« ニールズヤード福袋2010 | Main | ハイチの地震で寄付 »

January 15, 2010

風邪は予防するのが大人

しかし、周辺で今さらながらインフルエンザが流行り始めていて
バタバタと倒れる人が続出してます・・・。


あ、周辺って会社の担当内の話であって、我が家はいたって元気。
私も夫ももう何年も風邪ひいてないし医者にも行ってないです。


しかもインフルにかかった人たちはみんな予防接種受けた人です。
型が違ったってことは、みんな新型なのかしらん。
つまり意味なかったってことね、接種も。


そういえば、食生活を見直そうって思ったのはこの職場の
蔓延する風邪を見ていたからだったことを思い出しました。


どんな風邪がはやろうと、かかる人はいつも同じで
かからない人は全然かからないし、1年中風邪ばかりひいてる人が
いるってことに気がついたんですよね。


元々の体質も関係あるとは思うけど、やっぱり不摂生な生活してる人に
風邪ひく人が圧倒的に多いなと感じたのです。
そしてウイルスがどんなに飛び交っていても、移らない人は移らないって。


特別なことは必要ないんですよね。


・旬の食べ物をとる
・食べたい料理法・味付けで食べる
・過食・過飲は避ける
・カラダを温める
・睡眠を十分とる
・適度に運動する


たったこれだけ。
でもやってない人はものすごく多いです。

1年中生野菜バリバリ食べたり、ラーメンだ焼肉だと胃腸に負担がかかる
食事を日常的にする、コンビニのお菓子やお弁当で適当にすます、
連日飲み会で胃腸を酷使する、夜更かししていつも眠い、
1日中PCの前にいてほとんど歩かない、などなど・・・。


うちの担当はとにかく夜が遅くて、まともな時間に帰れない
(夕食の時間帯は普通に仕事中)ので、お菓子を食べてる人がすごく多い。
帰るともう寝る時間なので食べずに寝る。
もちろん疲れがたまっているので、免疫力も落ちてますよね。
これじゃ感染しないほうが珍しいかも!coldsweats01


結局休んで仕事に穴をあけるのであれば、かからないのが
大人ってものだと思います。

|

« ニールズヤード福袋2010 | Main | ハイチの地震で寄付 »

アロマセラピー・ホミオパシー・マクロビオティック」カテゴリの記事

Comments

昨夜外食で野菜とご飯、鴨一切れを食べたら体がポカポカ、ビールと握りを食べた夫は寒い寒いと申しておりました。最後のしじみ味噌汁(私だけ食べた)が効いたのかも。
季節に合った食べ方って大事だなとしみじみ思った次第です。

↓ニールズヤード福袋、今年は買いませんでした。
やっぱり去年のがまだ使い切れてなかったので^^

Posted by: junju | January 15, 2010 at 10:23 AM

junjuさん、動物性にも季節ってあるんですよね。
鴨やジビエなどは秋冬においしいように、この季節にあったものだと思います。
魚も旬で食べますもんね。
ビールと握りだと・・・されは寒いでしょうねー。
せめてお味噌汁を飲んでもらえれば、ですね。

ニールズヤード、私も使いきってなかったのですが
全然アイテムの種類がだぶっていなかったので助かりました。
でも危険な賭けですね!(苦笑)

Posted by: けろ | January 16, 2010 at 02:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ニールズヤード福袋2010 | Main | ハイチの地震で寄付 »