« クエン酸あなどれない | Main | お味噌いろいろ »

November 08, 2007

重ね煮を作る前にすべきこと

ご存知「わら」の船越さんの新刊が出てました。
もちろん重ね煮の本です。

「野菜たっぷり重ね煮レシピ」


重ね煮という料理方法、マクロビオティックをかじった
人なら知ってると思います。
野菜を重ねて塩をふって煮るだけ。
水のいれず野菜から出る水分だけでじっくりうまみを引き出す。

これ、本当に濃厚においしいんですよねー。
重ね方は法則に従ってもいいし、火の通りを考えてもいいし。


しかし、この本に出てるのは「煮物」だけじゃありません!
「材料」そのものなのです。

200711031937000


基本の重ね煮を多めに作っておくと、それがコロッケの具に
なったり、スープに使えたり。
使う野菜と切り方などを変えると、いろんなバージョンが生まれる。
季節にあわせた重ね煮などなど。
煮物、と思っていた概念がひっくりかえりますよ。


でも、感慨深かったのが途中にはさみこまれた船越さんの
トークの記録。


伝統的な日本食がいまや世界では常識になっていて
ハンバーガーだのを食べている日本の若者は
遅れをとっているんだ、みたいな話もあったけど、
自然食、自然食とこだわっているくせに、化粧はこってり
高い合成シャンプーをわらの宿に持ち込んで
せっせとシャンプーしてた女性の話はうーんと思った。
自分で土壌や水を汚しておきながら、
自分の食べるものは無農薬に限る、なんて勘違いもはなはだしい。
船越さんはそれを「わがまま食・身勝手食」と呼んで
いましたが、まさにその通り!
と思ってしまいましたねー。

また素材に感謝して料理しているか、いただいているか。
素材の陰だの陽だの、栄養素がどうの、無農薬がどうこう
言う前に、まずは目の前にある、自分たちに食べられてしまう
食材そのものに感謝をすべきなのではないかとも
書かれていました。

これって本当に忘れてしまいがち。
特に自分で育ててもいず、買ってばかりの私たちには。


この本、レシピ以外にもなかなかよみごたえありそうです。


|

« クエン酸あなどれない | Main | お味噌いろいろ »

Organic」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« クエン酸あなどれない | Main | お味噌いろいろ »