« 第1回みちのく津軽ジャーニーラン~金木町 | トップページ | 旧道を味わう »

2016年7月25日 (月)

第1回みちのく津軽ジャーニーラン~ゴール

このCPの前には「斜陽館」がそびえたっています。思っていたより大きい。でも暗くてよくわからないのが残念・・。
次のCPまでは11キロ。ちょっとほっとします。が、実はここが睡魔との闘いで・・・。
どうやら夜明け前が弱いようです。萩でも猛烈な睡魔に襲われたのは、2晩目の夜明け直前でしたし。
睡魔というか、エネルギー切れというほうが正しいかも。遅いのに心肺が苦しくて走れなくなるのです。
で、歩くと眠くなる、ペースがた落ちという悪循環。

で、今回も股関節動かす大股歩きをやってみました。
こうすると心肺はラクだけどスピードは大きく落ちない。落ちないから眠くならない。
これをしばらく繰り返して復活するのを待ちながら走ったり歩いたり。


CP8みちのく銀行松島支店(159キロ)はわりとあっさり到着しました。
エイドにつくとなぜか今まで会わなかったいろんなランナーに出会えます。
奥の椅子では座ったまま寝てる人も。朝4時も過ぎたので外が明るくなって走りやすくなってきました。
ここでライト関係は全部しまってすっきり。
次のCPまでまた30キロあります・・・。まあ前の区間とは違ってコンビニもあるようなのでちょっと安心。

ここから19キロ先の藤崎で右折するまでひたすら国道399号を進みます。
長い・・・・ひたすら長い。そして行けども行けども田んぼだけ。
しかし鶴田を過ぎて板柳に入ると急にりんご畑が増えてきます。
そうそう、板柳はりんごで有名なところ。ちょっと仕事でかかわったことがあるので記憶にあったんですね。
こういう畑の変化も走ってて楽しい部分でもありました。
りんごだけでなくブドウも栽培してたし、スイカやメロンもこんなに栽培されてたとは知りませんでした。
藤崎駅の表示が出てきたらもうすぐ藤崎!
それにしても2日目の朝はまさかの晴れで今度は暑い・・・。ほとんど日影がなくてやっぱり雨のほうがいいなあ・・・。と藤崎に到着!

とここで信号待ちしていた人がこれまた知り合いで(笑)。でも実はちゃんと話すのが初めてで、ここから最後までご一緒することになりました。
舟場で左折すると黒石に向かう細い道になります。あと10キロくらいでエイドかな。暑いけどがんばる。もう眠くもないしなぜか足も元気で前より走れるようになってました。
あ、書くの忘れてましたけど30キロくらいからずっと右足の甲が痛くて、ダメかと思ってたんですけどいつの間にか忘れちゃってました(笑)。
黒石の町はちょっとわかりにくかったけど無事にCP9津軽栗石こみせ駅(189.2キロ)着。やったー!
もうあと11キロしかないよー。ここの商店街は黒い木製の味のある建物が続いていて、風情のあるところでした。
しかし名物の「黒石つゆやきそば」はまだエイドにはなく・・・・がっくり。食べたかった・・・。

最後のCP10田舎館役場前(194キロ)のこの役場はすごかったです!
遠くからでもわかるお城の形(笑)。天守閣まであってそこに登ると隣の田んぼアートがばっちり見えるようになっていたのですが・・。中を見るとすごい人!しかも一緒のランナーはかなり疲れている様子だったので登らずそのまま行くことにしました。どいうやら暑さにやられていたようで、途中で水を買っては頭からかぶってました。
だんだん弘前に近づくにつれ人も車も増えていきます。ゴールのさくら野百貨店も見えてきました。
もう終わりか・・・・帰ってきちゃったんだな。
いつもゴールはほっとする気持ちとさびしい気持ちが複雑に絡むんですよね・・・。
で、ゴール!長い旅は終わりました。


初青森、お天気はイマイチでしたが満喫できました。
遠い分早く帰らざるをえないのがちょっと残念でしたが・・・・。
地元の方を含めたスタッフの皆様、沿道で不思議に思いながらも応援してくださった方々、一緒に走ってくれたランナーの皆様、ありがとうございました。


|

« 第1回みちのく津軽ジャーニーラン~金木町 | トップページ | 旧道を味わう »

Race」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第1回みちのく津軽ジャーニーラン~金木町 | トップページ | 旧道を味わう »