« People Tree夏物到着! | Main | 行き着いたらオーガニックだった »

April 23, 2008

病の起源

日曜にNHKでなかなか興味深い番組を見ました。


病の起源 第2集 骨と皮膚の病


これはいろんな病気が、どんな起源で発生したものかを
人間の進化とともにひもといていくもの。
今回はその中でも骨と皮膚。
日光に当たらないことで起こると言われる骨のもろさと
逆に日光によって引き起こされる皮膚病(特に皮膚がん)。


これが、何十万年かかって進化をとげてきた人間に
逆らうような、人間そのものの行動に原因があったとは。


もともとアフリカの森にいた人間の祖先は、
森を出てサバンナに暮すために体毛がうすくなり、
その分、日光からカラダを守るためにメラニンを集めて
褐色の肌になったそうです。


しかし、行動範囲が広がるにつれ、アフリカ以外の地域
つまりもっと寒い地域へ行った人間は、少ない日光でも
カラダが発育していくために皮膚の色がうすくなり、
いろいろな肌の色の人間が生まれることになり。
基本的に北の国には肌の色が白い人間がいたものの、
例外としてイヌイット(黄色人種)は、あざらしの肉など
ビタミンDが豊富に含まれる食品を伝統的に食べることで
日光不足を補っていたんだそう。


問題はその後。
北の国から南の国へ侵略して移り住む。
南の国の人を奴隷として、北の国に強制的に連れて行く。
未知の土地へ行って、先住民を追い出す。
そうやって気候と肌の色が一致しなくなってから
さまざまな病気が生まれることとなったとか。


オーストラリアに住む白人に皮膚がんが急増。
(もともとアボリジニが暮らす土地だったのに)
イギリスに住むインド人の赤ちゃんは、骨の発育が悪く
いつまでたっても歯が生えない。
そのため、この先一生ビタミンDを飲み続けなくてはならない。
また、さっき書いたイヌイットの社会には、アメリカから
レトルト、惣菜、ファストフードなどが進出し、骨のもろい
子供が急増しているそうです。


よく身土不二って言うけど、私たち人間そのものが
身土不二なのかもしれない。
私たち日本人が、この土地に住んで、この土地に適したものを食べ、
高温多湿の中で工夫していっていることが、本当の自然なのかも。
ヒマラヤやモンゴルなどの高山に住む人々(黄色人種)が
肉などを食べてきたのも、生きる術なのかもしれないな。


このシリーズ、まだまだ続きそうなので、この先も楽しみです。

|

« People Tree夏物到着! | Main | 行き着いたらオーガニックだった »

よんだもの・みたもの」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« People Tree夏物到着! | Main | 行き着いたらオーガニックだった »