« スーピマコットンのタオル | Main | 食卓にも花を »

August 06, 2007

永田農法の本わさび

「健菜倶楽部」という永田農法の宅配野菜を
かれこれ3年以上とり続けている。

他の有機をメインにした宅配野菜とは違って
特に農薬や肥料について記述はない。
もちろん永田農法なので、肥料はごくごく少量に
抑えてはいるんだけど。
でもそんな説明はいらないくらい野菜がおいしい。
味が濃い。

内容はおまかせだけなので、何が来るかはお楽しみだが
先日、「本わさび」が入っていた。
永田農法で作られた「本わさび」。
いったいどんな感じ?

この「本わさび」のために、夕食にお刺身を買ってきたり
お昼におそばをゆでたりした(笑)。
食べるときにおろしたてをいただく。
まるで高級和食のお店みたいで心がときめく!

控えめにおろしてみたら・・・辛くない!?

かなりたっぷりおろしてみる。辛さだけでなく風味のほうが勝っている。
ツーンとはこなくて、主役をうまく生かしている味わい。
本物のわさびってこういう役目だったのか・・・と
改めて気がついた。

市販のチューブのわさびや、買ってきたお刺身についている
わさびは、実はいろんな混ぜ物がしてあって、
わさびだけの味ではない。
そして妙に辛さが強調されている。
それに慣れてしまっている私たちは、まず「辛くない」なんて
思ってしまったのだ。

もしかしたら本物の味なら、おすしの「さび抜き」なんて
しなくてもいいのかもしれない。
まあ、おすし屋さんのどのくらいが本物のわさびを
使っているかが問題だけれど・・・。

夏はこういう薬味が、味にもカラダにも大活躍なのだ。

200708042104000

|

« スーピマコットンのタオル | Main | 食卓にも花を »

おいしいもの」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« スーピマコットンのタオル | Main | 食卓にも花を »