« カノウさんの「菜菜ランチ」 | Main | 更新しました »

September 02, 2008

あさりのお味噌汁

先日夫が東京に帰ってきていたときのこと。


吉祥寺に散歩に行ったとき、東急の地下に寄った。
そしたらびゅーびゅー潮を元気に吹くあさりが。


思わず夫と顔を見合わせ、
「こんなに元気なあさりだ、きっとおいしいに違いない!」
(残酷・・・?)
とうなづきあい、その日の夕食に買い、
その近くにあった一夜干しのふっくらおいしそうなアジの干物も
一緒に買ったのだった。


あさりを料理するのは・・・・実はニガテcoldsweats01
というのもかわいそうでかわいそうで仕方ないから。
結婚して10年、数え切れないほどあさりを料理してきたけど
いつも心の中で
「ごめんなさーい」
と思いつつ、料理している・・・。

このあさりは予想以上に元気で。

砂をはかせようと塩水に入れたら、ボウルから逃げ出すんじゃ
なかろうかという元気ぶり!happy01
そんなあさりちゃんをお鍋に入れ、水を入れて火にかける・・・・。


本当にごめんなさーい!!大事にいただきますからー。weep

・・・・で、出来上がったお味噌汁は涙が出るほどおいしかった!
(ゲンキンな・・・)
あさりってこんなにおいしかったっけ?と思うほど。


貝柱からすごくいいダシが出たり、こうしてあさりとお味噌だけなのに
すごくおいしいお味噌汁ができたり、貝には貝にしか出せない、
こういうおいしさがあることを忘れてた。


鳥の骨からもいいダシは出るし、それは植物性の妙にあっさりした
味とは全く違う、でも大事なダシの1つなのだということを
思い出したのだ。


アジの干物もほどよい脂でおいしかった。
もともと海の国で生きてきた、私たちのDNAに染みこんでいる、
そういうおいしさだったなあ・・・。


なにか大事なものを思い出させてくれた。
ありがとう、あさり。

|

« カノウさんの「菜菜ランチ」 | Main | 更新しました »

おいしいもの」カテゴリの記事

Comments

私が小さい頃他界していますが、明治の初めに生まれて尋常小学校へも行かず働いてきた人で、本当に優しかった曾祖母が、貝のお味噌汁を作るときに、必ず「しょうかえしょうかえ」とつぶやいていたそうです。周囲の人には意味が分からなくて、おまじないかとも思っていたのですが、実は貝が可哀想でつらくて、「生を変えなさい(生まれ変わりなさい)」と言っていたのだそうです。
けろさんの今日のブログを読んで思い出しました。
身内のことなので、思い出すとまたじーんときてしまうのですが(笑)、けろさんのお気持ちも曾祖母の呟きも大切なことだと思います。
野菜を調理するときの楽しさとは違うものが、お魚やとくに生きている貝にはあるけれど、だから食べてはいけない、ということとは違うと思うし、一生本当には慣れずにいていいんだと思います。

Posted by: 落花生 | September 02, 2008 at 07:56 AM

あさり~!懐かしいです。

私の母は伊豆の出身で、魚介類にはとてもうるさい人なんです。
子供の頃は、市場に買いに行ってました。

塩水の中に入れると、あさりたちがカオ(?)を出すので、突っついては遊んでました(あさり・・・ごめんね)

砂を吐ききれていないとちょっとガリガリするんだけれど
出汁がしっかり出るので、お吸い物でもお味噌汁でもとっても美味!
いつもは我が家は鰹節で出汁をとっていましたが
このときばかりはアサリの出しで
なんともいえないコクがあったものです。

なつかしいなあ・・・。


曽祖父が漁師だったせいか、母はスーパーでは決してお刺身を買わなかったんですよね。
お刺身はおろしてすぐの鮮度でなくては駄目!って。

さっきまで生あった命だから
私達の中で新しい命のエネルギーになっていくんですよね。

それは野菜もお魚もお肉ももみんな同じ。

今日も大切に大切に
私を生かしてくれる命の分もしっかり生きなくちゃ!

Posted by: ぷにぷに | September 02, 2008 at 07:08 PM

落花生さん、あたたかいコメントありがとうございます・・・。
なんか、うれしくて涙が出そうでした。
そうですかー、ひいおばあ様もそんな風におっしゃって
いたんですね・・・。
「しょうかえ」ってステキな言葉ですね。

肉にしろ、魚にしろ、私たちが料理するのはみんな
死んでしまっているもの。
でも貝だけは生きたまま料理する機会が多くて、
それこそ命をいただく、ということに正面から
向かい合うことになります。
たぶん一生慣れないんだろうな・・・。
でもそのたびに感謝しておいしくいただきたい。
そんな気持ちだけは忘れないでいようと思います。

Posted by: けろ | September 03, 2008 at 12:02 AM

ぷにぷにさん、コメントありがとうございます。

おろしてすぐのお刺身!
贅沢ですねー。でもそれが本当のおいしさなんでしょうね。

そう、さっきまで生のあった命・・・。
それはどんな食材でも同じですね。
時々生産者ではない立場の私としては忘れてしまいそうに
なるけど、あさりのおかげではっとしたんですよ。

それにしてもあさりのコクっておいしいですよねー。
また新鮮なあさりに出会ったら、作って味わいたいですね。

Posted by: けろ | September 03, 2008 at 12:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« カノウさんの「菜菜ランチ」 | Main | 更新しました »