« 今年のフェアトレードチョコ | Main | 山村先生の最新刊 »

November 05, 2008

料理教室も質を問われる時代

先日、「我や」で夕食をいただいた話を書きましたが、
とにかくデザートまでさんざん食べて、もうおなかいっぱい状態で
お会計したら・・・・意外と安かったというか普通の居酒屋と大差なく。


でも素材はこだわってるし、もちろん調味料もそうだし、
手も込んでるお料理ばっかりだったので、これで採算取れるのかいな?
などと心配になるくらいでした。


もう少し前に行った「アラクッチーナ・・・」でも同様のことを感じました。
こんなに安くていいの!?って。
だって、ヘタにマクロの料理教室行ったら同じくらいかかるんだもんcoldsweats01
なのに、料理が全然違うもんね。


そんなことを思っているうちに、ふと以前何人もの人が口に出していた
料理教室の料金について思い出しました。



マクロの教室やスクールに行かれた方はおわかりだと思いますが、
だいたい1回4000円から5000円くらいします。
所要時間は3時間くらいで、4,5品実習というところが多いかな。
ただしレクチャー主体のクラスだと、実習する品数がもう少し
少ないときもあります。

何人もの人に言われたというのは、教室に行ったときに
この料理でこんなに料金かかるの!?と思うところもけっこうある。
ということです。
高い素材を使っているから、とかそういうことではなく、
質の問題みたい。
つまり何かひとひねりあったり、驚きがあったり、逆にシンプルなゆえに
おいしさを引き出すコツを教えてくれたり、そういうポイントもなく
ただ野菜の料理を作ってこの値段って・・・ってことみたいです。

今のようにあっちこっちに教室が乱立していると、実際の教室の
レベルがはっきりわかってしまうのかもしれないですね。
素人が始めたブログ本のように、どっかで見たようなレシピ
(どう考えても盗作っぽのもあったとか)を教えていても
生徒さんの方には伝わってしまう。
淘汰の時代がきたのかもしれません。

レシピを紙でもらったり、実際作るところを見れるというポイントはあっても
だったら、おいしいお店に食べに行くかなあ・・・と私なら思っちゃう。
不景気だからこそ、本物が残る。
料理教室もその例外ではない、そう思いますね。

|

« 今年のフェアトレードチョコ | Main | 山村先生の最新刊 »

アロマセラピー・ホミオパシー・マクロビオティック」カテゴリの記事

Comments

淘汰される、まさにそうだと思います。
以前通った教室はなんだか雰囲気があわなくて、先払いだったけど1回しか行きませんでした。
しばらくして閉めてしまいましたが、私が感じていた違和感は質の問題もあるかも。
レシピ本も中身をじっくり見て、他の方の意見も参考にしつつ買うようになりました^^
先にご紹介のあった、
「いちばんやさしい!マクロビオティックおいしいレシピ98」は、
とても充実していて毎日見てます!
自分で確かめて判断するって大事ですね。

Posted by: junju | November 05, 2008 at 05:42 PM

junjuさん、いつもメルマガへのコメントもありがとうございます!
励みになります、本当にうれしいです。happy01

ところで、やはり違和感を感じた教室あるのですね。
私は幸いにもあまりそう感じたことはなく、逆に言えば
いい教室と先生に出会えたことで、今の私があるなあ・・・と
思っているくらいなんですけど、そうじゃない人も
相当いることを知って驚いたくらいです。
とにかく今は教室がたくさんありますから、ピンキリなんでしょうね。

本もそうですけど、ご自分の直感って大事だと思います。
そして、やはり鵜呑みにはしないことですよね。
お薦めの本、参考になってよかったです。
私も結局買っちゃいましたよcoldsweats01
調整の参考にしたいなーと思ってます。

Posted by: けろ | November 05, 2008 at 06:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今年のフェアトレードチョコ | Main | 山村先生の最新刊 »