« 2019川の道フットレース514キロ(~旧三箇小学校) | トップページ | 川の道フットレース終えて »

2019年5月13日 (月)

2019川の道フットレース514キロ(~ホンマ健康ランド)

旧三箇小学校は名前の通り以前は小学校だったところをきれいに改装している施設だ。

ここを登る途中で地元の女の子に声援を受けた。この先こんな声援にたくさんあうことになる。

先に着いていると思ったゆりちゃんがいない。でも抜いた記憶はない。どうしたんだろう・・・。でもとにかくお腹が空きすぎてまずは食事!!おいしい♪カレーもぺろり、地元山菜の汁もおいしい、全身疲れてるけど胃腸は元気らしい。

ここの布団はよく眠れる。女子部屋は先に到着している岡さんしかいないのでとっても静か。寝過ごすのが怖いので目覚ましをかけて4時間ほどぐっすり眠った。起きたらまたお腹が空いていたので(笑)山菜卵とじ丼を食べていると次々到着するランナーに会う。ゆりちゃんは脚を傷めてだいぶ後方にいる竹ちゃんを待って一緒に進むつもりらしい。松竹コンビ、いいな。竹ちゃんの川の道への想いを1番わかっているのはゆりちゃんだから。先に行くね、と声をかけてスタートする。中川さんは帰りの交通手段の関係で最低限の休憩で行ったよう。

 

15時10分くらいに再スタートだったか・・・朝の気分だが世の中的にはもうすぐ夕方だ。十日町はお祭りをやっていたらしく(撤収中だったけど)人がまだ結構いて応援を受ける。民家から人が出てきてスポドリやお菓子をくれたこともあった。去年よりだいぶ認知度が上がってる感じ。立ち寄ったコンビニでもレジのお姉さんにいろいろ聞かれて説明するとびっくりしながらも応援してくれた。この先真夜中の長岡でも応援や興味ある人が質問してきたりした。新潟に入ったらずいぶん違うな。

 

次のCP和田邸まではさみしいところをひた走る。魚沼橋のずっと手前で日が暮れて小千谷市の街中まではかなり暗い。でもしっかり寝たせいか元気に走れてる。まあ当然もうスピードはないのだけど。去年走った道でも時間帯が違うとまったく違う景色に見える。この道でよかったっけ?と不安になりながら和田邸(437.2km)に到着。23時12分。もう1人後ろから来たランナーと2人だけで静か。ゆっくりワンタンをいただく。中川さんはここで1時間ほど寝ていったそうだ。(奥に快適に眠れるスペースがある)寝ていく?と言われたが全く眠くなかったのでお礼だけ言ってスタートした。思えばこのあたりは本当に元気だった。

 

深夜でも酔っぱらいでにぎわう長岡の街を抜け、ひたすら続く直線で少し疲れが出てきた。無理もない。旧三箇小学校を出てもう60km以上走ってるわけだから。見附大橋を登ったところで朝日が昇ってきた。何日だっけ?5月4日か。で、ここから急激にパワーが落ちて走れなくなる。

 

ここから次のCP三条大橋まで13kmくらいなのに果てしなく遠くて全然進まない・・・そしてまた睡魔。こんなに遠かったっけ?一気に走りぬいた去年を思うと情けないくらい進まない。三条大橋(474.9km)になんと6時55分。すっかり明るくなっている。かなり疲労がたまっているので、いつものコンビニじゃなくて朝マックにしようとマクドナルドに寄ってみる。朝なら空いてるかと思ったら店内すごい行列!!なぜこの時間に??カウンターの店員はたった1人で大量のお持ち帰り注文をさばいていた・・・これから遠出する前に寄って行く人たちが多いのかも。あきらめていつものコンビニ朝ごはん・・・・

 

と、前方から手を振って走ってくる人が。なんと京都から応援に来た仲井さん!奥様がハーフに出ているので逆走応援しているらしい。20分くらい前に中川さんにも会ったよと話していた。なんか人に会えるだけでうれしい♪こんな長いコースで会えること自体が奇跡!(笑)

元気はもらえたがそうは簡単に復活しない。すでに歩く方が走る方より多くなっていた。

 

 

ここからは果てしなく続く直線道路だが、私はどんどんひどくなる膝の痛みと戦っていた。明らかに左は大きく腫れている。歩いても衝撃が響いて痛い。でももうネガティブな気持ちはなくなっていた。とりあえず前に進めている。時間はたっぷりある。いつかは絶対ゴールにつける。

それでもいろいろどうやったら走れるようになるか実験の繰り返し。川の道のエキスパートでもあるMさんの足を引きずって走る方法を思い出し、あえてずるずる引きずって走ってみたり。でもこの走法は脚に衝撃がこなくてしばらくはずっと走れるようになった。白根バイパスの細かいアップダウンもなんとかこの走法でしのげたが、信号待ちで止まったとたんに脚が固まってまた走れなくなってしまった・・・(涙)

 

 

もう川の道岬まで全歩き。歩くと本当に遠い。去年の雷雨と違って快晴の気持ちいい中走れたら最高だったのにな。

やっとのことで晴れ渡った川の道岬(510.4km)に到着!真っ青な海、真っ青な空。あとはゴールまで行くだけ。と、そこを軽やかに抜いて行くランナー。胃腸の不調でずっと歩いていた竹田さんだ。復活したのかと思ったら、復活してないけど最後は走るという。

 

ここでスイッチが入って3kmしかないけど、私も力を振り絞って走り出してみる。痛い、けど走る。最後は走らなきゃ。信号待ちでまた脚が固まってしまう。でもふんばる。歩くのと変わらないスピードだったけど、ホンマ健康ランドのゴールに到着!5月4日15時7分。

102時間7分の旅がようやく終わった。

 

|

« 2019川の道フットレース514キロ(~旧三箇小学校) | トップページ | 川の道フットレース終えて »

Race」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2019川の道フットレース514キロ(~旧三箇小学校) | トップページ | 川の道フットレース終えて »