« 雁坂峠越え秩父往還走142㌔2014~西武秩父 | トップページ | 雁坂その後 »

2014年9月22日 (月)

雁坂峠越え秩父往還走142㌔2014~勝蔵寺

それにしても記憶なんて怪しいものだなあ・・と2度目の雁坂走りながら何度も思いました(笑)。

去年の記憶からするとR299に入ったら突然暗くなって、怖かったという印象がありましたが。
今年同じくR299入っても
・・・・暗くないじゃん。

コンビニもあるし(あったっけ??)自販機も結構あるし(これもあったっけ??)道も暗くないし!
でもだらだらずっと上ってたという記憶もありませんでした
去年はやっぱり大雨で視界が悪かっただけなんですかねー。今年は普通に感じます(笑)。
ずっと並走してくれている和ちゃんは超ベテランランナーさんでした。
(12年前に初めて雁坂完走!)


走りながらいろんなことを話してくれました。
以前はこの雁坂も正丸峠ではなく、トンネルの方を走っていたとか。
奥武蔵ウルトラもこじんまりとしていた時は前夜祭があって、夜中まで飲んで朝スタートしてたとか。
共通の知り合いランナーもいたし、練習場所のこととか話は尽きませんでした。
ほとんど脚を止めることなく走り続けられたのは和ちゃんのおかげです。


と、前方に座り込んで地図を広げてるランナーが。
「ここって正丸トンネルであってますか??」
残念ながら正丸トンネルの前にもう1つ短いトンネルがあるんですよねー。去年私も一瞬だまされそうになったんですが。
でもこのランナーさん、間違えて右折しなくてよかった。

で、本物の正丸トンネルの手前を右折して正丸峠に入ります。ここでも記憶とだいぶ違う・・・・・
視界がほとんどない真っ暗な中を半分寝ながら登っていたのですが、今年は・・・・明るい!!
気のせいかと思ったけど、街灯が増えたようです。
LEDの街灯のおかげか、やっぱりお天気のせいか、ここも普通に登れるし。
しかもすんごい勾配だった記憶なのに、奥武蔵より緩いよ、ここ・・・・(笑)
私の記憶や感覚がいかにあてにならないかもよーくわかりました
登った先のエイドでは給水くらいでさくっと退散。食べ物はその先のロックガーデンにしようと和ちゃんと決めました。


ここの下りは相変わらず暗かったけど(笑)ここは調子に乗って飛ばすと脚が死ぬことは経験済だったので、ゆっくり目に降りました。まあでもそもそも本調子でない脚にはそれなりに堪えました・・・・
途中RUN塾の江田さんが私設エイドを出していました。
去年も土砂降りの中を大声で声援してくださって、とても勇気が出たんでしたー。ありがとうございます!
ずっとずっと走り続けてCP7吾野のロックガーデンカフェ到着。112㌔くらいかな。

ここでは冷麦や果物などしっかり食べました。まだ大丈夫。
最後のCPを2時半に出れば残り18キロを3時間で行けることになります。
このへんはどのランナーも計算しながら時間に追われて走っていました。
それにしても和ちゃんもご一緒してくださった男性ランナーも(すみません、ゼッケンナンバー確認し損ねてしまいました)とても安定した走りです。ペースはまったく変わらず淡々と休みなく走り続けます。
ウルトラランナーの底力にずっと感動しっぱなしでした。


が。またしても異変を感じるようになりました。
だましだまし硬直した脚をなんとか運んできましたが、またもつれたりするようになってきました。
マズイ。ちょっと休憩しないと走れなくなりそう・・・・・
和ちゃんともう1人のランナーに迷惑をかけたくなかったので、少し休むので先に行ってくださいと伝えました。
「追いついてきてねー」
と2人は去っていきましたが、もう追いつく脚はないだろうなあ・・・でもまだなんとかなる。
サプリも飲みつつ少し休んで走りだしたとたんまたも転倒!!
もうそこから走れなくなってしまいました・・・・・

最後のCPは今年は変更でR15に入ってしばらく行った勝蔵寺でした。
そこに崩れるようにたどりつき、私の雁坂の旅は終わりました。


|

« 雁坂峠越え秩父往還走142㌔2014~西武秩父 | トップページ | 雁坂その後 »

Race」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雁坂峠越え秩父往還走142㌔2014~西武秩父 | トップページ | 雁坂その後 »