« ゲランドのフリュー・ド・メール | Main | マーケットの買い物 »

November 14, 2007

手のひらの不思議

化粧水をつけるとき、コットンは使ってない。

手のひらにたっぷりのせて、(こぼれないくらいに)
顔にのせてぺたぺたなじませるようにする。


その後使うオイルも同じ。
手のひらでよーくこすりあわせて温めてから
顔をつつみこむようにしてなじませる。
首から顔全体にしみこむように。


こういうふうにやると、本当に浸透がよくて
パックなんていらなくなります。


手のパワーって不思議。

導引では、手のひらをこすってこすって温めてエネルギーを
集めてから顔をこするんだけど、こすっているうちに
顔が温かくつるつるになってくるのがわかる。


私は顔はもちろんだけど、お風呂でカラダを洗うときも
使うのは手だけ。
やさしくなでるようにすると、たぶんそのエネルギーも
肌に伝わる。
肌の調子や細かいところも、手だと気がつくことができる。


こどものとき、風邪で熱を出しているときに、母にさすって
もらったり、手をにぎってもらうだけで安心してリラックス
できたのは、こどもを思う母の気持ちが手のひらに現れていた
のかもしれない。
なんて、あとになって思うようになった。


どんな道具より、手。

|

« ゲランドのフリュー・ド・メール | Main | マーケットの買い物 »

そのたいろいろ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ゲランドのフリュー・ド・メール | Main | マーケットの買い物 »