« 鰹節削り器に思うこと | Main | 節電につき »

March 12, 2011

嵐のような1日

昨日は嵐のような1日でした。


朝から忙しくてノンストップで働いていて、お昼を食べる時間もなく。
お弁当を5分でささっと食べられたのは2時過ぎ。
やれやれ・・・・と残った仕事に向かっていたとき。


地震!長い!どんどん大きくなる!!


これは普通ではない!と判断。
とっさに携帯をつかんで姿勢を低くしてドアを開ける。


ドアが開かなくなったらピンチなのでとにかくドアを
つかんでしゃがみこむ。
オフィスにはたった1人だったので何かあっても誰も助けにはこない。


不思議なことにモノは1つも落ちませんでした。
保存建造物に指定されているような古い建物ですが
耐震についてはお墨つきで、オフィス内はなんともなく。
ただし2回目の大きな余震のときに「外に出るように」との
防災センターの放送で、PCの電源も落とし荷物を持って
あわてて外へ出ました。


帰宅命令が出たものの、首都圏の交通機関は全滅。
四ツ谷駅周辺はすごい人がうろうろ。
もうこの時点で徒歩で帰ることを決意。
とりあえず新宿に向かって新宿通りを歩き出す。


ランシュー(ランニングシューズのこと)持ってたら走れたのに・・・
と思ったのは最初だけで、人がすごくて走るどころではない
ことに気づき。
新宿に近づくにつれてさらに人は増えていき。


明治通りを右折して靖国通りへ。
伊勢丹も普通に営業してるし、一瞬地震あったのかと思うくらい。
ただ地下街は危ないと判断したのか、地下から人はどんどん
出てくる。
ヤマダ電機の前のビジョンでは速報を流していた。
ものすごい被害になってる・・・・
さらに歩き出す前に、コンビニで水、おにぎり、キャラメルを購入。
歩いている間に何が起こるかわからない!
と神経を張り詰めて歩き出す。

青梅街道は同じように歩く人で歩道がいっぱい。
そこに自転車も突っ込んでくる。
でもまだ渋滞は起きていず、バスも少ないながらも走ってる。
ただ、ひんぱんに救急車や消防車が走っていく。
途中で通りかかった消防署では消防車は出払って
空っぽだった・・・。


阿佐ヶ谷で半壊住宅に遭遇。
古い家で次の余震で崩れそう。消防車が救助していた。
でも道路が隆起したり陥没したりということもなく。
なるべく建物の近くを歩かないようにし、
いざとなったらどこに逃げられるかを探しながら歩き。
結局家まで20キロくらいレザーブ-ツで歩きとおした。
寄り道していた時間を含めても3時間もかからなかった。
意外と早かったな。


この青梅街道は2年前から時々帰宅ランで走っている
おなじみのコース。もし通行できなくても抜け道も知っている。
ある意味よく知ってる道だから安心して歩けたのかも。

もちろん脚は鍛えているので、マメができた以外はまったく平気。
これもランニングのおかげだと思っています。

いざという時に自分や家族を守る手段は考えておくに
こしたことはありません。
今回携帯は電話は完全不通、メールも断続的で頼りになるのは
ツイッターなどのSNSでした。
ツイッターがなかったらこんなにスムーズに帰れただろうか?
情報だけでなく、常にいろんな人から励まされて歩いていた。
こんなに人の温かさを感じたこともなかった・・。

と、これは昨日だけの話。
この先の影響、被害・・・どうなるか見当もつきません。
被害にあわれた方に心からお見舞いを申し上げます。


|

« 鰹節削り器に思うこと | Main | 節電につき »

そのたいろいろ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 鰹節削り器に思うこと | Main | 節電につき »