところに来ちゃったぞ・・。

 

 

 

スタートとゴールが同じ周回リレーではなく、ワンウェイのちゃんとした駅伝。6区までありますが、4区のスタート地点まではほかのチームの4区ランナーと一緒に車で送ってもらいました。平坦だと思ってた3区ですらアップダウンの連続。4区はどうなることやら・・。

他のチームの4区ランナーは元高校・大学と駅伝選手だったり、ロードもトレイルも速いエリートランナーだったり。私みたいに寒いからってタイツ履いてる人なんていないし(笑)。ランシャツランパンのランナーもたくさん。選手の先導はパトカーや白バイですから!!すごーい。

 

 

 

そのうちアナウンスがあってトップランナーがやってきた!高校駅伝の埼玉代表として出場している名門校の陸上部がワンツー。たすきを渡すとその場で倒れこむ!ひゃー!駅伝みたい!(駅伝なんだけど・・・)わくわくしながら待っているとほかのランナーはどんどんたすきをもらって走っていってしまいます。そのうち残り全員が呼ばれ。この駅伝繰り上げスタートもあって、トップから20分経過するとたすきがつながらないのです。マジ??だってトップ速すぎるのに!

 

 

でもその時うちのチームが来た!!無事たすきを受け取って最初から全力で走る。全力でも遅いけど(笑)。しかしコースはよくわからないし、すでにランナーはばらけて誰もいないし。アンカー6区に渡るときにも繰り上げスタートがあるので、ここで私が頑張らないと最後までたすきがつながらないかも!と思うととにかくひたすら全力。でものぼってるから遅い・・・。

 

 

しかし意外と応援してくれる人がいてびっくり。ただ苦しくてとても応援に応えられないので、手だけ挙げて感謝の気持ちだけ伝える。と、前に心が折れたのかやる気がなくなったのか、男子学生がのろのろジョグっていてあっさり抜く。なんでこんな短い距離なのにジョグってるんだろう。故障している感じには見えなかったけど。

本当はこういう時こそランニングウォッチの出番なのにただの時計扱いでさっぱり距離がわからない。と、あと1キロの看板を持った人が立っている。あと1キロかー。長いな(笑)。やっと前方が見えてきて無事たすきを渡して任務終了!倒れこむまで追い込めませんでした(笑)。

 

 

 

実はゴールは4区のスタート地点、つまり4キロ戻ればそこがゴールなので送迎してもらわずにダウンジョグしながら戻ることにした。

さっき応援してくれていた人たちがアンカーの応援をしていたので、お礼を言いつつ走る。うーん、やっぱり往路は登ってたんだな。帰りはなんてらくちんなんだろう。トップクラスのゴールが見えなかったのは残念だったけど、久しぶりに必死に走る姿を見れたこと、そして自分も1人では絶対できない必死な走りができたのは楽しかったなー。

 

 

 

終了後の閉会式では優勝旗や優勝カップがちゃんと持ち回りなことにもびっくり。さすが今年で53回目の歴史ある駅伝だけある。

そしていろんな発見もあってなかなか有意義でした。当たり前だけど走り方から何から長いのとは全然違うから。

お誘いいただいたスポーツエイド・ジャパンの舘山代表、そして一緒に走ってくださった皆様ありがとうございました。

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

3月はこんな感じでした

4月になってしまい・・・ご無沙汰してます。

新元号も発表になりましたねー。って元号が変わる瞬間は走ってる予定なのですが・・・(笑)

3月はなんだかあっという間に過ぎ去ってしまい・・・思い返すとたくさんのことがありました。

 

 

なぜだかまた当選してしまった5回目の東京マラソン。その前週の小江戸大江戸233㌔と連戦になってしまったのでゆるーく走るつもりでしたが。

その間にあった悲しい出来事・・。2015年にも2人のラン友を亡くし、そしてまたこんな別れが突然やってくるとは。

心身ともに全く上がらない日々が続き、夜もよく眠れず、今年は花粉が目を直撃して夜遅くになってくるとすごく目が疲れて何もできず・・・

と前半はどっぷり底に沈んだ感じ。

半ばに仲間と行った1泊2日の伊豆半島「花の旅」で少し元気を取り戻しました。

下田から南伊豆経由で土肥温泉まで。寄り道しつつ観光しつつおいしいもの食べつつ、楽しいラン旅でした。

こういうのいいなあ・・・。都心をファンランすることはあっても、こういうなかなか車でも行けないところを脚で回るって本当に楽しい。

また来年も行きたい!!と思わせてくれる旅でした。

 

 

 

4月以降超ウルトラのレースが続くというのにどうも練習も積めず、脚もできてるんだかできてないんだか・・。

去年みたいな足裏トラブルとかないのだから、もう少し走れてもいいんだけどなあ。

後半付け焼刃で公園ぐるぐる超ロング走とか、2回ほど奥武蔵行ったりとかはしましたけど、なんかぱっとしない感じ。

去年の反省としてはレース直前に体調崩して寝込むはめになったので、もう少し睡眠とか休養とか大事にしないと同じ目に遭うなあと。

 

 

しかし去年の今頃は4月とは思えない暑さで桜もあっという間に満開になってあっという間に散ってしまったけど、

今年はなぜだか寒くていまだに走る時にグローブが欠かせない感じ。

さてレース本番も寒いのか、これから気温が上がるのか!!

 

 

6月まで目いっぱいレースが入っていて7月以降はあえて空白にしてきたのですが、9月に去年も参加したふくしまを走ることにしました。

そのあとは11月かな・・・。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