« 2016雁坂峠越え秩父往還走145㌔~スタート  | トップページ | 2016雁坂峠越え秩父往還走145㌔~秩父  »

2016年9月22日 (木)

2016雁坂峠越え秩父往還走145㌔~川又 

スタートからCP1までは登り調子のロード。大体35キロで道の駅みとみに着きます。
ベテランランナーも速いランナーも実はここの区間が苦手という人は多いです。
今年はまだマシだけど、暑いし結構な起伏もあり、途中からはコンビニもなくなってくる。
試走はしていないのでまさに2年ぶりにこの道も走る。あ、最初のほうは6月の「鳥の旅」で走ったっけ。

ゆっくりマイペースで走っていると雁坂を知り尽くした(レースと試走合わせて30回は走っているそう!)末さんたちに会って、水がおいしいところとかいろいろ教わりながら走る。過去2回はここをもっと速く走ったけど、超ウルトラも最初は抑えめにすることにした。
CP1に9時40分ごろに到着、補給やトイレを済ませて埼玉側へ行くバスを待つ。その少し前から雨が降り出してきていてバーサライトを着る。車内に冷房が入っていたら冷えてしまうから。
17分ほどで出会いの広場に到着。バスから降りると即スタート計測だ。


なんか土砂降りになってきてる・・・。ここからの登山路は初めて通るコース。
試走してた人たちの写真は見てたけど、実際登ってみると・・・・・
最初のうちはまあ普通の登山路だったけど、今降ってる雨とおそらくその前から降り続いていた雨でどんどんトレイルがすごいことになってきた・・・。

最初に滑落したのはどのあたりだったかなあ・・・。ちょっと滑ったら全然止まらなくてそのままざーっと落ちていき!!!必死に草をつかむも登れない。周りを見て多少草が生えているところまで這って移動して這い上がる。
登った先に落ちていた木の枝をつかんで最後までそれをストック代わりにして進む。
道を譲るとぱっと走って後続のランナーが先行するけど、その人もその先で滑って滑落。しかもその瞬間攣ったらしく動けなくなってる。後ろからもざーっと人が落ちる音がする。なんか地獄絵のよう・・・・
結局小屋まで3回も滑落してどろどろぼろぼろになってた。途中の丸太橋がありがたく思えるほど。(でもこの橋でも滑落した人が出てたらしい)


さすが2000m越えの雁坂峠、小屋につく頃はすっかり冷え切っていて暖かいおかゆのうれしかったこと!
しかもすごくお腹が空いていてお代わりもし、おにぎりもしっかり食べてさらに登る。ここは今回の新コース。
しかしこのすごい雨で2キロ増えるのは個人的には辛いなあ・・・。
と、ぱっとひらけて懐かしい雁坂峠!まったく眺望はなかったけど、2年前脱水で倒れて30分以上動けなかったことを思い出した(笑)。
一度小屋まで降りていよいよ下山道。しかし登りがあの状態じゃいったい下りはどうなっているだろう・・・


3年前もぐちゃぐちゃずるずるで半泣き状態で降りた下山道。あの時よりひどいはず。
避難小屋まではたいしたことはなく、その後もぐちゃぐちゃながらスイスイ降りていたのにキター!!
粘土質むき出しの油をひいた鉄板のような道(笑)。ここも片側切れ落ちていて登りより滑落したら本気でヤバイ。
どこに足を置いても立っていることもできず、少しはずれた草や木の枝の場所を通ってもずり落ちてしまい、木の根っこをつかんで膝で横移動する。ジグザグに降りるところは一度滑ると止まらないので(笑)そのまま滑り落ちるなど、ほぼアドベンチャーレースのようになってきて、やっと国道が見えてきたときは一緒にいたランナーたちも「やったー!」と思わず口にするほど((笑)。
もうくたくた・・・お腹が空いてるのに泥だらけでジェルも出せない。どっちにしろ立っていられないので無理なんだけど。

やっと国道に出ていくら雨でも薄暗いなあ・・・と思ったら16時過ぎてる!!マジか!こんなに遅くなったことないし、6時間もかかってたなんて。
ロードがこんなにありがたいと思ったことはない(涙)。もうすぐエイドだけど空腹に耐えれらず走りながらジェルを飲む。やっぱり持っててよかったー。CP3にはまことちゃんカレーが待ってる♪
しかしこんなに遅くなって大丈夫か?私・・・・。

|

« 2016雁坂峠越え秩父往還走145㌔~スタート  | トップページ | 2016雁坂峠越え秩父往還走145㌔~秩父  »

Race」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2016雁坂峠越え秩父往還走145㌔~スタート  | トップページ | 2016雁坂峠越え秩父往還走145㌔~秩父  »