« 飛騨高山ウルトラ100㌔レース後半 | トップページ | 自分が何をやりたいか »

2013年6月14日 (金)

飛騨高山ウルトラ100キロ雑感

というわけで飛騨高山ウルトラは無事完走できたわけですが、書いてこなかった補給とかその他もろもろのことを。


今回最大の反省点は水不足ですが、こんな気温になるというのは現地に入ってからわかったというのもあり・・でもボトルポーチ用意してたら違ったかなあとは思います。
ただ5月に萩往還に出たとき、ここはマイコップ持参レースだったのでコップ以外にペットボトルも持っていてそこに給水しようと思っていたのです。
が、私だけでなくほかのランナーもエイドでことごとく断られ・・・・ここで飲むだけにしてくださいと。でも萩往還はコンビニゼロが何十キロも続くところがあり、寒いくらいだったからよかったものの、それってどうよ?と思っていて。
なので飛騨高山で持っていても給水はできないだろうと思ってました。


ところが、ここのエイドはペットボトルでも頼めば何度でも給水入れてくれるし、どれだけおかわりしても嫌な顔ひとつされませんでした。
脱水しかけていた私は「しまったー!」って思いました、はい。
まあ、そんなことがあったので今回のエイドはどこでもびっくりでした。


あと地元の名産品が本当においしくて、クッキー以外は全部食べたかな・・・よもぎうどんにおそば、白玉ぜんざいにアップルトマトジュースなどなど。その中でダントツおいしかったのがどぶ汁!!
70キロ過ぎの1番へろへろな時にエイドにあって、見た目はどろどろポタージュに見えて飲む気にはなれなかったけど・・・
でも飲んだらびっくり!!めっちゃくちゃおいしい!!
「たくさんありますからお代わりして元気つけてー」
と言われて遠慮なく3杯も飲みましたこれ、お豆腐が固まる少し前の崩れたものが出汁でのばしてあるという感じで・・・豆乳より飲みやすくしかも冷やしてあってたんぱく質豊富♪
同じエイドにはプチトマトもあって、ぱくぱく食べてたらカップにたくさん入れて持たせてくれました♪
なんかねえ・・・すごくエイドの皆さんがわかってるというかランナー目線だったのがうれしかったですねえ。
あと応援や私設エイドの方々も経験者ばかりだったようで、細やかな気配りや声かけがとてもありがたかったです。


そんなわけで、ジェルは3つ持ってましたが結局1個しか取らず(あれだけおにぎりだのなんだの食べてたらいらない・・・)サプリはウィグライを5つ、アミノピュアは2つ取りました。アミノピュアはLグルタミン酸ですが、今回特にきいたと思います。薬は今回も持って走らず。念のためにレストにロキソニン・胃薬はおいておきましたけど使用せずでした。


最後にやっぱりここに出るにはかなりのアップダウンの練習が必要だということは痛感しました。
なにしろ100㌔のうち完全に平地だったのってどれだけあったんだろう・・・。上りや下りの連続に耐えられる脚力も当然必要ですが、エネルギーを温存しつつうまく坂を攻略するのは経験や練習以外はないだろうと思いましたね。本当にいい勉強だったし、こういうコースに挑戦するのも悪くないなと思いました。

と、そろそろ飛騨高山は忘れて次に行きたいと思います。
サロマまで筋力落とさずにうまく疲労を抜かねば・・・・

|

« 飛騨高山ウルトラ100㌔レース後半 | トップページ | 自分が何をやりたいか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飛騨高山ウルトラ100㌔レース後半 | トップページ | 自分が何をやりたいか »