« ブリティッシュカルチャーの引き出し | Main | 手作り料理が食卓にあった時代 »

May 29, 2010

久しぶりのビオ

久しぶりに読んでみた「ビオ」。


最初のころは欠かさず買っていたんですけど、
だんだん内容が変わり映えしないかあ・・・・と思い。
店頭で久々に手にとってみたら、いい具合に力が抜けていて
いい感じになっていました。


以前は料理研究家に無理やりマクロビオティックの
レシピやらせていたり、ちょっとおなかいっぱいな
ところがあったんですけど、もっと気軽に、みたいな
雰囲気になってました。


あと最近の傾向か、アウトドアクッキングもあったり。


201005290937000


アウトドアクッキングって、自然の中で料理するから
ある意味究極のエコ料理でもあって。
エネルギーは無駄にできない、道具などの制限もある、
ゴミは出さない、無駄に水も使わない。


外でなくてもこういう意識持ってると全然違うだろうな。
井戸から水を汲んで運んでると思って作ってみるとか。


でも外で火を使って料理するって、庭のBBQをのぞくと
海外ではあんまりポピュラーじゃないかも。
どっちかっていうと、サンドイッチとかサラダを持って行って
そのまま食べる方が多いと思います。
日本のようにわざわざカレー作ったりとかしないなあ・・。


あと「オーガニック研究」っていって、いろんなオーガニックを
総括してあったのはよかったです。
「オーガニック」ってまるでブームのように扱われていたり
するけど、本当はどういうことを指すのかとか
やっぱり知った上で使ってほしいという気持ちがあります。


フェアトレードのこともわかりやすく説明してありました。
最近、百貨店などでフェアトレードのコーナーができたり
してますけど、実際のところ本当に理解して取り組んで
くれているのか私としては疑問。
ブームだから、集客できるから、で安易に飛びつくのは
やめて欲しいかな。
そういうところって、そのうちぽいっと捨てたりするんだから。


いつか日本でもスタンダードになっていくといいと思っているし
そういう発信を私も続けていかなくては、と改めて思うのでした。


|

« ブリティッシュカルチャーの引き出し | Main | 手作り料理が食卓にあった時代 »

Organic」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ブリティッシュカルチャーの引き出し | Main | 手作り料理が食卓にあった時代 »