« 第1回みちのく津軽ジャーニーラン~ゴール | トップページ | 脚もカラダも壊さずに »

2016年7月26日 (火)

旧道を味わう

日曜日、先月参加した甲州道中鳥の旅の「復習」ランがあり、レース後1週間だというのに参加してきました。
コースの中でも鳥沢から旧道を行く部分がわかりにくくて、コースアウトする人が続出。
アウトどころかさまよってどうたどり着いたかわからないけど、元のコースに戻った私には必須の復習(笑)。
まあたぶんお散歩だろうと思ってたのですが、結果として最後は結構真面目に走ってしまいました(笑)。


本番は旧道・新道どちらを通っても可能になってましたが(実際夜は真っ暗で旧道行くのは場所によっては厳しい・・・)今回はみんなで明るいうちにほぼ旧道をたどっていきました。

旧道といっても普通に集落の中を通る舗装路もあれば、古道のようなトレイルや石畳などバラエティに富んでいます。
トレイルでも今でも日常的に使用してるんだろうなあというお手入れが行き届いたところが多く、集落も旧道のまわりはどっしりとした昔ながらの立派な家が多くてお庭もきれい。豊かな生活がうかがえました。
宿場町の表示も残り、一里塚はj高速建設のために結構場所は移されていたけど古の面影があちこちに見られます。


走れるところは基本走り、名所・旧跡は止まって、神社は参拝と交通量が多いオモテの国道にはないよさを感じながらのランでした。
相模湖周辺は歩道が極端に狭くて車も多くくねくねで危ないんですけど、旧道通るとそういうストレスが何もない!
おまけに高いところを行くので、見晴もとてもいい。


神奈川と東京の県境の小仏峠も実は旧道。
道に沿って明治天皇がお休みしたところに碑が建っているのですが、峠の頂上にもあります。
明治天皇は馬で越えたのかな・・・。

高尾に着きあっという間に現代社会へ帰ってきましたが(笑)街道めぐるのっておもしろいですねー。
もちろん全部通れるわけではないらしいのですが・・・。
気づけば山梨県から東京都までまたプチ旅ランになっちゃいました。
でも楽しかったからまたこういうのやりたいなあ。

|

« 第1回みちのく津軽ジャーニーラン~ゴール | トップページ | 脚もカラダも壊さずに »

running event」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第1回みちのく津軽ジャーニーラン~ゴール | トップページ | 脚もカラダも壊さずに »