« 伊予灘行脚100㌔その2 | トップページ | 伊予灘行脚100㌔その4 »

2015年11月 6日 (金)

伊予灘行脚100㌔その3

再度来島大橋を渡って戻るときに2人くらい抜いた記憶があります(知らない人でしたが100㌔ランナーでした)。
今回スタッフをしてくれた、さくら道を一緒に走った四国ランナーが応援逆走してくれてました。
(その後も何度か会えました)

糸山公園の来島エイドに到着。たぶんここで53㌔くらいだったはず。
ここは唯一ドロップバッグを預けられる場所で、預けておいたオルガニックを飲み干し(暑かったから助かった!)コンビニで買っておいたフルーツたっぷりゼリーをぺろっと食べ(ウルトラ走る時はこの手のゼリーが助かります)エイドにあったコーヒー牛乳(今回どのエイドにもあってうれしかった)飲んだり、パン食べたり。
ここで2人のランナーに会えました。

その後近くの施設でトイレをお借りして、朝来た道を逆にたどり・・・・でも今度は海沿いを行くのでどこかで右折するはず。
と、ここで地元ランナーが曲がる場所を教えてくれました♪ありがとうございました。
あまりに普通の住宅街で(笑)教えてもらわなかったらわからなかったかも。
この先のコンビニのところまでは一緒でしたが、休憩しているようだったので先に行かせていただきました。

ここから果てしない1人旅・・・・。
いろんなウルトラに出ましたがここまで1人は初めてです(笑)。ま、人数少ないんだから当たり前か。
基本道なりなのですが、時々分かれたりするので油断大敵です。
それにしてもここ、何キロくらいなんだろうなー。距離がさっぱりわかりません。
コンビニ寄ったりしてるから時間見ても推測不可能。
ここから次のエイド(そして最終CP)ふわりまでが長かった・・・・1人だし海が見えそうで見えない道だし(笑)。
菊間というところが比較的お店があるところみたいですが(コンビニあり)、菊間という町名だけでも広い、長い。
やっと出会ったコンビニでまたドリンク買ってトイレ行って。相変わらず暑くて給水多めです。
それでもグーグルマップでチェックしておいた公園やCCを見つけると、よっしゃ!って元気が出てきます。


最後のエイド、ふわり到着。4時15分くらいだったかな?確かここからは21キロくらいだった記憶が。
ということは約80㌔地点か。
ここのエイド、ランナーは誰もいなくてしばらく休憩してても誰もきませんでした。
カップラーメンもあったけど、お味噌汁が飲みたくて作っていただきました。おいしかった!!
塩分が足りてません。こういう時のお味噌汁やめんつゆはすごくうれしいです。
それに近くの道の駅で買ってきてくれていたケーキがおいしかったです♪
そうそう、ふわりに着く前にも3人くらいランナーを抜きました。その中に1人222㌔の人がいたのですが、脚を傷めていてずっと歩いていたそうで。このランナー結局、途中ロストしてだいぶ余計に走ったあげく、夜中の12時半に無事ゴールしました!!!←マジですごい・・・


さて、ここからは日没との勝負。松山は東京よりは日没が30分ほど遅く、暗くなるのは5時半くらいでした。
少しでも明るいうちに先に進みたい・・・・と時計とにらめっこしながら進みます。
でも当然ルートがわかっていないので(笑)どんな道かよくわかりません。
そのうちトンネルが2つ出てきて(トンネルあったのか・・・知らなかった)出たらさすがに暗くなってきてハンドライトを点灯。チカチカライトはその前からつけていました。
と、前に4人くらいで歩くランナーのグループが。あ、222㌔ランナーだ!
ここはちょうど緩い上りが続いていて、100の私は走れましたがさすがに222キロのランナーには辛かったようです。
声をかけて先行すると、1人が「ゴールまで引っ張ってくれませんか?」と後ろからやってきました。
ずっと1人だったので喜んで一緒に走らせていただきました。

しばらく行くともう1人追いついてきて3人でゴールを目指すことに。
あと5キロのところで雨が降ってきましたが、寒くなかったのでちょうどいい感じでした。
もうこのあたりは街灯も多くて暗くても走るのに支障はないくらいでした。
松山城のお堀をぐるっと左折して大街道にある宴会場がゴールです。
はっと見上げると松山城がライトアップされて白く浮かび上がってました。きれいだったー。
宴会場に曲がる道にはスタッフが待っていてくれてお店でゴール♪11時間46分の旅でした。
でも全然長く感じなかったなあ。

つづく

|

« 伊予灘行脚100㌔その2 | トップページ | 伊予灘行脚100㌔その4 »

Race」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊予灘行脚100㌔その2 | トップページ | 伊予灘行脚100㌔その4 »