« 2008年、はじまる | Main | オーガニックなのにおちないマスカラ »

January 05, 2008

何度も読みたくなる本

年末、通勤の間に1冊の本を読み返していました。

「スローライフでいこうーゆったり暮らす8つの方法」(エクナット・
イーシュワン著)


もうずいぶん前にここで紹介しました。
たまたま読みたいな、と思っていたときにアースデーの
リサイクル本の中から見つけたのです。


でもやっぱりいい本です。
特に新年で新たな決意をしようとか、自分の生活を
変えてみようかと思うとき、読み返したくなる本です。


200801032214000

著者については、以前も書いたので詳細は省きますが
インド人の英文学の教授で、渡米後瞑想について
アメリカ人に広く伝えた、という方です。


とにかく生活のスピードをスローダウンしようよ、って
いうのが全体のテーマではありますが、
私が今回特に感じたのが

「1点集中」
「感覚器官の制御」
「人を優先させる」
「瞑想」

です。(これらはゆったり暮らすための8つのステップに
含まれています)


もちろんこれ以外のものも重要なのですが、
自分に今、必要なものだなあと感じるのが
上にあげたもの。


訓練が必要だと思うのは1点集中だし
(とにかく複数のことを同時進行させることについては
かなり上手な私なもんで!苦笑)
「感覚器官の制御」は普通の人にはかなり新鮮に
感じるはず。


なにしろ、自分の好き嫌いをなくしましょう。
考えも好みも好き嫌いに執着しないようにしましょう。
心で思うことがあなたを作っています。


ですから。
普段、自分の意見ははっきり持ちましょう、
主張しましょう、って言われてるほうですからね(笑)。

でもこれは、考えを持たずにノンポリでいきましょうって
ことではなくて、何かに固執することから開放され
ましょうってこと。
マクロビオティックで盲目になっていた私には
これ、必要。
ううん、マクロビアンにはみんな必要かも。

「瞑想」も今年ぜひ取り入れたいこと。


今年、心の栄養剤としてまたヨガ教室に行きたいって
思っていて、ぜひ瞑想もやってみたいな、と。
心の静寂を大切にして、精神的に強く穏やかに
なりたいのです。


年末に書いた「引き寄せの法則」はいろいろ
納得いかない部分も多くて、この本でお口直しを
したんだけれど(笑)、なぜ後味が悪かったのか
この本を再読してよーくわかった。

「引き寄せの法則」は自分、のことしか考えてないのだな。
まあ自己啓発の本だから(そうは書いてないけど)
自分だけ、でいいんだろうけど、それがどうにも
腑におちなかった。
なんか、引き寄せたくないこと(嫌なこと、嫌いなこと)
は見もせず聞きもせず、自分がよければいいのよーって
感じがいやだったんだな。

この本は、自分にも人にも世界にもやさしいところがいい。

これからも何度か読み返していきたい1冊です。

|

« 2008年、はじまる | Main | オーガニックなのにおちないマスカラ »

よんだもの・みたもの」カテゴリの記事

Comments

こんばんは~
スローライフと聞くと「ちょっと?」と思いましたけど、内容はそういうものなんですね。

先日、ちょうど「瞑想」の番組を紹介しました。ちょうど良かったです。フランス人科学者で今はチベット僧の人が「瞑想」について語ってました。

http://teruterulog.jugem.jp/?eid=219
こちらで紹介してみました。よかったら是非。

Posted by: teruteru | January 05, 2008 at 06:08 PM

この本、タイトルで誤解を招いているみたいなのですが
田舎でのんびりしましょう、といった類の本ではなく
生活や心をスローダウンさせましょうという内容なのです。
(邦題がちょっと・・・ですね)

最終的には瞑想を薦めているのですが、それ以前に
もっと私たちは生活のペースを見直す必要があるようです。
少し早めに行動を始めれば、ばたばた走ることもないし
人に道を譲る余裕も出てくるし。
そのへんからやらなくちゃあ・・って思います。

フランス人のチベット僧侶というのもおもしろいですね。
この本の著者もヒンズー教徒でありながら、カトリックの
大学に学んだためにキリスト教にもそして仏教にも
くわしく、何かに偏った話でないところもいいですよ。

Posted by: けろ | January 05, 2008 at 09:25 PM

読みました~。
とっても良い本、ご紹介いただいてありがとうございました!
普段効率主義でいかに短時間に多くのことができるかということを画策している私にとって「一点集中」が一番沁みました。。。
本当に、一点集中って苦手なんですよねぇ~。つい別のことを考えてしまったりして。
この本をきっかけに、もう少し今現在に集中したり、人のことを優先したり、ってことをやってみようかなと思いました。

Posted by: ルーシー | January 17, 2008 at 09:35 PM

ルーシーさん、読んでいただけてうれしいです!

現代人のほとんどは「効率」を考えるように訓練されているので
逆にできないと「要領悪い」で片付けられてしまいますよね。

この本が目からウロコだったのは、短時間に多くのことを
やれるようにする、という今の本とはまったく正反対の
やらなくてもいいことはやらない、本当にやるべきことを
集中してやろう、そうすれば心にゆとりができるってところでしたね。

瞑想は、冬に早起きできずまだできてません・・。
マントラを唱えるところからやらないと。
瞑想はまず言葉を覚えないといけないし。
でも絶対やれるようになりたいです!
今年の目標ー!(笑)

ルーシーさんもいつもたくさんの本を紹介して
くださって、参考になります。
またぜひお勧め教えてくださいね。

Posted by: けろ | January 17, 2008 at 11:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2008年、はじまる | Main | オーガニックなのにおちないマスカラ »