« ゆっくり動くことの難しさ | Main | 日本の庭の贅沢さ »

January 06, 2012

ネットにおけるジェネレーションギャップ

お正月には当然ですが甥っ子、姪っ子たちに会うわけですが・・・


2歳児・3歳児はまあともかくとして、小学生とは結構普通に
世間話したりしてますcoldsweats01
なにしろすでにi Pod touchも使いこなしてるし(音楽聞くだけだけど)
私のi Phoneにも興味深々。


この「若い」ゆえの柔軟性に驚かされることもしばしば・・。

彼のtouchはwifiに接続していないので、本当にただの
音楽プレーヤー。
モバイルwifi持って行って接続してあげればよかったなあ・・と
後で思ったんですけど。


なめこのアプリを見せてあげたら面白がってやってて、
どうやったら自分も入手できるのか聞いてきた。


だからインターネットに接続するとダウンロードできるんだよ
と教えてあげるともうぴぴっと頭に入ってる。
私のアプリをさっさと開けたり使ったり慣れたもの。
まあでもやっぱり親の目の届かないところで、モバイルで
ネット接続は怖いよね・・・。


おまけに幼児もなめこにはあっという間に慣れて
気が付けばさっさと刈り取ってるし、じーっと見張ってる。
思いのほかきゃーきゃー喜んで、この子たちがスマホを
操るのも時間の問題だろうなあ・・・と思ったり。


実は以前、義母が携帯メールや乗り換え情報サイトの
使い方に四苦八苦していて、義妹と教えていたときは
本当に大変で。
まず普通に使ってる単語(クリック、ダウンロード、アクセス
などなど)が通じないし、手も動かない。
しまいには

「あんたたちの話してる言葉は外国語!!」

と切れられておしまい・・・・coldsweats01


結局それ以降は純粋に「電話」として機能しとります。

今でも人によってデジタルデバイスを感じるけど、
今後そういうのはさらに広がったり、ジェネレーションギャップも
すごくなるんだろうなあ・・・会話通じるのかしらん??(苦笑)


|

« ゆっくり動くことの難しさ | Main | 日本の庭の贅沢さ »

Internet」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ゆっくり動くことの難しさ | Main | 日本の庭の贅沢さ »