« 今年の梅干は淋州 | Main | もっともっと夏となかよく! »

July 02, 2011

ポリシーと顔の見せるお店

先日の梅干のことで「自然村」というお店の話を書きましたが
なぜこの小さな、決して便利な場所にもなく、というお店が
支持されているのかな・・・と思っていました。


今日も行ったのですが(日曜が休みなので)本当に小さいお店なのに
しっかり夏野菜は揃っていて新鮮そのもの。
しかも今日は自家採種をしているという農家さんから野菜の
入荷があったらしく、曲がってるけどとげが痛いくらいの
きゅうりとか、珍しいイタリア野菜とかあって。
このへんも早く行かないとなくなってしまうのです。

そのイタリア野菜はきゅうりがずんぐりした感じ、でも
ズッキーニとも違う(きゅうりの仲間だそう)。
オススメの食べ方をたずねると

「皮が硬めだから火を通す料理法が向いてるわね。
でももちろん生で食べてもおいしいわよ。
中はきゅうりより柔らかいけどすごくジューシーだから」


と丁寧に教えていただきました。
早速にんにくとかぼちゃと一緒にオリーブオイルで
炒めたら、結構しっかりした食感でおいしかったです。


このお店、実はセールもほとんどやりません。
時々不定期に月末2日間だけセールしたりするけど、
そんなに大々的に宣伝はしない。
ほとんどチラシも作ってないんだけど、
たとえばアサクラオイルさんを呼んでお料理教室やるとか
だしのとり方の講習会やるとか、
そういうお知らせはしてるんです。
その企画の内容だけで、このお店のポリシーがわかるくらい。

その代わり、今日買ったような自家採種の農家さんと
お付き合いがあったり、木村さんのりんごもシーズンだと
しょっちゅう入荷するくらいだし(即日完売だそう)
仕入れてるものが違うんですね。

自然食品やオーガニックの飲食店はどこも経営は難しく
できてはつぶれ、撤退・・・となかなか長く続くところが
ないくらいです。
でもこのお店もそうですが、残ってるお店はポリシーが
しっかりしてるのが特徴。
で、商品知識も非常に豊富。
昔の八百屋さんや魚やさんは皆こんな感じだったと
思うんですけどねえ。
オーナーはいても、店頭にはバイトばっかりのお店じゃ
人件費は削減できてもサービスは低下しますよ。

こうやって商品選びが楽しいお店に出会うとなつかしい
気分になります。
それだけ顔の見えないお店が増えたってことですね・・・


|

« 今年の梅干は淋州 | Main | もっともっと夏となかよく! »

おいしいもの」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今年の梅干は淋州 | Main | もっともっと夏となかよく! »