« 2017別府大分毎日マラソン | トップページ | 東京マラソン応援 »

2017年2月 8日 (水)

レース前、レース後

別大の翌日は走りませんでしたが、お尻が張っている以外はダメージがなかったので昨日から軽くジョグ再開。
とりあえず他のところも何もないようです。しばらくはゆるゆる復活かな。
以前はフル走ると脚の裏にマメや血豆ができることが多くて、それも失速の原因のひとつになってました。
シューズ脱いだらソールが血で真っ赤!とかもありましたねえ。
でも前回のつくばも今回の別大もマメも何もできず。シューズもソックスも変えていないので、走り方が変わってきたんでしょうか・・・。

この別大を走る前ですが、12月に神宮24時間走を走ったこともあって実質1か月ない状況でした。
しかも神宮は体調不良による発熱で途中でやめたくらいだったので、なかなか体調が回復せず・・・。
なんとか走った年の瀬フルではどっと疲労がたまって、まさに年内は使えない感じ。
お正月も走らなかったので、やっと本気で再開したのはそのあとだったのです・・・。


つくばで3時間半は切れて、その時もビルドアップでなんとかスピードを回復させたので、基本的に似たような練習をしてました。
週1回の15キロビルドアップはマストにして、あとは20キロや30キロのビルドアップ、逆に10キロ以下の短くペースを上げたビルドアップとかいろんなのを疲労度を見つつやってました。
気温が低くてますますエンジンがかかりにくくなっていたのもありますが、ビルドアップも回を重ねるごとにスピードが出せるようになってきました。
お友達に誘われて駒沢公園で久しぶりに走ったのもよかったかな。周囲がとにかく速いランナーばかりだったので、普段は出せないスピードも出せました。


1番気を付けたのはレースのどのくらい前にはこのペースで何キロ走る、と決めなかったこと。
それは何カ月もかけて練習を積んだランナーが確認のためにする練習で、時間が短い私には負荷が大きいだけであまり効果がなさそうに思えたこと。
本番前にハーフレースを入れなかったのも同じ理由です。そこでがんばって、ピークを前倒しにしたくなかったというのもありますが。
お正月やお正月明けは楽しそうなイベントにいろいろ誘われて参加したい気持ちもありましたが、ぐっとこらえてやらなきゃいけないことを優先しました。


3年前に初めて別大に参加した時あまりにもたくさんの友達ランナーに遭遇してびっくりしたのですが、普段ウルトラやトレイルをメインに走っていても、ここのフルにはしっかり練習して臨んでいる姿を見て、身が引き締まる思いでした。
私もウルトラ・超ウルトラを走るたびに、フルの大切さを痛感して真面目に走ろう!って思うのです。
トレイルがすごく速いランナーも、基本の走力はロードでつけていると知り、ますます大事にしようと思うようになりました。


それにしても同窓会のようなレース、東京から応援に来てくれていた友達もいてびっくりするやらうれしいやら。
しかもとことん速いランナー優先の「格差社会」、ファンランなどいないピリピリした雰囲気、こういうの結構好きです
また来年も切磋琢磨してレースに臨みたいなー。


|

« 2017別府大分毎日マラソン | トップページ | 東京マラソン応援 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2017別府大分毎日マラソン | トップページ | 東京マラソン応援 »