« 2018みちのく津軽ジャーニー263キロ(~スタート) | トップページ | 2018みちのく津軽ジャーニー263キロ(~ふれあい文庫) »

2018年7月21日 (土)

2018みちのく津軽ジャーニー263キロ(~鰊御殿)

弘前公園を出て一路岩木山方面に向かいます。
弘前公園RCのメンバーがガイドランナーとして先導してくれています。ガイドランナーより前に出たら失格ですよ(笑)。
暑いとはいえ、風があるせいか去年よりだいぶマシです。まだ日が暮れていないので足元も明るく走りやすい。
全体的にペースが速くて(と感じた)途中トイレに寄っていたらもう誰もいなくなってしまいました・・・。
早々と単独走です(笑)

2年前コースで今年復活した嶽温泉。ここのCP(19.4キロ)には明るいうちにつけるだろうと思っていましたが予想通り。
いつも走り始めてから思い出すんですけど、ここまでずっと登りです(笑)ゆるかったりきつかったりしますが。
ここをがんばると地味に消耗する気がするんですが、毎年みんな速いですね。


嶽温泉を下ると黒森との分岐までアップダウンという感じ。湿度が高いからか、結構なガスです。
またここから鰺ヶ沢まで後半自販機があるだけで何もない真っ暗な中を走ることになります。
黒森との分岐を右折するとずっとゆるゆると下り。こんなに下ったっけ・・・・去年はもうこの辺暑くて自販機給水ばかりだったので、記憶がなかった様子。
この下りで車を出して飲み物提供してくれている人が。うわあ、ありがたい!ここにあるということが素晴らしい♪ありがとうございました!

だんだん集落が出てきて鰺ヶ沢へ。CP2日本海拠点館(46.4キロ)22時38分着。
ここは給水と軽くつまんで行きます。ここにはトイレはないので、この先の公衆トイレかローソンを使うことになります。この公衆トイレが記憶より遠くて・・・・通り過ぎちゃったかと思った(笑)。ローソンはスルーしてこの先R12へ左折する角にあるローゾンに寄ることにします。

このR12への曲がり角まで何もなくて結構だれるところなのですが、今年は真っ暗なので逆に余計なものが見えずに淡々と走れる感じ。ローソンさえ見つければいいわけで、暗いということは悪いことでもないんだな、と。
これはR12へ入ってからも同じで殺風景な中を走るのに暗い方が集中できる感じでした。
亀ヶ岡遺跡のエイドまで10㌔以上あったはずなので、ここはじっくり急がずに。
しかし今年はこの道が道路工事だらけでした。夜中だからよかったけど、明日明るいうちに走る188キロのランナーは走りにくいだろうなあ・・・。


CP3亀ヶ岡遺跡(64.5キロ)に到着したのは午前1時を過ぎていたような・・・明るいとすぐわかる遺跡が暗いとうっそうとしてよく見えなかったです。ここでスタッフのたまちゃんとしばしおしゃべり。
あ、ここまで何もないと思い込んでたけど、実際は自販機がところどころありましたね。これも夜だから気づけたのかも。
さてここからコンビニまでは約10㌔。だんだん補給場所の間隔が長くなっていきます。
このファミマからレストポイントの鰊御殿までは18キロくらいあったはず。ところが今年は途中で簡易エイドを出してくれることになってました。ありがたいありがたい。
去年もおととしもこの辺はお友達ランナーと一緒だったんですけど、今年はそういう人もいなくてもうずーーーーっと単独走。スタッフに会えるだけでなんか気持ちもうれしい♪


旧道抜けて十三湖大橋にかかるとうっすら明るくなってきました。朝4時。夜明けです。
あまりの美しさにしばらく眺めて写真パチリ。こういう風景が見られるのも自分の脚でやってきたから。
そのうち去年のレストポイント中の島ブリッジパークが見えてきました。その向かい側にあるきれいなトイレに立ち寄って(本当はこのへんしじみ関係のお店がずらっと並んでるんですけどね・・・やってない)あと6キロくらいで鰊御殿かな。


R339に合流してだんだん登りが増えてきます。あ、鰊御殿の看板が見えた!2年ぶりの鰊御殿。CP4(92.4キロ)4時53分着。さて、ここではおいしいカレ-が待ってる♪

つづく

|

« 2018みちのく津軽ジャーニー263キロ(~スタート) | トップページ | 2018みちのく津軽ジャーニー263キロ(~ふれあい文庫) »

Race」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2018みちのく津軽ジャーニー263キロ(~スタート) | トップページ | 2018みちのく津軽ジャーニー263キロ(~ふれあい文庫) »