« 基本のき | Main | フィッシャーマンズパンツ »

August 14, 2007

お味噌の途中経過

今年の2月に仕込んだお味噌2種類。

一応梅雨明けに天地返しするといいというので、開けてみた。
(実家の母はそんなことしない、と言っていたけど)

おー、今年もなかなかよさそうなお味噌になってますぞー。

200708112301000

200708112302000

左が麦味噌、右が玄米味噌。
麦や玄米の違いは麹の違い。材料は後は全部いっしょ。

去年は麦だけを作ったけど、母と交換したり人にあげたりして
結構消費量も多く、今年は2種類、倍の量を仕込んだ。
今はまだ、なめてみるとしょっぱく、麹の粒も見えている状態。
たまりも上に結構たまっていて、それを混ぜ込んだ。
このあと、さらに熟成を重ねていく。

実家では、もっとすごい量を母と作っていて、フードプロセッサーも
なかったしかなり重労働だった。
1人で作るので量もそんなじゃないし、圧力鍋を使った大豆も
ゆでるし、これも予想以上にかんたん。

梅干もお味噌も、私は手助けするだけ。
あとは材料と菌とがうまく助け合っておいしくなる。
時間が必要なだけ、人間の力なんてたいしたことない。

しかし、周囲に梅干やお味噌を作っていると言うと
もうおばあちゃん世代の人間か、別世界の人間のように
思われてしまう!
日々の食事ですら作らない人が多くなっている昨今、
こういうものを作る人は時間がたっぷりある人と
思われているようだ。

でもそんなことない。
私が使う時間はほんの少しだけ。
あとは自然がやってくれるだけなのになあ・・・。
いつかみんなにレクチャーしようかな。(笑)

|

« 基本のき | Main | フィッシャーマンズパンツ »

おいしいもの」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 基本のき | Main | フィッシャーマンズパンツ »