« モノより心に残る残像 | Main | 部屋は心の中を表す »

December 27, 2010

ダウンシフターズ

今年ももう1週間もないんですねえ・・・・


まだ振り返るにはちょっと早いですが、今年は私にとっては
大きな転換の1年でした。
今流行の言葉でいうなら

「ダウンシフターズ」(Downshifters)

といういうことになるでしょうか。
安定した仕事も収入も捨てた1年だったと言えます。

いろんな事情があったとはいえ、決断にはものすごく
勇気が要りました。
でも最後決定できたのは、この先の人生をどう生きたいかと
いう思いに動かされたのと、でも生きてはいけるという
確信があったから。

で、どんな風に変わったかというと当然ですが・・・


・時間がたっぷりできた
・でも収入はほとんどなくなった
・心はとても穏やかになった
・睡眠時間が増えた
・買い物が激減した


などなど、ほぼ予想通りの生活でした。
ちなみにほぼ収入がなかったとはいえ、夫の扶養家族にはならず
生活費も折半して蓄えで生活していました。
また健康保険も年金もきちんと払っていたし、税金も払ってます
これも当然のことですけどね。

生活費も食費は一切減らしませんでした。
もともと贅沢はしてなかったし、健康に活動するのにここを
減らすわけにはいかないと思っていたからです。

じゃ何が減ったかというと。


・おつきあい(行きたくない飲み会代・外食代など)
・ノルマで買わされるもの(買いたくもないのに買わされてました)
・洋服・ウェア代


あ、おつきあいがゼロということはなく、もちろん外食もしてますが
それは自分が行きたくて楽しくて参加するものだけ。
これは大きかったです。
あとランチも基本自炊だし、カフェ代も激減しました。
自分で入れた紅茶の方が安くておいしい!

洋服やランウェアはすでにたくさん持っていたので、
全く買わないわけじゃないけどやっぱり減りました。
むしろ捨てたので減ったくらいかな?
あと靴は全く買わず。でもランシューは何足買ったことか・・・coldsweats01
ま、消耗品なんで。

コスメ代もゼロでしたね。
これも手持ちで十分だったし、作ったりしてましたから。

でもNYまで走りに行ったり、ちょこちょこ国内も旅行はしていて
メリハリがついた生活だったと思います。

私は以前収入の3分の1程度で十分生活していけたので、
こうなっても大丈夫な体質になってました。
でもそれで自由な時間や、本当に大切な人たちと過ごす時間が
増えたのなら得るものは大きかったと思います。

来年1月からは新たな仕事に就くことになりました。
以前の仕事より拘束時間も短く、休みも多いので
空いた時間で勉強したりしたいなあ・・・

|

« モノより心に残る残像 | Main | 部屋は心の中を表す »

そのたいろいろ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« モノより心に残る残像 | Main | 部屋は心の中を表す »