« 更新しました | Main | イギリスの週末の新聞 »

August 10, 2009

ローフードのカラクリ

ナチュラルハーモニーの野菜にはいってくる冊子では
臨床環境医の三好先生がコラムを書かれています。
あいまいな自然志向に理論的にメスを入れたコラムは
はっとすることも多々あり、毎回熟読しています。


先日の冊子には

「ローフードのカラクリ」

というタイトルで書かれていました。


ローフーディストは、生で食材を食べる理由に
熱すると酵素は死滅してしまうから、というのを
あげてる人が多いです。
低温なら大丈夫というものもあり、これでクラッカーや
パンのようなものも作ったりします。


でもこの「酵素」というところにカラクリがあるそうです。
食べ物から消化酵素を補えば、自分がもともと
持っている滞在酵素を減らさずにすむ、という理論が
医学的には証明されていないんだそうです。

一見、同じような酵素に思えますが、
人間が消化のために出す酵素と、野菜が持っている酵素は
種類が違っていて補うことなどできないこと。


また人間が作り出す酵素が減少すると病気になる、と
いうのもナンセンスで、今まで酵素がなくなって死んだ人など
皆無、先天的に作れないケースを別にしてありえない
というのです。


ローフードでこんなに健康になった!
という人は、今までの不健康な食生活が改善されただけ
じゃないか。
「生」が理由なのかどうかは、ホントのところわからない
わけです。


まあ、個人的趣味で生を多く食べるのはかまわないのですが
だからといって、加熱したものは酵素がないとか
エネルギーがないとか、非科学的に説明するのはどうなのかな
と思います。
無理やりジュースにしたり、あんなにナッツをたくさん食べる方が
不自然な気がするのは私だけかな・・・。


今の季節に生野菜を食べるのは本当においしいし、
食べたい!って思うけど、でもお味噌汁もおいしいもの。
やっぱり自然に素材を味わっていきたいですね。

|

« 更新しました | Main | イギリスの週末の新聞 »

アロマセラピー・ホミオパシー・マクロビオティック」カテゴリの記事

Comments

誰かの受け売りとかじゃなくて、
自分のおいしい!とか快の感覚を
もっと大事にしたいですよね。

ワタシはけろさんの楽しんでる姿が好きですよ~。

ローフード。
自己啓発とニューエイジみたいのとネットワークビジネスみたいのが結びついてる感じが苦手で、いいとこどりみたいにならいにいくのもなぁと思いくいつきませんでしたよ。
ついでにぶっちゃけ書いてしまうと、どっかの自然食品店でこわそうな酵素おばさんが「酵素!酵素!」と叫んでる販促映像がこわくてめちゃめちちゃ引きました。いくら生のロメインレタスがおいしくても、あんなおばはんになりたくなーいって。普通にあんな人いたらヤダなぁ。。。人を見た目で判断したらいけないのはわかるんですけどね…。普通にしていたいです、ワタシは。。。

Posted by: BR_GIRL | August 10, 2009 at 03:38 PM

ローフードこそ、カラダで感じるより理論で攻めてる感じがします。
で、ローフードにしてみたらカラダが軽いとか調子がいいとか、で
酵素がうんぬんになっちゃうんじゃないでしょうか。
でも逆に体調悪くした人の話も聞いてるので、万人向けじゃないんじゃないでしょうかね。

怖いですねー、その映像!!(苦笑)
今みたいな暑さだったら酵素など考えなくても生野菜食べますって。
でも冬は・・・やっぱりイヤだな、生ばっかりなんて。(苦笑)

Posted by: けろ | August 10, 2009 at 11:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 更新しました | Main | イギリスの週末の新聞 »