« こんな時代に売れているもの | Main | シニフィアン・シニフィエのシュトレン »

November 21, 2008

不自然に動物性を避けるのがマクロなの?

休日にぱらぱらぱらーといろんなブログを見ていたときのこと。

最近、まったくマクロ的なレシピには惹かれなくなってしまった
私ですが(おいしいのは別ですけど・・・)、ソイチーズのグラタンが
紹介&絶賛されていたページを見て、またも違和感・・・・gawk


ソイチーズって食べたことあります??
文字通り、大豆でできたチーズもどきです。
見た目はしっかりチーズだし、確かに似てるんだけど・・・


でも悪いけど、おいしくないです。


ここまでしてなぜチ-ズを作って食べなきゃいけないのかってくらい、
まずい上にすっごく値段も高い!
それに・・・すごく不自然な作り方してるんですよ。
パッケージの裏の材料を見てみてください。


動物性を避けるために、こんな不自然なものをわざわざ食べるって。


マクロをやってて時々感じる強い違和感です。


本物のチーズの材料はもちろんご存知ですよね。
牛乳に酸味と塩を加えると、かんたんにカッテージチーズが
できます。
インド料理では、家庭でこういうかんたんチーズを作ることが
多いそうです。
ソイチーズなどに比べたら、材料も作り方もシンプル。
何千年も前から作られてきたものだけあります。


ソイソ-セージとか、おからで作ったソーセージとか、
もしかしてギャグ??と思えるようなものもあったりしますが、
そういうものを食べてまで動物性を避けることが、
地球にもカラダにもやさしい食生活なのかしら??


私だったら、材料もいいおいしいチーズを迷うことなく
のせてグラタンにします。
そのくらいの量のチーズまで神経質に排除する神経の方が
正常とは思えなくて。
そもそもグラタンって毎日食べるものですか?
たまにごちそうとして食べるときに、質のいいものをおいしく
いただく方がずーっと自然だと思いますけどね。


牛乳はよくないからと、豆乳をがぶ飲みしてる人がいたり、
バターはよくないとパンに毎日ピーナッツバター(アリサン)と
米飴をたっぷり塗って、病気がよくならないって人も
実際にかつていました。
なんか・・・違いますよね。


まあ、そもそもの
「肉も魚も、乳製品も砂糖も使わずに」
のフレーズが違うと思ってるから。
それなら、
「旬の質のいい野菜を中心にした、オーガニックの」
という方が、前向きで否定的じゃなくて、
本質的に「自然な」暮らしじゃないでしょうか?

|

« こんな時代に売れているもの | Main | シニフィアン・シニフィエのシュトレン »

アロマセラピー・ホミオパシー・マクロビオティック」カテゴリの記事

Comments

おはようございます!あれからばたばたしてしまって、ネットとご無沙汰でした。
このエントリーに大賛成!
本当に肉をやめるのが私にとっていいことなのか、本当にいいことは何か?と考えて、肉を再開した時、江戸時代にあった食べ物はいいとしよう!ということにしました。日本人の体に合っているはずというのが理由です。なので、肉や塩鮭はOK、でもマーガリンやテンペはOUT。異論反論あると思いますが、やっぱり昔ながらの食べ物を食べていると安心な私です。

Posted by: こたつ | November 21, 2008 at 08:48 AM

とっても共感します。
「動物性の食品の代用としての不自然な植物性の食品」には、私も違和感を感じます。
不自然なものをいただくくらいなら、最初から食べないか、潔く質のいい動物性のものを楽しんで食べたほうがいいんじゃないか?と思っています。
マクロビオティック=動物性を排除する、ではないですよね。
もちろん動物性のものは体に負担をかけることがおおいのでしょうけれど、要は「バランスが大事」、と思っています。
「旬の質のいい野菜を中心にした、オーガニックの」というポジティブなとらえかたに賛成です。

Posted by: azukki | November 21, 2008 at 05:42 PM

こたつさん、こないだはありがとうございましたーhappy01
江戸時代にあったもの!なるほどー、そういう基準もありですねー。
150年、200年と食べ続けられているものは、多少温暖化が
進んでいるとはいえ、地域的にもあってそうですよね。

もしバターが動物性だという理由だけでマーガリンを
選択するなら愚かなことだと思うし、はちみつがダメで
甜菜糖がいいというのも釈然としない感じです。
はちみつの方がより自然だと思うし。

自分の中で基準決めしてればいいことですが、マクロビアン
の中には邪道だ(テキストにないから??)という人も
いるので・・・私は破門でしょうかね!(笑)

Posted by: けろ | November 21, 2008 at 11:30 PM

azukkiさん、そうなんですよね!
そもそも代用という考え方が好きではないし、食べ物に失礼ですよね。
そう、いっそのこと食べなくてもいいのにって思います。
代用品使ってまで普通の食事に見せかけたいなら
本物を使う方がよっぽどいいと思います。

