« Oxfam Trail Walkers Japan | トップページ | 汗腺を鍛える »

2014年5月29日 (木)

走力の底力

ランナーズの付録「全日本マラソンランキング」で去年の21位から31位と大幅に後退した私ですが
まあ懲りずに来シーズンもフルを走ることにします。


今や年間走るレースの本数も、フルよりウルトラの方が多くなってしまい(ハーフはもう1本くらい)周囲からも「フルやるの?」といわれてしまう有様ですが。
正直、もうフルはいいや!と思ったこともあります。たいして速くもないのに生意気だと思われていたと思いますが。
スピードがない私には本当にフルの練習は辛くて苦しくて。逃げようとしてたのかもしれませんね。


でももっとちゃんとフルの練習してレースもちゃんと走ろう!って思ったのはウルトラに出たから。
特に250キロのレースに出たことが、もっとスピードもがんばらないといけないと思わせたのでした。

超長距離レースは、私の場合あとのことを考えて無理をしないよう、脚が持つよう、と思って抑えて抑えて走りました。
でもこの抑えてのペースがあまりにも遅すぎる。
今回はラッキーにも時間内にフィニッシュできたけど、コースアウトのタイムロスを置いても余裕がなさすぎます。
もっとペースを上げても余裕で走れるように、底力を上げないと、いつまでも「運」では完走できません。
もちろん戦略はすごく大事だけど、走力あっての戦略ですから。

よくフルとウルトラは無関係とか、ウルトラ走るとフルが遅くなるとかいわれます。
これはランナーによってさまざまで、全員に当てはまるものではないかなあと思います。
少なくても私はウルトラ走り出してからフルのタイムも伸びたし、フルの練習がウルトラにも役に立ってると思っています。
それに100キロはフルの延長戦にあるものだ、というのは今年特に痛感するようになりました。
今年はタイム狙いの100キロには出ないので残念ですが、いつかフルの練習も100キロに活かしたいと思います。

あ、でもレースは2本くらいでたくさん出る予定はないですが・・・

|

« Oxfam Trail Walkers Japan | トップページ | 汗腺を鍛える »

running」カテゴリの記事