« 美人のレシピ2 | Main | 無印のオーガニックコットンブラウス »

October 11, 2008

こだわる、こだわらない

よくマクロビオティックを始めたり、そうでなくてもライフスタイル全般に
関心を持ったりすると、いろいろなことにこだわるようになります。

食材はどこで買うか、調味料は何がいいか、圧力鍋はどこのがいいか、
まあその他いろいろ・・・。


私も無意識のうちにそうだったのかもしれません。
でも、ふと別に特定のものでなくてもいいんじゃないか、と思うようになりました。
それがなくても死ぬわけじゃない。
代替品で間に合うかもしれない。


自分がラクになったなあ・・・と感じるようになったのは
そこに気づいたことがきっかけかも。


どちらかというと、今の世の中は「こだわり」を重視しています。
お店にしろ、商品にしろ、お取り寄せしても食べたい逸品とか。
まあたまにそういうのがあってもいいとは思うけれど、
それは反対に「許せない」人を生んでいる原因になっているのでは、
と思うことがあります。

「許す」

それはカンタンそうでいて、本当はすごく難しいこと。
自分の主張を捨てて、相手を受け入れる。
自己主張することを美徳として育った世代には、
想像もつかないことかもしれません。

でも、あっちこっちでいざこざが絶えないのも、小さな「こだわり」が
集積されてがっちがちになっていることが原因なのでは。

そこまで大きなことでなくても、友人との間、家庭内、職場内で
そういうこと起こってませんか?
圧力鍋がなくてもごはんは炊ける、玄米じゃなくても生きていける、
何かがなくなったら本当に困るものは、
空気や水やそういう少数のものだけかもしれません。


現代人、もっとおおらかに、肩の力を抜いて。
それがないと、平和はこないなあ・・・。

|

« 美人のレシピ2 | Main | 無印のオーガニックコットンブラウス »

そのたいろいろ」カテゴリの記事

Comments

「こだわり」って、行き過ぎると、「そうでないものへの否定」になってしまうことがありますよね。
「こだわって」素敵になるはずが、なんだか行き過ぎると、息苦しいような。

「こだわり」だけでなく、「バランス感覚」も大切にしたいなぁ、と思います。

けろさんがおっしゃるように、本当になくなったら困るのは、「空気や水やそういう少数のもの」というのに同感です。
(なのに、空気や水は汚れてく一方・・・というのが皮肉ですね。)

Posted by: fumiyon | October 11, 2008 at 01:16 PM

fumiyonさん、最近自分でも「あー、別にここにこだわらなくても
いいんじゃない?」って思えるようになったんですよ。
それと同時に、みんなが「こだわったら」世の中
ギスギスしてくるんじゃないかって思ったんです。
そう、「息苦しい」って感覚ですよね!

おっしゃるとおり、バランスも考えた方がいいと思います。
何かにこだわるばかりに、肝心なことを忘れている人も
多いように思えるので・・・。
ほんと、バランス悪いですよね。

Posted by: けろ | October 11, 2008 at 08:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 美人のレシピ2 | Main | 無印のオーガニックコットンブラウス »