« 夏だからこそ冷え取り | Main | 今年の梅干は淋州 »

June 26, 2011

ミクロではなくマクロで

昨日はWhole FoodsStudio でオーガニックやフェアトレードについて
講義をさせていただきました。


Certification Course(インストラクターを目指す人向けのコース)
の生徒さん向けだったので、以前より基本の部分よりさらに
皆さんで考えていただくような内容にしてみました。
「食」だけではない、今世界を取り巻く環境やオーガニックの状況、
フェアトレードの仕組みや実態などもお話させていただきました。
何かこれから考えるきっかけになってくれたらうれしいです。


熊本は阿蘇のTAO塾主宰、波多野毅さんの講義も
笑いながらもはっとすることが多く、考えさせられる内容でした。


110625_13_07_30
講義をする波多野さん

「食」は大事、確かに大事ではあるけれど、でもそれだけで
私たちは生きているわけじゃない。
ともすれば、「健康のためなら何をしてもいい」という
まるでアメリカのような状態に日本もなりつつあるのかも
しれません。


生物多様性、遺伝子組み換え、エネルギー問題、パーマカルチャー・・・


直接毎日の私たちの生活に関係するわけじゃないかもしれない。
でもエネルギーを考えざるをえなくなったのと同じで
他の要素も無関係なわけはなく。
ある意味生物の1種として、私たちは破壊する権利もないし
その分について負う責任があるのだということを
真剣に考えないといけない時代になっているのです。


特定の食材をいいとか悪いとか、外食がどうこうとか
「ミクロ」なことを言ってる場合じゃないですよね・・・・本当に。


で、そんな笑いつつも真面目な講義のあとは親睦会!
青山の我やさんでおいしい料理を堪能♪
楽しく話して笑って食べて飲んで(飲み放題でした!)
「楽しい」のが1番ですねー。

これからも「ミクロ」でなく行きましょう~!


110625_18_37_10


110625_19_28_44


|

« 夏だからこそ冷え取り | Main | 今年の梅干は淋州 »

アロマセラピー・ホミオパシー・マクロビオティック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 夏だからこそ冷え取り | Main | 今年の梅干は淋州 »