« ポラールランニングアカデミー | トップページ | 自転車レーンを整備して! »

2009年9月27日 (日)

心拍トレーニング

今日は早速心拍トレーニング!


まずは自分のポラールでフィットネステストを開始。
(安静時心拍数などを計測)
最大酸素摂取量はなぜかさらによくなっていて、
酸素をうまく体内に取り入れることができているようです。
もちろん、これは定期的に計測することで
体調管理やトレーニング効果としてチェックできるというわけです。


今日は近所の公園周辺を軽く10キロ。
オートラップ(1キロごとに自動的にラップを取ってくれる)
機能でラップタイムと心拍数を一定にするようにしながら
走ってみました。


そしたら気づいた点が。


普通は速度を一定に保とうとするものですが、
心拍数を一定にすると、決して速度が安定するわけじゃないのです!


ずっと平地ならいいですが、坂道があるとのぼりは絶対心拍数上がるし
でも下りはいくら飛ばしても上がりません。
しかも、ラップごとにタイムがよくなっていく。
つまり、同じ心拍数でも走ってるうちに速く走れるようになるということ。
5キロ過ぎ、10キロ過ぎでラクになるのは体感してましたが
数字でもハッキリ表れましたね。
速度が自然に上がっても心拍数は上がらないのです。


あと、コンディションがきついと上がるそうです。
つまり真夏の暑さはそれだけで体力を消耗します。
そんなときはゆっくり走っても心拍数は上がってくるんだそう。
それも納得ですね。


昨日ゾーン3で走ったときは
「なんだー、こんなにゆっくり走らないとソーン3じゃないんだー」
って思ったんですけど、それは走り始めだからであって、
10キロ走った結果としては、30キロ走で保っていた速度と
ほとんど一緒だったのです。
つまりゾーン3でちゃんと走りこんでいたってことなんですねー。


なかなかおもしろかったです!
と1回で楽しんでないで、継続しないとね。
それにしても最初ってもっとすぐに心拍数上がっていたんですよー。
コツコツ走ってきてよかった。

|

« ポラールランニングアカデミー | トップページ | 自転車レーンを整備して! »

running」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポラールランニングアカデミー | トップページ | 自転車レーンを整備して! »