« リンカランも休刊 | Main | クリスマスプレゼントは有次で »

December 17, 2008

おなかがすいたときだけ食べる

好きなものを食べて過ごした京都、ということは前も書きましたが
とにかく、今回は食べ物のことをほとんど考えてなかった、と
いうのが正しいところかな。


今回は2月に行ってすっかり興味を持ったお寺や建造物、
京都の美しい自然に思い切りひたりたかったから。


だからとにかくよく歩いて、鳥の声に耳をすまし、
空気を思い切り吸って、鴨川のほとりでのんびりし。
全身で京都を感じてたってところでしょうか。


だからか、食べ過ぎて調子悪くなった前回とは打って変わって
元気いっぱいだったのです。


そんなとき、電車で読んだ日経新聞にはっとする記事がありました。


それは「脳の健康法」という連載で今回紹介されていた
「快食療法」というもの。
つまり、おなかがすいたときに、食べたいものを食べたいだけ
思い切り食べること。
これを食べたら太るとか、健康に悪いとか、時間が遅いとか
そういうことは一切考えない。
本能の赴くまま食べる。
ただし、「おなかが本当にすいたときだけ」がポイント。
これが脳にストレスを与えずにいいとか。


野生動物はおなかがすいたときにエサを食べるけれど
おなかいっぱいになったらやめる。
食べ過ぎたり、ダイエットしたり、頭で考えて食べてるのは
人間とペットと養殖された生物だけだとか。
禁止することは非常にストレスがかかるんだそうです。

「あー、おいしかったー!ごちそうさま!」

と心から思えることが大事なんだそうです。


今回の京都の旅はまさにそうだったので、新聞読んでびっくり。
常に食べ物が頭から離れない、何を作ろうか、何を食べようか、
あれはマクロ的によくない、朝は抜いた方がカラダにいい、
いろんなことを考えれば考えるほど、脳はストレスにさらされ、
そして私たちは束縛されていくのですね。


日常を離れてみるのは本当にいろいろな発見があります。
この旅もきっかけになりそうです。

|

« リンカランも休刊 | Main | クリスマスプレゼントは有次で »

アロマセラピー・ホミオパシー・マクロビオティック」カテゴリの記事

Comments

そう言えば、二三日前の朝日新聞には、時々断食した方が長生きだってデータが発表されてましたよね!ただし、線虫の話でしたが…^^。京都…。しばらく帰ってないなあ~。大徳寺さんは夫の地元です。亡くなった義父とよくお散歩した場所です。炙り餅屋さんは、片方のお店が夫の同級生のご実家なので、帰ると必ず寄らせてもらいます。あ~!食べたくなっちゃっう!!

Posted by: tiromama | December 18, 2008 at 12:48 AM

tiromamaさんのご主人のご実家は大徳寺の近くなんですか!
いいところですねー。うらやましいですー。
あぶり餅って本当においしいですよね。
私はどっちのお店も好きですが・・・・(笑)。

なんか京都へ足しげく通ってしまう人の気持ちが
だんだんわかってきましたhappy01

Posted by: けろ | December 18, 2008 at 10:55 PM

こんばんはー。
京都満喫されたようでよかったです!

実は半分京都の血を引いているわたし(父が京都出身です)。
子どもの頃から、毎年、年に数回は行っていたので、修学旅行も本当につまらなくて…。
子どもの頃は良さがぜーんぜん!わかりませんでした。
大人になり、その良さに気づき始めたけふこの頃です。しみじみ。

さて、
おなかが空いたときに食べたいものを食べたいだけ食べる!
わたし、意外と日々そうかもしれません!
仕事のある日は、ランチも夕飯の時間も不規則ですし、お休みの日も普通に夕方まで何も食べないで過ごすこともあります。

わたしが何かを食べている姿を見る人から、「そんなに食べてよく太らないねー」と言われますが、ストレスなく飲み食いしてるからかもしれませんね。
何か納得です(笑)!

今日も帰宅が遅かったので、夜中12時半からネギチヂミを5切れも食べました。ハハハ。

Posted by: ようち | December 21, 2008 at 01:10 AM

こんばんは!
おっと、ここにも京都つながりの人が!
確かに京都のよさは中学生かそこらにはムリでしょうねー。
20代でもわかったかどうか・・?(私の場合)

なるほど、ようちさんがスリムだけど元気なのは
きっと食べることにストレスないからですね。
過食・拒食に走る人は食べることそのものがストレスに
なっているし、そこまでいかなくてもマクロ以外受け付けない
とかそういう人も、実はストレスがかかってる気がします。
(ご本人たちの自覚はないと思いますが・・・)
ぜひ、そんな感じでがんばってくださいねー。

Posted by: けろ | December 21, 2008 at 10:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« リンカランも休刊 | Main | クリスマスプレゼントは有次で »