« やっと新米ササニシキ! | Main | 更新しました »

November 13, 2008

畑のある生活

夏に発売されてすぐ読んだのですが、再読してここで紹介
しよう!って最近思った本を1冊。


畑のある生活」(伊藤志歩著)


著者の伊藤さんは「やさい暮らし」という野菜のネットショップを
主宰されている方で、「アースデー」の実行委員もされています。

その伊藤さんがご自分がどうして野菜作りや農業に興味を
持つようになったかや、今どういう考えで農業に関心を持つ人が
増えているか、また深刻な現代の農家の現状などを
やさしくわかりやすく、でもうそのない文章で綴っています。
読んでいると、なんともいえない、穏やかな気持ちになっていく本です。


200811112231000


やさい暮らし」はセレクトショップではありますが、
「野菜」ではなく、「農家」のセレクトショップ。
どこで作ってるどんな考え方の農家さんなのか、
野菜以外の生産物も豊富な農家さんもあったり、
自分で選んで注文することができるショップです。


この本にはこのショップに参加している農家さんの
ここまでくるまでのお話も紹介されています。
いろんな道からたどりついた人がいるんだな・・・と
自分を振り返っても特別なことじゃないんだって思ったりします。
でも、その情熱や勉強ぶり、こつこつ積み重ねてきた
努力を見るにつけ、背筋を伸ばして野菜をいただきたくなるくらいです。

気軽に農業体験する方法から、本格的に農家を目指す人まで
いろんなアプローチが書かれているのも参考になります。
でも、農家にかるには結構覚悟がいるようです・・・・。
ただし、この先の日本の将来を考えるともっと農家を目指す人が
増えてほしいのも現状なんですよね・・・。


私はもっぱら買って食べている側なのですが、その裏側を
知ることもこれから選択するうえで大事なことかなと思います。
いや、これ何度も読み直したくなる本ですねー。

|

« やっと新米ササニシキ! | Main | 更新しました »

よんだもの・みたもの」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« やっと新米ササニシキ! | Main | 更新しました »