« 2018小江戸大江戸204キロ(大江戸その1) | トップページ | 小江戸大江戸レース後 »

2018年3月12日 (月)

2018小江戸大江戸204キロ(大江戸その2)

成願寺(128キロ)から次のエイドこあしす(144キロ)までは昼間も本番も真夏の夜中自主練でも何度も走っている区間。すっかり新鮮味がなくなってきている私ですが、初めてランナーが感動しながら走っているのを見るとこちらも新鮮な気持ちになります。初めてだと感動的だけど道は複雑(笑)。


いつも立ち寄る表参道の公衆トイレに行くと三井田さん&ジューシーコンビに遭遇。昨日からずっと一緒に233キロ完走目指して走っています。実は小江戸でも会いました。このお2人とは東京タワ-まで一緒でした。
東京タワ-の足元にエイドが出ていて(毎年都庁でエイドされていた方たちだったそうです)ここもありがたく寄らせていただきました。

このあたりは路面はきれいなこともあってよく走れてます。マッサージ効果か股関節の動きがすごくいい。
そういえばマッサージ後、凝ってはいるけれど動きがすごくいい。とほめられたんでした。
ああ・・・・これで足裏がよければ完璧だったのになあ・・・・
思えばこの時ペースも上がって足裏に負担がかかっていたのかな。気づいてなかったけど。
祝田橋の交差点でも私設エイドが。ここ寒いのに・・・ありがたいです、本当に。

気象庁で信号渡ってもうすぐこあしすです。ここはお友達がたくさんいるまさに「オアシス」
成願寺で長く休憩したこともあって去年よりはだいぶ遅かったけど、去年より疲労はない感じです。
あったかいにゅうめんをいただいたり、いちごや亀井商店のドライフルーツにトレイルバーもおいしくいただき。
そういえばズキズキする足裏の様子見るか・・・・と思ったら、ソックスが張り付いていて動かない感じ。
やばい・・・また潰れた??手当はしてるのにだんだん距離に耐えられなくなってきたか!

と、大江戸トップがやってきました。
確か去年は日本橋過ぎてから抜かれたのでやっぱりだいぶ遅いです。
大江戸ランナー(しかもトップ)と小江戸大江戸ランナーの疲れ方の違いをこういう時に感じますね-。
この先もっと感じるんですけど。
休んでいてもよくはならないので観念して再スタートすることにしました。


皇居周辺は実は寒いです・・・・緑が多いからか都心の中でも特に冷えるところだと思います。
痛みがひどくなってきたのでペースを落としたり、歩きを混ぜたりすると寒いわ眠いわ。
でも眠っていても走れるくらい熟知したところなので(笑)とにかく負荷をかけずにそろそろと前進することだけ考えます。
あんなにさっきは人がいたのにほとんど周辺に人がいなくなってきました。
日本橋過ぎて浅草橋あたりからだんだん耐え難くい痛みになってきました。
前は走ると痛いけど歩けば大丈夫だったのに、もはや歩いても激痛です。どうも肉刺の範囲が広がっている感じ。
だんだん歩きの方が増えてきて、それも歯をくいしばるようになってきました。
でも。おしなりくんや、スカイツリーには友達がきてくれることがわかっていたので。
なんとかそこまではがんばって行きたかった。もう少し走れると思ったのになあ・・・


両国過ぎたあたりでなんだか後ろから楽しそうなおしゃべりが聞こえてきます。
ん?どこかで聞き覚えがある声・・・と思ったら大江戸女子チャンプの女将さんと一緒にいるのは巨匠くん。
この人たちウルトラ走ってるペースと元気さじゃないんだよねー(笑)ぴゅーっと行っちゃいました!
やっとスカイツリーが近づいてきました。
と、前から自転車で来る人が・・・応援の石井君です。ありがとうー。こんな時間に・・・。うるっとしちゃいました。
毎年この道は誰かが迎えにきてくれるんです。やっぱりここまでがんばってきた甲斐があったな。
おしなりくんの家(156キロ)までなんと2時間以上かかっちゃいました・・・。わらわら応援の友達が来てくれていてありがたいやらほっとするやら。

中に入るとスタッフの中に柿崎さんの姿が!お久しぶりの再会でした♪
お味噌汁いただいたり、おにぎり食べたりみかん食べたりしてましたが、そっとシューズを脱いでみたら血だらけ・・・。ああ、これか・・。ここからゴールまでもうフル1本分はないのですがこれ以上歩くのも危険と考えやめることにしました。
歩き倒してもゴールはできるけど、すでにかばっていた踵が真っ赤になりアキレス腱にも違和感が出てきていて、もう無理だったな・・。そこ以外はすごく元気だったのに。
始発がまだなかったのでしばらくエイドで休み、応援のひさねえが着ていた上着を借りて川越まで電車で戻ることになりました。

つづく

|

« 2018小江戸大江戸204キロ(大江戸その1) | トップページ | 小江戸大江戸レース後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2018小江戸大江戸204キロ(大江戸その1) | トップページ | 小江戸大江戸レース後 »