« 飛騨高山ウルトラ100㌔前日編 | トップページ | 飛騨高山ウルトラ100㌔レース後半 »

2013年6月12日 (水)

飛騨高山ウルトラ100キロレース前半

レース当日です。

今年からウェーブスタート制になり、私は4時45分スタート。会場には4時に到着するつもりで3時50分にS君とホテル出発。
気温は低めだけど特に寒いわけでもなく、むしろこんな気温でよかったという感じ。朝は曇りでした。
フルだと走る前にかなり食事もとるけど、ウルトラの場合どうしたって持たないし途中で食べるのは当たり前なので、苦しくない程度にしてます。胃腸は丈夫だけど、急にたくさん食べても負担がかかるだけのような気がして。


市役所の中にはいられるので荷物を預けたら建物内に直前までいられます。
ってことでスタート。

前日観光でまわった古い町並みも通って最初の8キロくらいは平たんな市街地。
街を出るととたんにのぼりが始まってきます。
いつものことだけど、特に今回はタイムを気にしてなかったというのもあり、ざっくりとしかコースは把握してなくて。
あれ、もうのぼるのか早いなあ・・・とまず1つめの山クリア。
ここは山練より全然楽なレベルでごく普通に走れます。


で、今度は20キロくらいからじわじわ上りだし、これが1番の山場ののぼりなんだろうなあと思って上る。
しかし上りはやっぱり苦手・・・・遅くてどんどん抜かれる・・・・汗もすでにぼたぼた。
しかも長い・・・奥武蔵みたいに上ったら降りてとかそういうのではなく、足柄峠のようにいつまでも上るタイプ。
そして足柄峠よりもっと長い(勾配はそこまでいかない感じ)。
30キロくらいでいったん上りが終了。気が付くと後ろから男性ランナーにぴったりつかれてた(笑)。
どうやらペーサーにされてた様子。よくあるんですよねー。
その後未舗装を2キロくらい下る。萩往還道に比べたら走れる砂利道。でも足首にテーピングしてきてよかったかも、とふと思った。

ん?
でも確か最高地点は「スキー場」じゃなかったっけ??
と思ったはしからまたしても上り・・・・(苦笑)なんだ1回下っただけかー。
ここから35キロ地点くらいの急なのぼりは歩きも入れてやっと。第2関門のスキー場に到着♪
お天気いいから景色がいいねー♪このへんでは気温は15度。快適快適♪

そこから一気に激下り!足柄峠の下りのデジャブのような感じ。
ひゃっほー♪苦しかった気分が一気に楽しくなって歌いながらがんがん下る♪
あー、こういうくだりがあるから我慢して上ってるんだよなあ・・・なんて楽しいんでしょ。
練習だとがんがん前もも使ってわざと走るんだけど、さすがにレースだし前半なので少しセーブする。
ストライドは小さく衝撃を抑えて前傾になって膝に負担がかからないように重力で下る。
上りで抜かれた分何十人も抜いたと思う。こういうときは体重が軽い方が有利。


このままレストの約55㌔までずっと下って平地かと思ったらまたまた上る!!
マジ・・・・よく見てなかったよ高低差
やっとのことでレストステーションに到着!そしたらドラゴンズランナーがなぜかユニフォームを脱いで立ってる。
ん??どうしたんだろう・・・・と思ったらなんとリタイアしてました。
レストといえどのんびりはしないのが鉄則!なので補給をしたりサプリ補充しただけで袋を戻す。
この時点で11位とわかった。女子は少ないから更衣室もたった1人・・・。まわりに女子ランナーはいるんだけど72キロのピンクゼッケンしかいないのだ。


あ、ここまで全部のエイドに寄って名物は全部おいしくいただきました。
トマトアップルジュース、よもぎうどん、白玉ぜんざい、ここではみたらし団子にトマトシャーベット。おにぎりも何箇所かでいただいたし、パンも結構食べた。
とりあえずまだまだ元気♪でレストを後にしたけど、本当の勝負はここからだったんですよね・・・。

つづく。

|

« 飛騨高山ウルトラ100㌔前日編 | トップページ | 飛騨高山ウルトラ100㌔レース後半 »

Race」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飛騨高山ウルトラ100㌔前日編 | トップページ | 飛騨高山ウルトラ100㌔レース後半 »