« 手帳とともに生きる | Main | アフタヌーンティ特集を読んで »

August 08, 2010

糠床がますます風味よく

そろそろお盆、東京から人が少なくなる時でもあります。
私は田舎もないし、お盆に休んだこともないんですけどね。
逆にすいた街を散歩するのもいいものです。


そういえば、今年はすっごく糠床の調子がいいです!
自分の糠床を持って初めてかも。
毎日かき混ぜながら、すごくいい香りと手触り。
この間は足し糠もしてさらにパワーアップ。


何が理由かといろいろ考えていたんですけど・・・


多分1番の理由は長期不在をしていないことですね。


毎年7月は1週間以上イギリスに行っていて、
糠床は塩を多めにふってしっかり冷蔵庫で寝かしていった
んですけど、その後の復活が難しかったです。
もちろん使えるんだけど、風味とかがその前の状態に戻らない。
冬に寝かすのとやっぱり違うな・・・と。


あとは日中家の中を締め切っていないこと。


去年までは当然朝から晩まで不在だったので、マンションは締め切ったまま。
室内の温度は上がってしまうので冷蔵庫で保管。
ずっと冷蔵庫も、野菜室くらい温度が高くないと
仮死状態になってしまいます。
菌が活発にならなくて、発酵もいまいちになっていった感じ。

今年は基本的に家にいるので、窓は開けっ放しです。
そうすると我が家は思いのほか涼しいので
(よく30度切ってます)
冷蔵庫には入れず、風通しのいいところに置いておけるんです。
すると、発酵しすぎずいい感じに。


よく糠床は自分がいて気持ちいいところに、と
言われますが、本当にそうだなあ・・・・と。
ずっと冷蔵室では寒いよね。
野菜室にもっとゆとりがあればいいんだけどなあ・・・。
あ、ちなみに終日外出や、本当に暑い日は
一時的に野菜室に避難させてますよー。
(夜には出しますが)


新潟に行ったとき道の駅で「山椒」を発見!
足し糠のときに早速入れました。
ますますいい風味になりそう~happy01

|

« 手帳とともに生きる | Main | アフタヌーンティ特集を読んで »

おいしいもの」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 手帳とともに生きる | Main | アフタヌーンティ特集を読んで »