« またまた3連休 | トップページ | 奥武蔵ウルトラ2014後編 »

2014年7月30日 (水)

奥武蔵ウルトラ2014前編

今週なんだか忙しくてブログが更新できずにいました。

去年に引き続き「奥武蔵ウルトラマラソン」走ってきました。
この78㌔という中途半端な距離、交通の便もあまりよくない毛呂山運動公園スタート&ゴールという、ランナ-でも知らない人はまったく知らないというこのウルトラレース。
実は今年で21回目でもあり、ロード、トレイル関係なく健脚ランナーが集うというすごいレースです。
しかも今年はすごさに輪をかけて過酷なレースとなってしまいました。

レースの1週間くらい前に梅雨明けした関東地方。一気に暑くなってきました。
それまでは実はそれほど暑くなく、このままの気温でいってくれたら・・・と思ったけど、やっぱり甘かったです。
特に梅雨明け直後は急激に気温が上がるので、数日前から熱帯夜が続いていました。

で、レース当日。
朝7時スタートのため6時くらいに現地についてみたら・・・・ピーカン。暑い・・・。
まだ6時ですよ?あまりの暑さに日向にいられないくらい。体育館の中はすでに蒸し風呂。
このコース、最初の20キロは毛呂山町のアップダウン(ほぼ日陰なし)を走り、それから鎌北湖の横を通って奥武蔵グリーンラインというアップダウンの激しい山道に入って行きます。
50キロちょっと手前の県民の森公園の駐車場で折り返し、同じアップダウンを戻り鎌北湖を通り過ぎて毛呂山運動公園フィニッシュというもの。
あまりに高低差があってペースうんぬんなどは役に立ちません。
経験者はわかると思いますが、グリーンラインに入ってからが勝負なのでそれまでで体力も脚力もできるだけ温存しておくことが大事。

スタート前から30度をとっくに超えていて、走り始めてからもかなりヤバイ状況です。
他の暑いウルトラもそうでしたが、気温が高い時はそうでない時よりもっと抑えていくこと。
最初から体力を消耗していては、このきつくて長い道のりは走り切れません。
というわけで抑えているものの、それでもきつい・・・辛い・・・走れない・・・・
息が上がるととたんにスピード落としたり歩いたりして体温を下げるようにします。
エイドとエイドの間がすごく長く感じられました。
鎌北湖への上りも、去年はもちろん走っていたのに今年は歩きも交じってぼろぼろ。
もうここでやめようか・・・・と思いつつエイド到着。
の、前にボランティアにきていたFくんに会ったり、チームメイトが声かけてくれて写真撮ってくれたり、ほかのラン友もわざわざ応援に来てくれていたし、とてもやめますなんて言えなくてとぼとぼ続行。
当然顔振峠への急坂なんて走れない。ああ・・・ここも去年は走ってのぼったのに。
20キロ地点ですでに去年より30分以上遅れてる。


給水もしっかり取り、食べ物も食べて、エイドでは毎回頭から水をかけてるというのに・・・。
ただそうこうしているうちに木陰が増えてきて、暑いは暑いけど少しずつ走れるようになってきました。
あと練習で走った道にさしかかると、見慣れているせいでうれしくなってどんどん走れてくる。
友達に会ったり、おしゃべりしたり、写真を撮っているうちに元気が出てきました。
今年はスペシャルは預けなかったんですけど、先にリタイアした友達が冷えたカロリーメイトジェルを分けてくれてまた元気が出てきました。
あとFBのラン友仲間が暑い中応援にきてくれていて、飲み物以外に凍ったタオルをくれて!
もうこれがびっくりするくらい効いた!首に巻いてたんだけど背中まで冷えて身体がラクになりました。
今回、隠岐の島ウルトラでやってみてよかった「ジップロック作戦」でジップロックに氷を入れてもらって冷やしながら走りました。
これもめちゃくちゃよかった♪溶けるのすっごく速かったけど(笑)冷たい水は飲んだり頭からかけたり、有効活用できました。


高山過ぎてもっと行ってどのへんだったかなあ・・・速いランナーが復路を走ってきてすれ違うようになりました。
ここで友達を探すのがこのレースのいいところ。道幅が狭いので、本当に「すれ違う」ことができるのです。
友達もチームの仲間も元気に走っててよかったよかった。
あとすれ違うときにエイドまでの距離や折り返しの場所を教えてくれるのも励みになりますね。
あれは他のレースにはなかなかないですよね。それも見知らぬランナー同士で励まし合うんです。
もうね「オクム」というレースでつながってる仲間なのです。

と、遠くでごろごろいう音がしてきて雷雨が近づいていることがわかりました。
予想より早い時間です。やばい。
チームの私設エイドでフルーツもらって、丸山の折り返しに着くころポツポツ降りだしました。
と思ったら急に気温が下がってあっという間に土砂降り!!
うひゃー、どうしよー。

続く

|

« またまた3連休 | トップページ | 奥武蔵ウルトラ2014後編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« またまた3連休 | トップページ | 奥武蔵ウルトラ2014後編 »