« 自然村さん | Main | ゆるがない本物 »

February 09, 2012

医者の書く健康本って

先日知り合いからこんな本があるよーと言われて借りたのがこの本。


50歳を超えても30代に見える生き方


タイトルも目を引くけどもっと目を引くのが表紙の著者の写真。
童顔なのかもしれないけど(白髪も染めてるかもしれないけど)
御年56歳とは思えない風貌!


ということで急いで読んでみました。(次の予約が入ってるらしい)

お医者さんの健康法ってもう定番といっていいほど
たくさん出版されているけど、共通点が見えてきました。
それは・・・


・早寝早起き
・基本菜食(絶対そうしろと言ってないがご本人たちはほとんど菜食)
・小食
・適度な運動(決して激しくなく。歩くのがいいらしい)


まあこれ以外に温めるとかいろいろあるけど共通項はこんなところ。
なのでこの本も目新しいところはなかったけれど
意外と食事に対する言及が多くて


・旬のものを丸ごと食べる(精製しない)
・皮はむかない、根っこも食べる、魚も丸ごと
・腹六分目


で、食事に関していえばまんまマクロビオティックでした。
ちなみにこの食事にしてから体重は15キロ落ち、血管や血液の年齢が
若返ったそうです。

タイトルや写真で勘違いしそうですが、60%は真面目な生物としての
話が多くて、細胞のことなどもなかなか面白かったです。
それにしても飢餓状態になると出てくる「延命遺伝子」の話は
耳に痛い・・。
常に食べ物が手に入り、困ることのない私たちはこういうことに弱いのかも。


あとおかしかったのは寿命を縮めるファクターとして、たばこが大きいのは納得として
男性は「独身」も意外と大きな要素だったこと。
結婚してなくてもいいんでしょうが、一緒にいる異性がいないことも
影響するんだとか(笑)。
「貧困」ゆえに不規則な生活を送り、ジャンクフードでお腹を満たしている
のも現代ゆえですね。


しかし現役の医者からこういう未病に対する本が出ると、今後の医療が
どうなっていくのか・・・と少し期待が持てます。


私自身はここに心の健康や楽しみも加えたいとは思いますが・・・・
でもこれって大事な要素だと思いません??


|

« 自然村さん | Main | ゆるがない本物 »

よんだもの・みたもの」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自然村さん | Main | ゆるがない本物 »