« バランス | トップページ | 村岡ダブルフル100㌔後編 »

2015年9月30日 (水)

村岡ダブルフル100㌔前編

9月も最終日だというのに3回目の投稿とは(笑)。


先週末第18回村岡ダブルフルウルトラランニングの100㌔に参加してきました。
なぜ「ダブルフル」なんて名前がついてのかは定かじゃないですが、そもそもこのレース88㌔からスタートして徐々に100㌔や44キロ、数年前には66㌔もでき、4種類もの長さに分かれています。


ベテランウルトラランナーにも「100㌔で1番きついのは村岡!」と言われたり、関西在住変態ランナーの皆様からのお誘いもあって、今年は雁坂ではなくこちらに参加してみました。


しかし東京からは遠いです・・・・新幹線で新大阪まで行き、そこからマラソンバスで3時間。
いったいどこかと思ったら但馬のほうなんですね。もう山陰に近いというか・・・兵庫県内在住の友達もどこにあるか知らなかったくらい。
今回は大阪や奈良から参加の方々(もちろん全員初対面!)と同じ宿でお世話になることに。ありがとうございます♪

さて、前日受付して当日は朝5時スタート。2時半に起きようかと思ったのに目が覚めたら3時!
でもたいした準備もないので朝ごはん食べたりしてゆるゆると会場まで。
ちなみに100㌔と88㌔の制限時間はどちらも14時間。(夜7時)
私はその7時発のバスを予約してあったのでなんとしてもそれより早く帰ってこないといけない!!
という個人的なプレッシャーが・・・

今回ウェアは普通の半そでT、ステラの短パン、キャップにサングラス(使わず)、シューズはJAPAN2.
ポーチなし、ゲイターもアームもなし、テーピングなし、のないないづくし。
一応予備でジェルは2個ポケットに。ここはエイドが充実していることでも有名なので、あえて何も持たずにいきました。スマホもなし。

スタート前に熊鈴をもらってつけます。おいおい、本当に熊出るの??
真っ暗な中スタート!商店街をぐるっと一回りしますが、提灯がついていてほんのり明るい。そして大勢の人が応援にきてくれています。ありがたやー。


で。この数百メートルの商店街の後はもういきなり上りです(笑)
どうやら去年と若干ルートが変わってるみたいで、さらに平地がなくなってしまったよう・・・。マジ??
15キロくらいまでひたすら上りです。
確か上ったところのエイドで焼き立てピザがありましたが、ちょうど私の時は品切れで(涙)スルーしちゃいました。
この辺で88㌔とは分かれてハチ北の民宿が並ぶ細い道を下ります。結構な勾配、しかも途中から未舗装(笑)。

そうだ、この下る前の風景が幻想的だったんですよねえ。雲海も見えて。このころはうっすら寒いくらいで走りやすい気温でした。
25キロくらいで66㌔のスタート地点。66㌔は8時スタートなのですたんばってる横を通過するとすごい声援とハイタッチ!
でもしばらくするとまた上りが始まります・・・・
このころになると太陽が出てきて気温も上昇・・・上りは汗だくになってきます。
そういえば今年は例年に比べると暑かったそうです。というか気温差が激しいですね、ここは。

なんかもうコースがよくわからないまま走っているので(笑)もういったい何回登ったか下ったかわからなくなっています。
一応蘇武岳に登る40キロから50キロあたりが1番きついというjことだけは聞いてたんですけど、それまででも十分きついんですが・・・
100㌔と88㌔だけたんぼの周りを周回させられたり(そこもアップダウン)でもすれ違いコースでもあったので、知った顔に会えてちょっと元気に!
そういえばペースとしては30キロで3時間5分くらいだったからエイドの時間を考えると平均キロ6切っていたようです。でもここ平地ないですから


しばらく行くと100㌔だけ外れた道へ・・・細い上りをひたすら行くとこれまた知り合い数名と会えました♪
あ、ここがうわさの100㌔だけの流しそうめんエイドへの道かしら♪
いかし流しそうめんまでにはえんえん上りが続くのでした・・・・・


つづく

|

« バランス | トップページ | 村岡ダブルフル100㌔後編 »

Race」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バランス | トップページ | 村岡ダブルフル100㌔後編 »