« 2020小江戸大江戸235㎞(~王子駅) | トップページ | 2020小江戸大江戸235㎞(その後) »

2020年3月 4日 (水)

2020小江戸大江戸235㎞(~川越)

まさか・・・!

王子駅そばのトイレに入った私、瞬間記憶を失っていた・・・なんと寝落ちしていたのだった!(笑)

どのくらい眠っていたのかはもはやわからず、でも気づいたらしっかり寝てた。個室あったかいんだよね(笑)。気を取り直してスタートするがどうやらこの間たくさんの人に抜かれていたようで(笑)。たぶん女子には抜かれていないと思うので、後続ランナーにはご迷惑はかけなかったと思うけど・・すみません!(笑)

 

 

でもこのつかの間のうたた寝が効果あったのか、いつも記憶がない区間がちゃんと走れていた(笑)。淡々と浮間船渡の駅を過ぎて船渡公園につくと今年から場所が変わった高島平エイド(180.2㎞)が。7時20分着。

去年は開設しているのを知らずにスルーしてしまったエイド。ただこの時間はまだ温かい食べ物の準備はできていず、飲み物と少しつまんで公園内のトイレに寄って先を行く。こんな時間に橋に結構人がいると思ったら応援者だった。その橋を渡ると誰かいる。あ、いつも応援に来てくれるすぎさんだ。今年も始発でかけつけてくれた。すぎさんから大江戸トップの海衆さんがとっくに行ったと聞いた。やっぱりあのトイレで寝てた時間に抜かれたか・・(笑)。その後知らない大江戸ランナーに抜かれたから(その人は2位だったらしい)そうだと思っていたけど。

 

 

 

高島平を過ぎて河川敷へ。いつも河川敷は眠くて眠くて走ったり歩いたり、を繰り返すところなんだけど、ここもうたた寝効果か眠くない!なので走れる!おととしのさくら道国際ネイチャーランが珍しく睡魔がこなくて、ずっと走り続けられたのに似ている。やっぱり眠くなければ走れるのか・・・。試走したのも効果があって、工事のう回路までまだあるとか記憶が残っていたので精神的に楽。まだこの時は風はあまりなく、砂ぼこりも気にならず。巨匠君に声をかけられた時もちゃんと目を覚ましていたし(笑)う回路手前には今年もあっちゃんたちの私設エイドが!また暑くなってきていたので助かったー。いつもありがとう。

 

 

 

う回路過ぎて秋ヶ瀬エイドは意外と遠い。秋ヶ瀬エイド(191.7㎞)9時14分着。これはまだ1回目(笑)距離は延びたけど去年より早い時間についている。ここでしっかり補給。何食べたっけなー。麺類??あ、ブルーベリーがすごくおいしかったんだ。ボトルにしっかり水を給水。さて、1回目のバイパス行きますか!

 

 

 

ここも試走したから精神的にはすごく楽。でもバイパスはいつも向かい風。どんな年もここが無風だったことはなかった気がする。5年前は暴風雨で前から吹き付ける雨に足元は水たまりしかなくてずぶずぶ。寒くて寒くて凍えそうになってたっけ。暑くて暑くてって時もあった。今年はまた花粉に盛大に目をやられそうな感じ・・。すでに目はごろごろしているし、信号待ちで目薬ささなきゃ。

今年はすれ違うランナーが少ない気がする・・・黒ゼッケン増えたはずだけどみんな速くてすれ違えないのかな。向こうからしぶしぶがやってくる(235㎞で4位)。帰りは風がすごいぞーとかなんとか言ってる。確かに走ってる間にどんどん風が強くなってきた。

 

 

 

1回目の川越(206㎞)11時21分着。お、PB更新だ。すっかり水がなくなったボトルに水を入れてもらう。トイレに寄り、まだまだ暑いのでこのままシャツ1枚で行く。

 

 

 

今来た道を戻りつつすれ違うランナーが増えてきた。不思議なんだけど逆走って短く感じる。あっという間にバイパスに戻ってくる。同じく戻っているランナーが道がわからなくなったらしくうろうろしている。今来た道なのに逆になるとわからなくなっちゃうのかな。地面に白線が引いてあるからその通り行けば大丈夫。

バイパスを戻る時はびっくりするくらいの追い風!!うわー!と押される感じが不思議。でもこんなに追い風ってことは・・・もう一度折り返すときにはどうなってるんだろう・・。

 

 

 

復路はやっぱりたくさんのランナーに会えてうれしい。すごく速い人が来ると思ったら大江戸女子優勝の女将さんだったり、両手を大きく降ってくれたのはチームメイトののの母さんだったり。みんなの消息がわかって楽しい。あきちゃんとはすれ違いにハイタッチ!

再度秋ヶ瀬エイド(220.2㎞)に戻ってきたのは13時34分。すっかりエイドの様子が変わっていた・・・。強風にあおられてスタッフがテントの外側から支えているほど!!さっきは何ともなかったのに往復してる間にすごいことになってる・・。中には入らず水だけもらって最後のバイパスに向かうがここからが地獄の始まりだった・・・。

 

 

 

過去この大会でここまですごい風は初めて出た2013年の小江戸以来かな・・。前に進めないわ、目が花粉でやられて片目しか見えなかったり、両目がふさがって立ち止まるしかなかったり。信号待ちもいつもなら眠くて寝てしまうのにそれどころじゃない。何かにつかまっていないと飛ばされそうになる。陸橋の上は本当に怖かった・・。おまけに北風ということもあり、どんどん身体が冷えていく・・。歩くと寒いので風がすごくても走り続けるしかない。後ろにいた一樹さんが「なんでこんな風の中走れるんだよ・・・」とつぶやいていたけど、寒さとガス欠で低体温状態になっていたそうだ・・。

 

 

 

やっと小仙波で曲がって少し風はマシになるがとにかく寒い!!こんなに気温の変化が激しいとは・・。やっと3回目の川越着!16時8分。あー、今年は16時過ぎてしまった。あまりに寒くて写真も撮らずに早々に中に入ってダウンを着てしまった(笑)とにかく今年もゴールできてよかったー。

 

|

« 2020小江戸大江戸235㎞(~王子駅) | トップページ | 2020小江戸大江戸235㎞(その後) »

Race」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020小江戸大江戸235㎞(~王子駅) | トップページ | 2020小江戸大江戸235㎞(その後) »