« 春の排出きました | Main | 更新しました »

March 10, 2008

花粉症とケミカルの関係

ひゃー!昨日は花粉も黄砂もバンバン飛んでましたねー(苦笑)。
空が黄色くかすんでました・・・。

完全花粉克服か!?と思われた私も、さすがに数回くしゃみが出ました。
がっくり・・・でも目はなんともないし、それとも黄砂??
ま、そのくらいは仕方ないか。この量じゃね。

でもよく「どうして花粉症がよくなったんですか?」と聞かれ
以前は「動物性を取らないようにしたからじゃないかなー」なんて
答えてましたが、最近ちょっと違うんじゃないかと思うようになりました。


何が原因だったんだろう?


今思うと、「ケミカル」なんじゃないかと思います。


200803090936000


マクロビオティックでは乳製品の取り過ぎとも言われますが
もともと牛乳嫌いの人でも発症している人がいることを
思うと、それだけとも思えない。


今号の「うかたま」の元気なおばあちゃんたちの記事を見てると
動物性が絶対的な原因とも思えない。
事実、私の母親も義母もまったく花粉症とは無縁だし、
年配の人の花粉症って少ないと感じるから。


化学物質、添加物、農薬・・・・・。

いろんなケミカルが身の周りにあふれすぎていて、
食べ物にも室内にも服にも下着にも含まれている。
おばあちゃんたちと私たちの決定的な違いと言ったら
ここなんじゃないかと。
もちろんライフスタイルの変化やストレスもあります。
でも都会も田舎も、今やケミカルという点では
そんなに大きな違いはないし、むしろ田舎のほうが
薬にまみれているという状況かもしれない。

まあ、相変わらずいろんなところで
「何を食べるといいんですか?何を食べたらいけないんですか?」
という質問が繰り返されているけれど、
「モノ」より「質」があまりにも問われてない気がする。


冷凍ギョウザ事件で、冷凍食品についての認識が少しは
変わったようだけど、なぜか中国食品への攻撃ばかりで
国産の薬たっぷりな食品には目もくれない。
劇薬か、認可された薬か、の違いであって、
どっちも薬づけなんだってこと、考えなさすぎかなあ、と。

私もここ4年ほどで少しずつ抜けてはきてるんだと思います。
ただ、何十年も蓄積したケミカルはそうカンタンには抜けない。
地道に、今からでも遅くないと思って質を求めていくしか
ないですね。

国民の花粉症でも経済波及(ダウンという意味での)と
農薬をまいたり、添加物を使っての安価な食品の生産と。
長い目でみたら、どっちの方が将来のためになるのか・・・。
国ももっとよく考えるべきですよね。

|

« 春の排出きました | Main | 更新しました »

アロマセラピー・ホミオパシー・マクロビオティック」カテゴリの記事

Comments

けろさん お久しぶりです。こんにちは^^
わたしは花粉症はないのですが持病がアレルギー疾患
の一種なので けろさんの書かれていることを
いつも自分なりにぐるぐると考えています(笑)
昔はなくて現代特有の病気って 少なからず
(というか、すごく多く)ケミカルなものが原因だと
わたしも思っているのです
体にいいから摂りましょう、抗菌だから清潔、便利だからオススメ…
こういう類のものは化学薬品や化学物質にまみれた
ものばかりなのに みんなせっせとお金を出して買っていますよねー
一見良さそうに見えてもそれが体に蓄積されて別のところで
病気の原因を作っていたら?なんて フツーにお店で売られて
いるのを見て誰が想像するでしょう…
でも欲しがる人がいるから作られるわけで、みんなが
確かな目を持つ必要があるはずだと思います!
あの餃子事件では中国を敵のように言っているけれど
持ち帰り弁当の店先にはお客さんがたくさんだし
お惣菜なんかをどんどんカゴに入れてる人も多いし
ニュースになっていないから大丈夫だと多くの人は
安心しすぎですよねー
ケミカルな物を取り入れるのを止めたら体の不快な
症状が消えていくはずだとわたしは思っています
日光過敏症を併発しているのですが、紫外線と
体内にできた本来はないはずの抗体が反応しあって
いるらしく、これはケミカルな物が原因に違いないと
思って今の生活に至ったのですが…
病院ではこんなことが原因だとは思っていないようで…
わたしは医療機関と大企業のたくらみのようなものが
裏にある気がしてならないのですが(苦笑)

長々とゴメンナサイ!

Posted by: あぴょん | March 10, 2008 at 05:37 PM

あぴょんさん、お元気そうでなによりです。それにしても
パンおいしそうですねー。wink

あぴょんさんもアレルギー疾患なのですね。じっくり取り組む必要もあるし
根気も必要ですよね。
私はもっとケミカルのことを真剣に考えるべきだと思うし、
国は情報公開(もっと素材における添加物表記など)を進めるべき
だと思っています。

ただ、今の日本人が「便利」「かんたん」「速い」などを
求める限り、これらのケミカルがなくなることはないと思います。
だって、実現するにはケミカルなしにはありえないんですもんね。

冷凍食品なしで外食産業が成り立たない、家庭でお弁当を作るのが
大変だ、そういうことが平気で言われること自体が
問題だって、もっと多くの人が気づいてほしい。
中国のせいにするのは違うと思います。

以前の部下がアトピーで日光過敏症でした。
やはり最近玄米菜食にして、めきめき改善してきています。
医療機関に製薬会社に・・・利益がからむものは
改善が進まない・・・これが本当の資本主義なんでしょうかね??

すみません。私も長くなってしまいました。
あぴょんさんのコメントにも、ブログにもいつも深く
うなづいています。
またぜひステキな記事、書いてくださいね。
楽しみにしてますhappy01

Posted by: けろ | March 10, 2008 at 07:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 春の排出きました | Main | 更新しました »