« PeopleTreeの秋物 | Main | WFSで講義をしました »

August 27, 2010

親がかりの宿題のつけ

今年は暑いせいか、8月が長く感じられます・・・。
普通は短くてあっという間!って思うことが多いのに。


ですが、学校の夏休みは短くなっていてうちの地区の小学校も
もう新学期が始まっています。
甥っ子のところもそう。
なんかちょっとかわいそうだなあ・・・と思いますね。


ところで夏休みといえば宿題。
夏休みに限らず、宿題って結構親がかりなんですね、最近って。


昔、会社で隣に座ってた女性は小学生の母。
毎日、「早く帰って宿題やらなきゃ!」と
飛ぶように帰宅していたので、あるとき聞いてみたんです。
「なぜ親が宿題やるの?」って。


そしたら子供がやった宿題は全部親がチェックして、
間違ってたらやり直させて、はんこを押して翌日
学校に持っていかせるそうで。
びっくりしちゃいました。
親がやり直したら意味ないじゃん!
その子がどこまで理解してるか全然わからないじゃない。


しかしチェックせずに持っていくと、先生に怒られるんだって。
ちゃんと家庭で指導してくださいって。
なんか変な話。
しつけが家庭なのはわかるけど、勉強は学校じゃないの??


夏休みの自由研究も親が題材見つけてきて一緒にやって。
当然提出前のチェックは必須。
確かに子供の宿題じゃなくて親の宿題だ。


でも聞くとそこまで学校に言われていなくても、
親が事前にあれこれやってるケースは多いんですね。
仕事から帰って、食事などの家事のほかに
そんなことまでやってたら・・・親は本当にクタクタ。
おまけに子供のために・・・なるのか?


私の時ももちろん宿題はありました。
毎日漢字をイヤというほど書かされて、忘れると2倍書かなきゃいけなくて。
自由研究も全く親は関与せず。
できなくても忘れても言い訳は許されなかったし
親がそれで助けてくれたこともなかったです。
他の家もそうだったと思います。


今、史上最悪の就職難ですが、企業側から見ると
マニュアル通りにしか離せない学生、困ると泣き出す学生
(いっとくけど大学生ですよ・・・)、自分の言葉で語れない人が
多くていい人材が集まらないって嘆いているみたいです。


でもそんな学生を作ったのは大人なんじゃない?
子供のころから周りから助けてもらって生きてきて
いきなり自分で考えろ、自分の言葉で語れって言われても。


学校も親も将来を考えて、鬼になるときはなっても
いいんじゃないかなーと思う8月の終わりでした。

|

« PeopleTreeの秋物 | Main | WFSで講義をしました »

そのたいろいろ」カテゴリの記事

Comments

youkeroさん、宿題やり直すのは親じゃあなくって宿題出された本人。とりあえず親は間違っているか、いないかをチェック。←これも本当は先生の仕事だと思うのですが…そして間違ったところをやり直させます。
夏休みの宿題は自由研究とか手伝ったりした…

やっぱり過保護ですね…

Posted by: ぺんた | August 27, 2010 at 08:19 PM

ぺんたさん、でもやっぱり間違いチェックを提出前に親がやったら意味ないと思いますけどねえ。
というか、学校にそうしろって言われてるんですよね?(と、同僚は言ってましたが)
誰が間違いを指導してもいいのかもしれないけど、先生に言われる方が意味あると思います。
少なくとも先生はプロなんですもの。

塾やお稽古事の送迎など、本当に大変だと思います。
でも先生も長時間労働って・・・余計な仕事で忙しいんでしょうかね?

Posted by: けろ | August 28, 2010 at 09:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« PeopleTreeの秋物 | Main | WFSで講義をしました »