« 大阪マラソン日記その3 | トップページ | つくばの前に究極の選択 »

2011年11月12日 (土)

レースとレースの間の難しさ

大阪マラソンの余韻はとっくに消えまして・・・


次はつくばです!27日です!


まあ自分が4週間後にレースを入れるのがいけないんですけど、
レースからレースの間が難しい。
もっといえばレースの直前・直後も難しい。

直前はもちろんどう調整していくかという点で
経験豊富な人はまだしも、そんなにレースの回数をこなしてない人
ましてや初めてじゃ本当にわからない。


でも天気が悪かったり忙しかったりで2,3日走れなくて
次走るときに妙に脚が軽い感覚。
あ、疲れが取れたんだなと感じるとき。
でもこの走らない日がもっと長くなっちゃうとなまってしまう。


市民ランナーはこの点走りすぎの傾向が多いそうです。
距離に対する不安もあってついつい直前まで走ってしまうんですね。
どのくらい練習量を落として疲れを取りつつ、脚を維持するかは
個人差もあるので自分で試してみるしかないと思います。
レベルでも、その前の練習量でも違うでしょうし。


あと直後。
筋肉痛がひどかったり、疲労困憊で走る気力がなければ
もちろん走らないと思いますが、難しいのはそんなに疲れてもないし
故障も違和感も感じないとき(今回の私)。
でも練習とレースはやっぱり負担が違うので、元気と思っても
しっかり休んで疲れはとったほうがいいと思います。


私も大阪のあと、水曜に軽くジョグして脚の様子や疲労具合を
確認しましたが、問題なくてもその後は週末までしっかり休みました。
復活もレ-ス前より距離も速度もかなり落として、です。
これでつくばまでどうキープするかですが、20代の若者ではないから(笑)
もう無理はせず低め安定でいくことにします。
ここで故障したら取り返しがつかないから。


それと同じくもっと気をつけたいのが風邪をひかないこと。
レース後は免疫力が落ちているので、無理をしないのが1番。
風邪をひくと、熱を出したり咳をしたりで体力も筋肉も落ちてしまいます。
治らないままレースに出てもいい走りができるどころか
余計体調が悪くなる可能性も。
いくら今まで練習しても体調崩したら水の泡です。

なので今日もゆっくり2時間走ってきました。
明日はもう少しペースは上げますが、前よりは距離は延ばさず無理せず
走ろうと思います。

|

« 大阪マラソン日記その3 | トップページ | つくばの前に究極の選択 »

コメント

けろちゃん、こんにちはー
10月大会ぶち込みまして毎週かけっこ。
11月6日ではしろさんとも久しぶりにお会いして神流走ったんですよ。
そこに脚の疲れは残ってたみたい(^^;
思い知りましたー
ピーク持ってくるのってほんとに難しいですね。
つくば、気温も落ち着きそうなので快走してきてください!

投稿: あちら | 2011年11月16日 (水) 10時56分

あちらさん、すっかりコメント遅くなってごめんなさい!(家からじゃないとコメントできないようで・・・)

10月そんなに走ったんですかー!
私はつくばはこけて平凡なタイムに終わりました。大阪の疲れもあったのかも。

3月までフルはないのでまたゆっくり始動します。本当、レースのピークは難しい・・

投稿: けろ | 2011年12月 1日 (木) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪マラソン日記その3 | トップページ | つくばの前に究極の選択 »