« 2021小江戸大江戸235K(大江戸その1) | トップページ | 熊谷から秩父の記憶 »

2021年4月 6日 (火)

2021小江戸大江戸235k(大江戸その2)

夜中3時の浅草寺は私たち3人しかいなくて静まり返っていました。2年前は外国人観光客が暗いのに自撮りとかコスプレ撮影とかしてたんですが・・。

そして2月の時にはなかった提灯がたくさんともされていました。桜のシーズンだからでしょうか。

 

 

浅草寺とその先の鳥越神社で撮影ポイントは終了。本郷抜けて駒込過ぎていよいよ私の鬼門の場所が(笑)。ところが今年は若干早い時間だからか全然眠気がありません!去年思わず寝てしまった王子駅トイレも寄りましたが寝ることもなく。しかしこのトイレ、ゴミが散乱していて汚かった・・。去年はそんなことはなかったはず。人が増えた証拠かもしれません。

 

 

王子神谷から先はルートが変更されました。新設の赤羽エイドが駅の東口にできたからです。

以前の宮堀歩道橋を左折してずっと上り続け、右折して下り、駅の西口から階段を上って・・・というアップダウンがなくなり非常に楽になりました。コース自体も簡単にわかりやすくなったと思います。

 

 

赤羽エイド(175.1km)5時6分。埼京線は始発過ぎたようで駅から電車が走っていくのが見えました。

赤羽エイドは自転車もおけるランステにあって、屋内なのがいいですね。ここでまずはお味噌汁。あとゆずジャムを自分でお湯に溶かしてドリンクを作るのですが、これがおいしかった!やっぱり柑橘類が好きなのかも(笑)

外にイスもあって座っていただくことができました。これだと寒いときや悪天候の時にいいですよね。

 

 

このあたりからバラバラになりまた単独走に。高島平を過ぎて河川敷に行くとかつてないくらいのいいコンディション!

曇っていて涼しく無風。こんないい状態の河川敷は今まで走ったことがないくらいでした。私設エイドがなくなっちゃったけど、暑くないから大丈夫。

 

 

しかしさすがに疲労が出てきて疲れて少し歩き、また走りを繰り返し。どうしてもこのあたりは疲れが出てくるなあ・・・。信号ないから走り続けていると疲れちゃうんですよね。

土手の上でも下でも走行可能でしたが、私はずっと上を走行して秋ヶ瀬エイドへ。

 

 

秋ヶ瀬エイド(192km)7時23分。あ、でもこれはまず1回目(笑)

あったかいうどんをいただきふと見ると紙コップに入った缶ミカン。ここにオランジーナ入れるとおいしいよ!と言われて入れたらめちゃうま!!3杯おかわりいただきました(笑)実は2回目に来た時もいただいたのですが。

 

 

で、ここからが地獄のバイパスのはじまり(笑)でも風もなく雨も降らずバイパスにしてはいいコンディションだったと思います。まだ1回目は元気だったかなあ・・・なぜか信号待ちにつかまらず走り続けることになってしまったのですが。

少ないとはいえ、ここで秋ヶ瀬に戻る黒ゼッケンとすれ違うのはうれしい。今年は元気なGちゃんや淡々と走るOさんにも会えました。

 

 

1回目の小仙波ですでに往復を終えようとしている235km2位(昨年優勝)のランナーに軽く抜かれました・・・。まだまだ走れそうな軽い走りだったなあ・・全然ついていけませんでした(笑)

 

 

川越(206.3km)9時19分。もうゴールのランナーがうらやましい・・・毎回ここで黒にしたことを後悔する(笑)

といっても仕方ないのでタスキをいただき、ボトルに水を補給、トイレを済ませてまた秋ヶ瀬へ。

 

 

2回目のバイパスはなんと向い風・・・強風ではないもののずーっと向い風なのは体力をかなり消耗・・・じわじわ全身に効いてくる。このバイパスが無風なんてことはまずありえないから、往路か復路かどっちか必ず向い風になる!

 

 

2回目の秋ヶ瀬(220.6km)11時25分。疲れた。

ここでうどんの汁を2杯一気飲み。おいしい!!おいしすぎる・・。もちろんまた缶ミカン(笑)こういうなんということもないものが涙が出そうになるくらいおいしいのがウルトラのおもしろさかもしれないな。どんなグルメよりおいしい。こういうの、走らないと絶対わからない(笑)

 

 

さて最後のバイパス。で、やってきました睡魔が・・・。今回は来ないかと思ったけどそんなことはなかった・・・。信号待ちで眠りそうになり疲れて歩くとまた眠りそうになる。でも最後の最後なのでどこかで寝ることもなく耐える。そんな時うどんを3杯も食べた友達がさーっと抜いて行った・・・もちろんついていけず姿は見えなくなる。

 

 

そんな時元気をもらえるのがすれ違いランナー。あと抜いていくランナー。今まで会えなかった人にここでばったりも多い。みんな胃腸をやられていたり脚が痛かったりいろいろあるけど前に進んでいる。その姿に元気がもらえて前に進める。

 

 

川越ゴール(234.9km)13時33分。29時間36分。235km3回目でPB。(総合7位、女子1位)

今年も帰ってこれました。まずは写真チェック。とスタッフを見ると世界のTさんでした。リストバンド返却して完走証をもらい、しばしTさんとおしゃべり。Tさんと実際に会うのも久しぶりでいろんな話に花が咲き、こういう時間が大好きでありがたさを痛感する。

お風呂に行くまでしばらくゴールするランナーを待ちつつのんびりと過ごしました。

やっぱりリアルな大会はいいなあ・・・。改めて開催してくださったことに心から感謝!!

 

 

その後は次回につづく。

92f59427c2114268baf6c4a5f1884f3a

|

« 2021小江戸大江戸235K(大江戸その1) | トップページ | 熊谷から秩父の記憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2021小江戸大江戸235K(大江戸その1) | トップページ | 熊谷から秩父の記憶 »