« 爪がなくなっても疾走した | トップページ | 横田基地駅伝 »

2010年6月 4日 (金)

村上春樹とランナーの資質

今更なんですが、村上春樹さんの

走ることについて語るときに僕の語ること


を読み、失礼ながら「ひゃー!そうそう!」と
思い切り村上さんの肩をたたきたくなり・・・
(実際にはもちろんやってないけど)
そう思いたくなるくらい、あまりに同感する内容に
ぞぞっとするものがありました。


いや、これは村上さんが市民ランナーの1人だから
なんですよね。
アスリートの人にはわからないかも・・・この気持ちは。


201006041742000

まずはその資質。


村上さんは自分が長距離向きの人間(肉体的にも精神的にも)
と書いているけど、これが自分に本当によく似ていて
背筋がぞっとするくらい。


・1人でいることが苦痛でない
・むしろ1人でいる時間がほしい
・チーム競技が好きでない
・他人との勝ち負けではなく、自分との勝ち負けがいい

他に
・昔から長距離は得意だった
・故障がない
・心拍数が低くあまり上がらない←これは私には当てはまらないか?


特に精神的なところは小説を書く上でも共通するものが
あるそうで、彼は走りながら書くことを学んだという。
つまり、

・毎日コツコツ
・集中して取り組む
・続ける持久力が必要

ああもう、どれもこれも納得。


実はランナー仲間が増えていく一方、やめていく人も多いのです。
理由はさまざまで、そもそもダイエット目的だから挫折という人から
故障(主に脚)が理由の人、時間が取れないと走らなくなる人、
やってはみたけど向いてないと思ったという人
(こういう人は逆にチーム競技に向いていたりします)
フルマラソンを完走したら燃え尽きてしまった人・・・・・
別に無理して走ることもないので、やめるも続けるも
その人の自由ではあるけど、
メンタル系での向き不向きは大きいのかもしれない。

私がふと誘われて走ったらそのまま翌日から走り始めて
しまったというのも、向いていたからかもしれません。
特に絶対的にメンタル系。
私は見た目とはかなり違っていて、1人でいることが全く
苦ではない上に、チーム競技は本当に苦手だったから。


それにしても、そんなに熱心に村上作品を読んできた
わけじゃないんだけど、ものすごく親近感がわいてきた!
村上さん、ごめんなさい。
もう1回ちゃんと読もうと思います。

|

« 爪がなくなっても疾走した | トップページ | 横田基地駅伝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 爪がなくなっても疾走した | トップページ | 横田基地駅伝 »