« お気に入りの布ナプキン | Main | 野菜置き場 »

November 19, 2007

普通に食べればそれでいい

mixiにマクロビオティックのコミュニティがたくさん
あるのをご存知の方も多いはず。


いろいろ有意義な情報もあるけれど、最近このコミュで
話題なのが

「砂糖中毒」

とにかく甘いものがやめられない人が、語り合っています。


これを読んで考えてしまいました。
なぜ、やめようとするの?ということを考えたのではありません。

「どうして、こんなに甘いものに走ってしまうの??」

極端に走ってしまう人の多さに驚きました。

「やめる」「やめられない」
については今までいろいろなところで語られ、話題になってきました。
「カラダのバランスがとれればほしくなくなる」
とか
「味に慣れれば大丈夫」
とか言われてきましたが。


私自身は普通の人は無理に何かをやめる必要はない。
と考えています。

普通に今までごはんとおかずと汁物と、1日3食食べてきた人が
わざわざ何かをやめる必要性はないからです。
そういう人は、頭でなにか考えて食べなくても、自分が食べるべき
ものはきちんとわかっている人です。


だから、時々甘いものを楽しむ。
とか
週末はお酒も一緒に味わう。
とか
レストランでは肉も魚もおいしくいただく。
とか
自由に選択していて、それはそれでいいのです。


そもそも人間、生まれたときから個性はあって、
全員がおいしく感じるものもないし、全員が好みが一緒なわけはない。
生まれたときから野菜が大好きな人もいれば、
どっちかっていうと肉が好きだって人もいる。
でもどっちの人もそれだけを食べているわけではなくて、
少し好みの部分が強いだけで、ほかのものも食べているわけです。


だから、それはそれでいいのだと思います。
そこを変に知識で「やめたり」すると、ストレスでバランスを
崩すのです。
せっかく自由に食べているのに。


マクロビアンたちの食事内容を見て、あわてて変えようとしたり
自分がよくない食事をしているなどと思わないでください。
別によくないものなんてないんだもの。
ただ、質のいいものをなんでもバランスよくいただく。
(旬のばっかり食べは、意味が違うので)
それで健康でいきいきと暮らしているならいいと思います。


逆に極端なものに走っている人があまりにも多いことに
驚いているし、なぜこうなってしまったのか・・・理解に苦しみます。
ストレスが原因だという人もいるけれど、こういう極端な食事内容
自体がストレス耐性を失う原因にもなっているのではないかと。
玄米菜食以前に、きちんとした食事を規則正しく取る。
そっちのほうが問題ですよね。


マクロビオティックのコミュなのになあ・・・と心を痛めます。

|

« お気に入りの布ナプキン | Main | 野菜置き場 »

そのたいろいろ」カテゴリの記事

Comments

けろさん、昨日はおつかれさまでした。
mixiは覗いたことがないのですが、やめられないもので盛り上がっているのですね。
カンファレンスでも、パンがやめられないとか話している方が結構いました。
先生からは、無理にやめなくても、嫌になるほど食べてみればいいってコメントでしたけど(笑)
マクロで悩んでいる人、実際に多いみたいです。
恵比寿だとそういうネガティブな話が出なくて、楽しんで実践されている方が多いように見受けられるのですが・・・
感謝して、よく噛んでいただけば、何を食べてもOKですよね~

これからもよろしくお願いします♪
#ほぼ毎日読ませていただいています。

Posted by: mk | November 19, 2007 at 12:06 PM

私も結構悩んだからなぁ。。。別に食べることだけじゃなくって、基本的にマクロに惹かれる人って『今の自分を否定してもらって、改心するために精進して新しい自分に生まれ変わる』ことを少なからず期待してることが多いからじゃない?
(勿論全員じゃないよ!でもこういう要素をもってる人っておおいと思う。。。)

だから、今までと同じでいい、というのはちょっと納得いかないのね。
本当はそれでバランスをとっていたのに、急にシーソーを極端にゆらすもんだから、バランスが逆に取れなくなっちゃって、不安になってもっとゆらしてしまう。

でも、それは多分そういう過程を経ないと今までの自分を受容できない人がいるというだけの話で、そういう段階にいる人は数的にはいつもたくさんいるようだけど、中にいる人の構成は入れ替わっていると思いたいな。
だから、「たくさんの人が色々な苦しいところを通過してるんだな」と思って暖かく見過ごすのがいいような気がしま~す(^_^)

Posted by: うにぞう | November 19, 2007 at 02:43 PM

mkさん、いつも読んでくださってありがとうございます♪

うーん、いつもマクロビアンたちとの会話に
「やめられない」を聞くたびに、なんでやめようと思うの?
って突っ込みをいれたくなってしまうんですよね。
パン、やめなくてもいいじゃない?
おいしいパンはおいしいもの。
毎日3食パンをドカ食いしたら食べすぎだけど、
おいしいパンを時々食べて幸せな気持ちになるって
ぜんぜん悪いことじゃないと思うんですよね。
食べることに罪悪感を覚えることぐらい、食べ物に対して
失礼なことはないって思ってます。

これからもよろしくお願いしますねー。

Posted by: けろ | November 19, 2007 at 09:58 PM

うにぞうさん、たぶん私がマクロの世界(笑)に足を踏み入れた
のって、もっと単純な「野菜好き」からだったから
すごい志を持って入ってきた人の気持ちがいまいち
わからないのかもしれない。

なんか、ダイエットしてきれいになったら人生変わる!
って信じてる女の子って感じだよね。(笑)
そんなに人生って単純じゃないのにな・・・。

なぜ、そんなに自己否定するんだろう。
変革と否定は違うよね。
「やめる」は否定で、「変わる」は肯定に近いと思う。
やめなくても、変わることはできると思うんだけど。
まあ、あとやっぱりマニュアル好きってのはあるかなって思う。
自分で考えるより、人に言われたままやるほうがずっと
ラクチンだから。

でもそれであんなに悩んでる人が多いというのも
じゃあそもそもなぜそんなことをやってるんですか?
て気になるんだよね。病気を治したいならともかく。
でも生命かかったら悩んでる余裕はないと思うけどね。

自分で脱出して一皮むける人がたくさん出れば
いいけど・・・と思う今日この頃です。

Posted by: けろ | November 19, 2007 at 10:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« お気に入りの布ナプキン | Main | 野菜置き場 »