« 意外と走った5月 | トップページ | 秋のフル »

2014年6月10日 (火)

ウルトラの個性

先々週末からまったくでなかった声が少しずつ出るようになってきました。
んー、でも3分の1も出ないかなあ・・・
こないだの週末で出なかったら今週末のウルトラはDNSにしようかと思ってました。
まあでも必要最低限しか声を出さなければなんとかなるか。
当分外食も宴会も全部キャンセル状態です・・・やれやれ。


と、今月に入り毎週のようにウルトラやトレイルのレースが開催されてますが。
フルとかよりもずーっと個性が強いんですよね、ウルトラやトレイル。
個性が強いから、好きか苦手か結構分かれたりする。そのへんも実はおもしろいなあと思います。

でも私は100㌔は4本、100㌔超3本、200㌔超は1本しか走っていないのでまだよくわからないのですが・・。
こないだの週末開催されていた飛騨高山ウルトラ。
去年100㌔に出てきつかったし、熱中症になりかけたし、ワーストタイムだったけど、でも実は結構好きで。
なんというか・・・飽きがこないというか。
山とかアップダウンが絶妙なところが退屈しなくて好きなのかも。
タイムは出ないけど、次々出てくる山にどう向かうか!ってところがおもしろいなあって。


2年前に出た秋田内陸ウルトラはそこまでアップダウンはないんだけど、でもやっぱり奥武蔵ウルトラのような小刻みなアップダウンが飽きないところかも。(走ってるときは嫌になってたりしますが・・・)
最後の方の平地は結構辛いけど、最後にゴールの街を見下ろして下って行く爽快感!
あー、出たいなあ・・・また。


今週末の隠岐の島も果てしなくアップダウンが続くそうなので、どう感じるか楽しみです。
でもえぐくても野辺山は出てみたいなあ・・・

出たことないけど、きっと柴又とかはダメなんだと思います・・・ずっと平地って、同じ筋肉使い続けるから実はすごく疲れるというか。本当のスピードランナーはこういうコースでタイム出すんでしょうけどね。

今年最初で最後の100㌔、どう走れるかなあ。楽しんで苦しんできます


|

« 意外と走った5月 | トップページ | 秋のフル »

running」カテゴリの記事