« 更新しました | Main | お正月の手帖 »

November 28, 2008

危険な料理教室

以前、「料理教室も質を問われる時代」という日記を書きましたが
思った以上に反響が大きく、いろいろな経験をされた方が多いんだと
感じるとともに、やはりこういってはなんですが
「いい加減」な教室が次々とできているんだ・・・と
実感しました。

その中でこんな声を寄せてくださった方がいらしたので、許可を得て
ご紹介したいと思います。


そのAさんという方は、友人がやっているマクロビオティックの
食事会に行ってびっくりしたという話を教えてくれました。
Aさんは他のちゃんとしたマクロビオティックのスクールで
学んだ、初心者ではまったくない方です。


そのAさんの友人という人は、子供のアレルギーなどを
きっかけにマクロビオティックに興味を持った人とのこと。
Aさんは、友人が自宅で食事会をやってると聞いて
出かけてみたところ。

まるでテキストを読んでいるかのごとく、受け売りのセリフを
言って講師のごとく指導している友人の姿があったそうです。
食事会だと思っていたAさんはびっくりしたんだそうです。


ところが、みんなで楽しくわいわい料理を作るのではなく
参加者の質問にも、まるで自分が立派な講師のように
答えていて、これって「教室」なんじゃないの??
いつのまに「教室」になっちゃったんだろう、と
思ったんだそうです。

「本当に初めてマクロビオティックを習った人が、あのまま
実践していくかと思うと、これはマズイって思ったんです」
というAさん。実はご近所に似たような素人教室がドンドン
増えて、子供への影響などを心の底から心配している、と
教えてくれました。

私個人がそこに参加したわけではないので、聞いたままで
書かせていただいていますが、もしこれからマクロビオティックを
勉強してみよう、独学ではつかみきれないから学びたい!
という人がいたら、本当に信頼できるところにしてください!!


ちなみに私がリンクしている学校・教室はもちろん信頼できる
保証できるところばかりなので、安心してくださっていいのですが、
SNSで募集していたり、主宰者がよくわからない、
そんな教室はまず情報収集してみるか、単発で参加してみて
それで決めてもいいと思います。
主宰者に詳しく経歴や実践について質問してみるといいと
思いますし、マクロ関係の質問もしてみてください。
あいまいにしか答えられない、テキストや本そのままという
講師はもしかしてちょっと考えた方がいいかも、ですよ。

それと単発で参加しても冷静な目で観察してみてください。
また一緒に参加している人たちにあとで情報聞いてみるのも
いいと思いますよ。
正しい・正しくない、ではなく、あう・あわないも大きいですから。

それにしても・・・本当は病気や健康について安易に答える
べきじゃないんですよね・・・。
よく断言的に

「それはパンのせいよ!パンはやめなさい!」

なんて高飛車におっしゃる人もいるようですが、そこまで言えるのは
よっぽど極めた人でないとありえないことなのだ、と認識するのも
大事ですよね。

あー、主婦の在宅パートみたいに安易に考えられるのが危険なんだわー。
みなさま、迷われてる方がいらしたらぜひアドバイスしてあげてくださいねー。

|

« 更新しました | Main | お正月の手帖 »

アロマセラピー・ホミオパシー・マクロビオティック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 更新しました | Main | お正月の手帖 »