« 伊予灘行脚100㌔その4 | トップページ | 来年の川の道 »

2015年11月17日 (火)

第1回さいたま国際マラソン

ということで・・・・100㌔の2週間後にフルマラソン(笑)。苦手な上に久しぶり。

実はその後、早朝に何度もふくらはぎを攣ったりしていたからかふくらはぎが収縮したまま戻らなくなり・・・
ひどいことになっていました・・・治療院に行って2時間以上施術していただき(マジで痛かった・・・)レースはやめた方がいいんじゃないかと言われたのが4日前の火曜日。
直前で判断すること、終わったらまた見せにくること、を約束して様子見。翌日はばんばんに腫れて走るどころではなく。
でもあれ?木曜になったらだいぶマシになってる。恐る恐る5キロほどスピード上げて走ってみる。
んー。42キロはもしかして厳しいか・・・とりあえず大丈夫そうなペースで走ってみるしかないな。
そんなこんなで本番に。


おまけに金曜の夜は超変態ウルトラランナーの飲み会に行ってて、すっかり頭からフルのことを忘れ。
土曜になって真剣にもらったコース図を見ると、本当だ、かなりタフそうなコース
まあ今さらどうしようもないな、とペースも走り出してから考えることにしました。とはいえ、この調子じゃ330切るのは厳しそうです。


以下、ざっくばらんに感想です。

・コースは細かいアップダウンが最後まで続いてタフです。タイム出すのは難しいかも。ただし練習をきちんと積んだ強いランナーは実力発揮できると思います。チャレンジしがいはあると思います。


・今回は高温多湿で11月なのに汗だらだらでした。給水は豊富で困ることはなし。給食は3か所のみバナナくらいなのでエイドに期待する人には向かないかも。


・沿道の応援はすごかったです!ボランティアの人たちも常に声掛けしてくれてました。ありがたかったです。


・他のレースも同じなので書くこともないですがあえて・・・・制限時間は「グロスで4時間」です。

結局最初の5キロはキロ4分台で走りましたが、のぼりになるとぴきっとくる感じだったのでその後はやや抑え目に・・・。スタートしたときは小雨でちょうどいい気温でしたがとにかく湿度が高い。そのうち晴れてきたら日陰がなく堪えました。
絶え間ないアップダウンにひやひやしながらでしたが、チームメイトにランナー友達に、いろんな人が応援にきてくれてそのたびにパワーもらって前に進めました。
最後手先がしびれてきた感じだったけど3時間37分でゴール。とにかく水分が足りなくて、終わってからも水やスポドリをがぶ飲みしてました(笑)。いやあきつかった!


今回チャレンジャー枠で走らせていただきましたが、想像以上の待遇に申し訳ないくらいでした。
チャレンジャーしか入れないエリアに快適な更衣室、水とスポドリは飲み放題(しかも常温と冷やしてるものと両方あり)暖房も入り、荷物預けなし(貴重品は隣で預かってくれる)、トイレは専用、しかもその先外に出ると目の前はスタート地点。アップもそこでできました。
無駄に歩くこともなく、スタート整列しても脇にトイレを設置しておいてくれるというきめの細かさ。
私は使いませんでしたが、直前まで来ていた上着なども預ければあとで受け取れることにもなってました。
参加賞も一般とは違うものだったし、すごく歓迎されてたんでしょうかー(笑)。
なのにふがいない走りでさらに申し訳なかったな・・・。

最後に異論はあると思いますが(笑)個人的にはあのコース嫌いじゃなかったです。
確かにきつかったけど、でも走りがいがあるというか、攻略しがいがあるコースだなあと思いました。
とはいえ、11月半ばって本当フル走るのきついんですよねー。

と、さすがに大反省して心入れ替えて真面目にフルの練習することにします!!
こんな走りじゃ次は完走できないぞー。
もうあと12週ないので(マジ??)しっかりフルの走りができる脚作りがんばります。

|

« 伊予灘行脚100㌔その4 | トップページ | 来年の川の道 »

Race」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊予灘行脚100㌔その4 | トップページ | 来年の川の道 »