« 2022小江戸大江戸235km(大江戸その1) | トップページ | 2022川の道フットレース513km »

2022年3月22日 (火)

2022小江戸大江戸235km(大江戸その2)

夜中3時過ぎの浅草寺は誰もいない・・・と思ったら普通の参拝客が1人いてびっくり!幽霊じゃないよね?って思ったけど普通にお参りしていた。まああちらもこっちを不審に思ったかもしれないけど(笑)

 

鳥越神社を撮影してCPは終了。あとは淡々とゴールを目指すだけ。本郷通りは東大側は歩道がガタガタしていて走りにくいので、さっさと反対側に移ってしまう。

 

いつもの王子駅でのトイレタイム。今年はとても綺麗で快適(笑)今回もコンビニトイレは1回も使わなかった。

 

赤羽手前のコースがまた若干変わって、あの団地への階段が復活。いつも左側を登っていたけど、今回右側を登ってみたら傾斜が緩くて楽!何年もここ走っているのに初めて気づくとは。思い込みやルーティーンって時々見直した方がいいみたい。そしてやっぱりこのアップダウンコースの方が好きだなあ。

 

舟渡エイド(179.6km)の開設は朝7時なので多分やってない。なので途中おしなりでもらったおにぎり食べながら温かいお茶を買って休憩。おにぎり美味しい!!もっちりしていてシソが効いてる。塩も多めだったみたい。このおにぎりで妙にパワーが出た。

 

舟渡エイドを朝6時ごろに通過。テントを張って設営中だった。計測だけして前に進む。ここから秋ヶ瀬エイドまでが長いんだよなあ・・・。

 

荒川の土手に出てあまりの寒さにびっくり!北風が強くて手も足も全身も凍える。こんなに寒い河川敷は久しぶりかなあ。ここ何年もお天気に恵まれている小江戸大江戸だけど、以前は雨も多くここで暴風雨に遭ってびしょびしょになり凍えながら進んだこともあった。雨がないだけマシだけど。本当気象条件は今の方がずっといいなあ・・・。いつも疲れが出て歩きと走りが半分になる河川敷も、あまりの寒さに走り続けてあっという間に秋ヶ瀬エイドについてしまった。睡魔はどこへ??

 

秋ヶ瀬エイド(191.5km)7時30分頃到着。でもこれは1回目(笑)寒くて寒くて震えながらエイドに入るとなんとストーブ!!暖かくて助かった。もちろん温かい素麺をいただきホッと一息。ここでも1人ランナーに会う。多分おしなりで会った人。さて1回目のバイパス行きますか!!

 

1回目のバイパスは向かい風・・・ということは3回目も向かい風か・・・ずっと向かい風を浴びていると花粉でやられ出す。既に結構やられてはいたけどこのバイパスでダメおしされるのが定例(笑)。しかし・・・進んでも進んでも向こうからランナーがやってこない。おかしい。おかわりランナーがなぜ全然来ないんだろう。私も去年より遅いけどみんなも遅いのか??それとももうすれ違えないくらいみんな速いのか。

もうすぐバイパスも終わりそうなところでやっと2人向こうからやってきた。あ、Oさんだ!今年も元気そう。ってか1月もこうやってレースですれ違ったね(笑)やっと人に会えてホッとする。

 

川越(205.7km)到着。9時半くらい。あんなに寒かったのが嘘のように気温が上がってきていた。まずは上を脱いでグローブと共に荷物に戻す。ボトルに水を満タンにしてもらう。襷をもらってトイレに行って今来た道を戻る。小江戸終了時は小江戸ランナーが羨ましかったけど、今の川越ではそうは思わなかった。もう折り返すことも4回目。慣れたのかもしれない(笑)

 

2回目のバイパス。これが1番だれたかなあ・・・追い風というほど風の恩恵は受けず、ただ暑いだけになってきた。でもだんだんすれ違うランナーが増えてきてその度元気をもらう。大江戸のトップたちとも会い、めちゃくちゃ元気な女将さんにも会う!!脚リハビリ中じゃなかったっけ??次々ランナーとエールを交換するうちにまた秋ヶ瀬に戻ってきた。

 

2回目の秋ヶ瀬エイド(219.9km)11時半頃。去年もこんな時間だったかも。どうやら巻き返してきた?今度は暑くてフルーツポンチをいただく(笑)4時間前とは大違い。

 

さあ最後のバイパスだ。どんどん人に会えるようになり賑やかになってきた。友達の大江戸ランナーと喋りながら走っていると同じようなペースで走る200のランナー数名と一緒になって走るようになっていた。

 

ここからが不思議・・・この集団走が不思議な力を生んでどんどんガンガン走れる。1回目より2回目より疲れているはずなのになぜか走れる。これがランナー同士のパワーなのか。ゾーンに入ったかのように信号待ち以外は上りだろうがなんだろうが走れる走れる。もうすっかり頭に入ったコースや景色。最後の川越線の橋を越えるとケーズ電器が見えてあと少し、と思える。

 

小仙波で曲がってからもペースは落ちることなく逆に上がっていく感じですごく気持ちよくゴール!去年と同じくらいの時間に帰ってきた!と思ったらスタートが8時8分だったので、8分引いて結果去年より12分も速いことがわかりびっくり。これは絶対最後の集団走のパワーのおかげ。これだけ長く走って最後がこんなに気持ちいいのは9回目にして初めてかなあ・・・。やっぱり超ウルトラは面白い。毎回何があるかわからないところは本当に面白い。

 

ゴール後はエイドでたっくさん食べ物いただき、サンドイッチもコーヒーゼリーも何もかも美味しかった。お土産にしたフルーツサンドもマフィンも帰宅後にペロリ(笑)よく食べました。

 

コロナ禍でも1回も中止になることなく続けられてきたこの小江戸大江戸。工夫を重ねながら開催に漕ぎ着けていただいた主催者の気持ちが本当に嬉しくて。人と一緒に走る楽しさ、パワー、会える喜びがこんなに大きいなんて、この大会があったからこそわかったこと。本当にありがとうございました。そしてもちろんまた来年♪


E8976d2318264eb19059bf63cf273f64

|

« 2022小江戸大江戸235km(大江戸その1) | トップページ | 2022川の道フットレース513km »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2022小江戸大江戸235km(大江戸その1) | トップページ | 2022川の道フットレース513km »