お豆腐にターメリックで色をつけたオムレツもどきとか
見ただけで食べたくない!って思うものもマクロビアンは
作ったりしますよね。
味はどう考えてもターメリック味の豆腐に過ぎない
でしょ・・・って思いますが(まずそう・・・)。

ハレとケの食事を、うまく日常生活でバランスとるか
ですよね。
でも賛同者がいらして、ほっとしましたー(笑)。

Posted by: けろ | November 21, 2008 at 11:35 PM

ケロさん
興味深く読ませていただきました。
植物性の食材を使って加工に加工を重ねた
ひき肉やソーセージ類や乳製品もどきが
ロンドンでも結構沢山売られてます。
そこまでして食べたいなら、
私も本当のお肉や乳製品をとった方が
いいんじゃないかと思います。

マクロ風のお菓子も、
いろんなレシピをさんざん試してみました。
おいしく出来るレシピもありますが
やはり卵やバターを使った風味のよい
スィーツにはかなわないなって思います。
(私の腕が今ひとつなのかもしれないけれど…)
パンもバターを塗って食べた方が
私には断然美味しい…(汗)。
最近は美味しいと思える良質な物を
いただくようになりました。

Posted by: Sinead | November 24, 2008 at 07:09 PM

Sineadさん、そもそもイギリスのヴェジタリアンは
野菜を食べるためではなく、動物性を使わずにいかに
動物性っぽい食品を作るかに力をそそいできている、
って聞いたことがあります。
日本で売られているソイチーズもアメリカのものが
多かったと思いますよ。
その手のものは海外は充実してますよね。


でも、私は野菜がおいしいと思うからほとんどの
食事が結果としてそうなってるのであって、
もどきを使ってまで食べたいとは思わないんですよね。
ソイチーズはそのまま味わえますかね?
本物のチーズならそれだけでおいしいはずだし、
そういうものをたまーに少しだけいただきたい。
そんな感じです。


お菓子も向くものと向かないものがありますね。
クランブルのような素朴なお菓子はマクロ仕様で
おいしい(甘くなくてこっちの方が好きだったりします)
ですが、ロールケーキは結構巻けなくてやぶけたり
スコーンもバターじゃないとサクサク感は出ませんね。
マクロスコーンは何度かチャレンジしましたが、
やはりスコーンとは自分では思えなくて、作るのを
やめました。
食べたいときは普通のスコーンを食べてますね。


一度試してみるのはいいと思います。
で、自分で判断してみるというのが大事かな。
要は質と量の問題じゃないかと思ってます。

Posted by: けろ | November 24, 2008 at 11:15 PM

はじめまして。
最近、お肉だけを避けてる感じです。
お魚は食べてます。笑
動物性食品を避ける為だけに作られた、加工食品には違和感を感じるということろにすごく共感を覚えました。
自然のものを、自然のままに食するということがマクロビっていうのは確かに体にいいんだろうなぁって思います。
だけど、それがストレスになってしまうのは余計体に負担がかかってしまうのでは・・
以前、何かで読んだ本に、「玄米を食している人よりも、白米を食している人の方が健康体でした」という実験結果が記載されていました。
理由は、やはりストレスでした。
本当に自分が納得して動物性食品を排除しなければ結局、我慢=ストレスになると思います。
ヴィーガンの人には怒られそうですけどね。
私は、食肉処理場の様子が記された本を読んで、お肉を食べる気がしなくなりました。。
ペットは可愛いって育てるのに、牛や豚や鳥はおいしいって食べてる事にも少し違和感が・・
でも、なぜか魚は食べれます。。苦笑
結婚式や旅行とかで出されたら、少しは口にするようにしてます。失礼かなぁって思って。
みなさんは、そういう時はどうしているんですか?今まで食べていたので今さら「お肉食べないの」って言うのもちょっと・・他にお肉食べてる人を非難している気になるんです。
長くなりましたが、これからも色々なレシピとか情報載せて下さい。

Posted by: 凛 | May 03, 2011 at 11:05 PM

こんにちは。古い記事をお読みくださってありがとうございます。
おそらく欧米の人には「もどきもの」がある程度は必要なんじゃないかと思います。彼らが普通に食べてきた食事には動物性を使ったものが多いですもんね。
でも日本の食事はそういう工夫というか苦労をしなくていいところが素直でいいなと思います。
私は今でもほとんど「肉」は食べませんが、もちろん外食で少し含まれてるとかは気にしてません。アレルギーではないので。そこを神経質になったりするとストレスとして認識するのかもしれないですね。
ただ、普通に肉を食べている人のことについても何とも思っていません。家族は普通に食べてますし、個人の考え方なので、理由もさることながらもう食べるか食べないかについては全く意識しなくなってしまいました。
非難してる人はこの先もいるでしょうね。でも人のことは人のことなんだと、心広く持っていればそういう人のこともどうでもよくなってくる気がします。
何を食べるかではなく、「どういう質」のものを食べるかを意識したいなと今は思ってます。

Posted by: けろ | May 05, 2011 at 06:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« こんな時代に売れているもの | Main | シニフィアン・シニフィエのシュトレン »