« アクセサリーで時代を感じ取る | Main | ヘナとハーブで髪がきらきら »

November 21, 2010

ハッピーなメニューでハッピーに

昨日、超久々にレシピ本買いました。


吉祥寺を散策していて、いつものように本屋さんに寄ったら
まあ・・・またいろんな本(マクロ系も)が出てたんですねえ。
で、ぱらぱらっと見たけどやっぱりいいと思ったのがこの本!
なんたって西邨さんですから。happy01


おいしい奇跡!LOVEプチマクロ」(西邨マユミ著)


201011211333001


西邨さんといえば、以前マドンナのプライベートシェフを
されていたことで有名ですが、私は彼女の明るさ、
そしてお料理の軽さにすごく惹かれます。

なんというか、ハッピーなのですよ、ひとことでいえば。

本にもありますが、彼女はマドンナのツアーにも同行し
いつでもどこでも料理を作っていました。
だからどこでも使える普通の道具、でも新鮮な素材と
伝統的に作られたおいしい調味料。
これだけであのスターや家族の食事をまかなって
きたわけです。

もちろん、アメリカやイギリスではおなじみではない
食材もあったと思いますが、彼女のレシピを見ると
そんなことは意識させないハッピーなメニューになってる。
「おいしくなかったらボス(マドンナ)が食べてないですよ」
って言葉に納得!

マドンナといえば、ステージでの激しい動き、そして
あのしなやかな肉体、過酷なスケジュールを
こなす体力。
それをあの食事で作っているかと思うと・・・
もちろん食事だけでなく彼女はヨガも筋トレも
はんぱじゃなくやってますけどね。
支えてるのは基本の食事なんですよね。

この本も最後の方に「美しい筋肉をつけるメニュー」なんて
あって、運動する私には興味津々!
見ると、穀物を少し減らして豆類を増やしてますね。
脂肪分が増える分、大根などの消化を助ける野菜を
意識してメニューに入れてます。なるほどー。

もうずっとマクロに対しては暗い気持ちになることが多く
自分から語りたい気持ちにはとてもなれませんでした。
なんでだろう?
最初はすごく楽しかったし、自分のカラダで実感してて
明るかったのに。
おそらく、情報がどわーっとあふれて重箱の隅をつつくような
言動があちこちで見られるようになったからかもしれません。

マクロのお店に外食で入ったとき、壁に
「No Meat,No Dairy,No Sugar」
みたいな言葉がどーんと書いてあって、
あまりの「NO」の連発に悲しくなったことがありました。
この否定形はなんだよ。
NOしか言うことはないのかって。

でもクラスでも、「白い砂糖を取るとこんな害がある」とか
「こういうものを食べるから病気になる」とか
「牛乳でこういう病気が引き起こされる」とか、
とことん「否定する」ことを教えられるんですよ。
皆ショックを受けて、教えられたものに対して「否定」に
走っていくんですよね。

あるとき、プロコースのクラスで議論してたときに
この話になったら、誰かが言ってた。
「そりゃ、否定から始めればインパクトと効果は絶大だもの」
そうやって、転換することのよさを植えつけられていくのだと。


だからこの西邨さんのハッピーな本を見て、心からうれしくなりました。
ああ、否定するのはやめよう。
ただ楽しんでいれば、自然とポジティブになれるんだ。
久しぶりにそう思わせてくれた1冊です。

長くなっちゃいましたが、そんな難しいことは考えず
おいしそう!と思ったものからトライしてみるといいと思います。
私も美しい筋肉、を意識して作ってみようかなhappy01


|

« アクセサリーで時代を感じ取る | Main | ヘナとハーブで髪がきらきら »

アロマセラピー・ホミオパシー・マクロビオティック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アクセサリーで時代を感じ取る | Main | ヘナとハーブで髪がきらきら »